おしるしとは?陣痛がはじまる合図?どんな色や量なの?

1. おしるしって何?

お産が近づくと、子宮口を塞いでいたゼリー状の塊(粘液栓)がはがれることがあります。

また、卵膜がはがれてわずかに出血することもあります。

これらの粘液栓・血液がおりもの(子宮頸管粘液)と混ざって出てきたものが、おしるしと呼ばれます。

おしるしの色や量は?

おしるしは個人差が大きく、ピンク色・褐色のおりものが少し出る程度から鮮血が出る人までさまざまです。

また、普通のおりものとほとんど変わらない乳白色のおしるしが起こることもあるようです。

陣痛が始まるまでに、2回以上おしるしが起こる場合もあります。

おしるしがない人も多い

おしるしが起こるのは、約1/2くらいの確率と言われています。

おしるしがまったく無かったり、少量すぎて気づかなかったりすることも珍しくありません。

おしるしの様子は初産婦と経産婦で違う?

一般的に、経産婦のほうがお産が進むスピードが早いといわれています。

しかし、おしるしに関しては初産婦・経産婦で大きな差はないようです。

同じ人でも、1人目と2人目以降でおしるしの様子が違うこともしばしばです。

内診出血とおしるしの違いは?

内診後1日以内に少量の出血があれば、内診出血かもしれません。

ただし、臨月の内診出血とおしるしは区別しづらいことが多いようです。

いずれにしても異常ではないので、あまり神経質になる必要はありません。

2. おしるしから陣痛が始まるまでの時間はどのくらい?

おしるしは陣痛の前触れと言われていますが、おしるしがあったからといってすぐ陣痛が始まるとは限りません。

実際におしるしから陣痛までにかかる時間は、1日~1週間以上とさまざまです。

3. おしるしが起こったらどうする?

おしるしが起こったら、いつ陣痛が始まってもいいよう準備を整えておきましょう。

前駆陣痛の様子をチェック

前駆陣痛は、本陣痛の前に起こる不規則な子宮収縮(痛み)です。

おしるしと同じく、前駆陣痛が始まってから本陣痛が起こるまでの時間にも個人差があります。

また、前駆陣痛がなくいきなり本陣痛が始まる人もいます。

陣痛が規則的になったら…

痛みが規則的になったら間隔の長さを計測し、間隔が短くなったら病院に電話して指示をあおぎましょう。

病院に連絡する目安は初産婦なら約10分以下、経産婦なら約15分以下です。

ただし病院によって指示が違う場合があるので、お医者さんによく確認しましょう。

入院準備の再確認

お産の進み方によっては、自分で入院用の荷物を運ぶ余裕がないかもしれません。

誰が見てもわかるように荷物をまとめておき、すぐ運べるところに置いておきましょう。

破水が起こったときのために、産褥パッドはすぐ使えるようにしておきましょう。

慌てないで、それまで通りに行動する

おしるしがあったからといって、必ずしも安静にする必要はありません。

体調がよければ、それまで通りに家事や散歩などをしてもかまいません。

あまりパニックにならず、落ち着いて陣痛を待ちましょう。

入浴はしてもいい?

破水していなければ、特に入浴を制限する必要はありません。

体力を消耗しないよう、熱いお風呂や長時間の入浴は避けましょう。

経産婦の場合は…

過去にお産を経験している経産婦は、初産婦に比べて精神的余裕があるかもしれません。

しかし、一般的に経産婦のお産は初産婦より早く進む傾向があります。

おしるしや前駆陣痛が起こってからすぐに本陣痛が来ることも多いので、油断せず早めに病院へ連絡しましょう。

4. こんな場合は、すぐ病院へ相談を!

以下のような場合、病院で早めに対処する必要があります。

安易に自己判断せず、すぐに病院へ相談しましょう。

痛みが強い・出血が多い

強い痛みやお腹の張りがある場合、早期胎盤剥離や早産などのサインかもしれません。

また、生理のような出血やレバー状の塊がある場合も同様です。

37週以前に出血した

正産期(妊娠37~41週)より前に出血があった場合も、何か異常が起こっているサインかもしれません。

少量なら心配ない場合もありますが、念のため病院に相談しましょう。

破水が起こった

破水が起こった場合、すぐに対処しないと感染症のリスクが高くなります。

破水が起こったら入浴・シャワーやウォシュレットの使用を控え、すぐ病院に連絡しましょう。

特に、おりものや尿漏れと間違えやすい高位破水には要注意です。

高位破水の特徴

以下に当てはまる場合、高位破水の可能性が高いです。

  • 安静にしていても少しずつ出てくる
  • 尿のように自分で止めることができない
  • 透明もしくは白く濁っている(血が混じることもある)
  • 無臭もしくは独特の生臭さがある

胎動が全くない時間が長い

臨月になると赤ちゃんが大きくなり、子宮内で動く余裕が少なくなります。

そのため、胎動が弱くなったり回数が減ったりすることがあります。

しかし半日以上全く胎動を感じない場合は、何らかの異常が起こっているかもしれません。

帝王切開の予定がある

逆子などで帝王切開の予定があると、おしるしから緊急帝王切開となる場合があります。

近所の産婦人科病院の
口コミを見る・書く