生理がきたのに体温が下がらないのはなぜ?どう対応すべき?

1.基礎体温とは

基礎体温はリズムをはかるために重要

女性の体は、とてもデリケートです。

1ヵ月の間に体温が上がったり、下がったりしますが、自分の基礎体温を知ることはとても大切です。

基礎体温を知ることで、体のリズムや卵巣の働きを把握することができます。

基礎体温の変化から分かる、体調不良もあります。

自分の基礎体温を知れば、妊娠しやすい時期を知ることができるので、妊娠を望む方にとっても参考になるものです。

自分自身の基礎体温を知って、しっかり体調を管理してください。

基礎体温が高くなる理由

そもそも、どうして女性の体温は高くなる時期があるのでしょうか?

女性は、一般的に生理が開始してから、14日間低温期になります。

排卵があった後に高温期へと変わり、高温期も同じく14日間続き、再び低温期になり、生理が始まるとされています。

体温が高くなるのは、体が妊娠するために、子宮内膜を厚くする活動をしているためです。

つまり、体温が高い時期は、妊娠しやすいということです。

2.生理中なのに基礎体温が下がらない理由とは

妊娠している可能性

生理前に体温が高くなるのは正常ですが、生理がきても体温が下がらないと気になりますよね。

最も考えられる理由は、「妊娠」です。

生理だと思っていたのが、実は着床出血だったということがあります。

着床出血というのは、受精卵が着床したことで微量の出血が出ることです。

これを生理だと思っていて、実は妊娠していたということがあります。

着床出血は、微量で2、3日で終わるので、いつもの生理と違うな・・・と思ったら気をつけてください。

基礎体温のはかり違い

基礎体温をはかることは、体のリズムを知るためにも大切です。

ですが、毎日同じ時間にはからなければならない基礎体温は、面倒で忘れる人も多いです。

忘れていると、つい「後でやればいいか」と思ってしまいがちになるのです。

絶対にきっちり同じ時間でなければならない、というわけではありませんが、適当に検温するとはかり違いが出てきます。

基礎体温をはかり違うと、勘違いを招くので、面倒でもきちんと検温しましょう。

病気の可能性もある

生理がきたのに、熱が下がらないなと思っていたら、病気による出血だったということもあります。

血が出ているのに体温が高いというのは、子宮からのサインの可能性があります。

生理ではなく不正出血で、以下のような病気である可能性も大いに考えられます。

  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 子宮がん

女性特有の病気である可能性もあるので、注意しなければなありません。

たかが、出血と思わずに、おかしいときはすぐに病院などで相談するようにしてくださいね。



子宮外妊娠の場合も基礎体温が下がらない

子宮の中ではなく、子宮の外で妊娠してしまう、子宮外妊娠の場合も基礎体温が下がりません。

高温期が続く場合、妊娠しているかも?と早く知ることができます。

子宮外妊娠の場合、子宮内ではなくて、卵管や子宮頚管で妊娠してしまっていることになります。

それでも、妊娠していることに変わりはありません。

妊娠しているときと同じように、基礎体温も下がらずに、高温期が続くことになります。

子宮外妊娠になる確率はとても低いですが、以下のような症状が起こった場合、注意してください。

  • 生理がこない
  • 下腹に痛みがある
  • ちょっとした出血がある
というような症状があります。 子宮外妊娠の場合、放っておくと危険なので、婦人科に行くようにしてください。

3.生理が来たのに体温が下がらないときの対策法

生理が来たのに、体温が下がらないまま放っておくのは良くありません。

様子を見ながら、対策するようにしましょう。

身体を温めるようにする

女性は、冷え症の人が多いですよね。

冷えると、子宮や卵巣の機能も低下することになります。

特に子宮は冷えやすいので、冷やさないように身体を温めるようにしてください。

生姜など体を温めるものや、温かいものを食べたり、入浴するなどして、身体を温めるようにしましょう。

適度な運動を心がける

血行が悪くなると、女性ホルモンに不調が出て不正出血などが起こることがあります。

運動は、血行促進だけでなく、ストレス発散にも効果的です。

激しい運動は良くありませんが、ウォーキングなどの軽めの運動を心がけるようにしましょう。

婦人科へ行く

生理がきたのに、体温が下がらず病気の可能性がある場合、早めに病院にいきましょう。

妊娠の可能性があるときも、同じです。

毎月、生理のときの血の量や身体の調子などをチェックしておいてください。

少しおかしいなと思うことがあったら、早めに病院を受診することが大切です。

4.基礎体温を把握することは大切

日ごろから自分の身体のリズムを知っておこう

日ごろから、基礎体温を測って、リズムを把握しておくことは大切です。

身体のリズムが分かっていれば、変化があったときに、冷静に対処することができます。

自分自身の高温期と低温期を把握して、コントロールできるのが理想的です。

生理が来たのに、体温が下がらない、いつもの生理と違うなというようなことがあればすぐに対処しましょう。

変だなと感じたら、すぐに相談できるかかりつけの婦人科を作っておくと良いですよ。

マカ・葉酸サプリを超えた、ピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る