人工授精の妊娠に成功する確率は?成功率を高める方法とは?

1. 人工授精とは?

人工的に精子を子宮内に注入する

人工授精とは、男性から採取した精子を、人工的に女性の子宮内に注入して受精させるという、生殖医療技術の一つです。

配偶者が提供した精子を使うものを「配偶者間人工授精(AIH=Artificial Insemination by Husband)」、精子バンクをはじめとする第三者からの精子を使うものを「非配偶者間人工授精(AID=Artificial Insemination by Donor)」といいます。

人工授精を勧められるタイミング

不妊治療を始めるために、不妊検査を行った際、特に健康上の問題が見つからなかったときには、まずタイミング法を行うことになります。

排卵日を予測し、そのタイミングで夫婦生活を持つことを半年から1年くり返しても、自然妊娠しないときには、人工授精に進むケースが多いです。

2. 人工授精の方法とは?

人工授精の進め方

人工授精は、排卵を促し、卵子の状態を確認したうえで、人工的に精子を注入するというプロセスを経ます。

排卵日を予測する

女性の生理が始まったときから、次の排卵に向けて準備を始めます。

女性がきちんと排卵できている場合は、完全自然排卵にすることもあります。

自然排卵に問題がある場合は、排卵誘発剤を使用することを検討します。

排卵前検査を受ける

生理開始から10日を過ぎたあたりで病院に行き、超音波検査により卵胞の状態を確認します。

卵胞の大きさを計測することで、排卵日の予測をすることができます。

病院によっては、排卵検査薬を使うところもあります。

人工授精を行う

排卵日の予測ができたら、男性は自宅あるいは病院内でマスターベーションを行い、採精します。

採取された精子は、雑菌の混入や精液中に含まれるプロスタグランジンによって子宮収縮が起こるのを避けるため、洗浄を行うのが一般的です。

その後、女性の子宮内に細いチューブ状の器具を使って、洗浄した精子を注入します。

妊娠判定をする

人工授精を行った後は、着床の確率を高める処置を行います。

そして、人工授精を行った14日後に、妊娠判定を行います。

3. 人工授精にかかる費用は?

人工授精は自己負担

人工授精は自由診療に分類されるので、健康保険は適用されません。

そのため、人工授精を1回行うごとに、約2~3万円の費用が必要です。

ですが、人工授精に関連する内服薬や注射の費用には、健康保険が適用されます。

かかる費用は、病院によっても異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

4. 人工授精の成功確率は?

成功率は5~10%

人工授精を1回行うことで妊娠する確率は、約5~10%といわれています。

不妊治療で最初に行われる、タイミング法の成功率は約3%ですから、それよりは高いといえます。

ですが、人工授精を行ったからといって、必ず妊娠できる保証はありません。

そのため、人工授精は複数回行うのが普通です。

人工授精を行う回数

人工授精で妊娠に至るカップルの多くは、3~4回目の治療で成功することが多いです。

そのため、人工授精を5~6回行っても妊娠に至らなかったときには、体外受精(IVF)や顕微授精(ICSI)に進むようアドバイスされることが多いです。

5. 人工授精の成功率をあげる方法は?

女性が成功率をあげる方法

人工授精の成功率をあげるために、女性が心がけたいことは、以下の通りです。

若いうちに人工授精を受ける

女性に限らず、男性も年齢が上がることに比例して、妊娠率が下がっていきます。

そのため、年齢が1歳でも若いうちに、人工授精にチャレンジするのがおすすめです。

また、不妊原因に合わせた治療が必要になるケースも多いので、まず不妊検査を受けることから始めましょう。

食生活を見直す

精子と卵子が受精して受精卵になっても、子宮内膜に着床しなければ、妊娠は成立しません。

着床しやすい子宮環境を整えるためにも、栄養のバランスがとれた食生活を意識することが大事です。

そして、妊娠中の女性が摂取を奨励されている葉酸は、実は妊活中から飲むのがおすすめです。

葉酸サプリメントの摂取を始めることを、おすすめします。

冷え体質を改善する

女性の身体が冷えていると、体内の血行が悪くなり、着床するために不可欠な子宮内膜の成長にも悪影響が及びます。

身体を冷やさないように着る物に気をつける、身体を冷やす食べものは避ける、適度な運動を行う、湯船につかる習慣をつけるなど、日ごろの生活を見直しましょう。

ストレスを解消する

人工授精にチャレンジしている間は、治療を伴うこともあり、自覚している以上にストレスを感じることが多いものです。

妊娠率をあげるためにも、リラックスできる時間を増やすことを意識し、ストレス発散の機会を多く設けましょう。

男性が成功率をあげる方法

男性にも、成功率をあげる方法があります。

葉酸を摂取する

葉酸を摂取するのは女性だけと思われがちですが、男性にも効果があるという研究報告があります。

パートナーと一緒に、葉酸サプリメントを摂取しましょう。

マカ・葉酸サプリを超えた、ピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

人工授精専門の病院を
探す・口コミを見る