ED(勃起不全・勃起障害)とは?原因・症状・改善法・治療法

1. EDはどのようなものなの?

EDとは男性特有の症状で、勃起不全や勃起障害と呼ばれるものです。

何らかの原因や理由、障害により、勃起することができない、または十分に勃起することができない症状です。

EDの原因は、非常にたくさんあり、原因がわからないこともあります。

おもに、身体面、精神面、また病気の治療に使われる薬の影響もあります。

以前は、インポやインポテンツと呼ばれていましたが、今はEDで呼ばれることが多くなっています。

中高年男がビンビン!クラチャイダムゴールドで年齢に負けない自信を!

EDは恥ずかしいことなの?

EDに悩んでいるのは自分だけ、と思われているかもしれません。

しかし、こういった話題はあまり人前で話さないだけで、多くの男性の方は悩みとして持っています。

以前と比べて朝立ちがなくなった、勃起の持続時間が短くなったなど、以前と比べて衰えや元気のなさを感じている人は多くいます。

EDは自分だけの悩みではなく、周りが話さないだけで実は悩んでいることを知っておくだけでも、ED改善の第一歩を踏み出すことができます。

EDは勝手に改善されるものなの?

EDの原因は何なのか、そして具体的な対策や治療をしないかぎり、勝手に改善される見込みはありません。

逆にEDの原因を知ることで、ムダな時間やお金をかけることなく、改善できることが期待できます。

悩んでいる部分が部分だけに、一人で悩みを抱えてしまいがちです。

今では、ED専門クリニックも増え、以前に比べて簡単に治療や対策を取ることもできるようになっています。

また、EDを一時的に改善できる、バイアグラなどのED治療薬も充実しているため、改善できる見込みは期待できます。

EDが原因で離婚を引き起こすことも

意外に思われるかもしれませんが、EDは離婚の原因にもなっています。

EDになりますと、必然的にセックスレスの生活となり、夫婦仲にも亀裂が入りやすくなります。

そしてあるとき、奥さんから離婚について切り出されることもゼロではありません。

ただ、勃起しないだけだと問題を片付けることなく、こういったこともあることを知っておくことが、たいせつです。

2. EDのおもな原因は?

EDの原因はさまざまあり、人により大きく変わります。

また、自分では自覚できない、意外な原因があったりします。

そこでEDを引き起こす原因は、どのようなものがあるのでしょうか?

大きくわけて3つあります。

まずは、勃起の仕組みを理解したうえで、それぞれ3つの原因を詳しく説明していきます。

勃起の仕組みはどうなっているの?

大きくわけて2つの刺激により勃起します。

1. ペニスへの刺激

ペニスには、神経や動脈の血管があります。

ペニスを触ることで、神経を通して脳に伝わり、勃起させる指示や命令を出します。

すると、ペニスに多くの血液を流すことで、勃起します。

2. 視覚からの刺激

目から入った情報など、視覚からの刺激により、ペニスに触らなくても勃起させることができます。

同様に視覚刺激を受けてから、脳はそれを判断し、勃起させます。

勃起しない原因は?

先に書いた2つの刺激のうち、片方または両方が原因で起きています。

具体的な原因は、以下があります。

  • ペニスにたくさんの血液を流すことができない
  • 神経に何らかの障害や異常がある
  • 脳が勃起の指示や命令を出すことに対して拒否している

これらの原因を踏まえたうえで、次からより詳しくEDの原因を説明していきます。

1. 器質性ED

ペニスそのものの機能に問題がある、何らかの病気や症状が原因で引き起こしているEDです。

原因を特定して、治療などを行うことで改善できる見込みはあります。

器質性EDのおもな原因は、以下があります。

血液や血管系の病気など

とくに糖尿病を患うと、EDを引き起こす割合が高くなります。

糖尿病は、血管や神経に対して、修復不可能な傷やダメージを負いやすくなります。

また、血管に何らかのつまりや血栓があると、ペニスに十分な血液を送ることができません。

生活習慣病の症状に代表される、糖尿病をはじめ、動脈硬化や心筋梗塞、高血圧などがある場合、注意が必要です。

年齢によるもの

年齢が高くなると、体の組織や神経の働きが弱く、鈍くなってしまいます。

それと同様にペニスの勃起する能力も衰えてしまいます。

ただし、先に書いた病気とも重なっていることがあり、どこまで年齢によるものなのかは、厳密にわけられないケースもあります。

事故やケガによるもの

事故やケガによって、ペニスの組織や神経に損傷やダメージが出ると、勃起することができなくなります。

2. 心因性ED

ペニスや神経などに異常はなく、EDを引き起こしている場合、精神的な面でEDを引き起こしていることもあります。

いわゆる心因性EDと呼ばれるものです。

ストレスによるもの

仕事や家庭、人間関係が原因で引き起こすことがあります。

また、ストレスと相まって、睡眠不足や疲労も大きな原因です。

性行為の失敗から

いつもはうまく行くのに、あるときに性行為に失敗したことがキッカケでEDを引き起こします。

また、性行為の失敗に対して、彼女や奥さんから侮辱などをされた場合も原因の1つになります。

次もどうせ失敗するだろうというのが記憶に残り、それが原因で勃起を維持できない、十分固くならないことがあります。

過去の記憶やトラウマなどから

性に関してのトラウマや嫌悪感、親からの虐待やいじめなどもあります。

この原因は、非常に根深い根底の部分にあるため、これがEDの原因になるなんて、と自覚できないこともあります。

3. 薬剤性ED

病気の治療に用いられる薬が原因で、EDを引き起こすこともあります。

とくに副作用に精力減退と書かれている薬は、注意が必要です。

一例として抗うつ剤など、神経をリラックスさせる作用の薬を服用している場合です。

日常生活においてEDを作っている原因はあるの?

一例としては以下のものがあります。

  • ストレス
  • 慢性的な疲労
  • 運動不足
  • お酒やタバコ
  • 食生活の乱れや偏った食事
  • 不規則な生活

体に対して不健康なものを取り込んでいる、不健康な行為を多くしている場合には、EDを引き起こす原因の1つになっていることもあります。

3. EDのおもな症状は?

EDを引き起こすと、以下のような症状があらわれます。

まったく勃起させることができない

性欲の有無に関係なく、勃起を一切コントロールできません。

硬さや大きさが十分ではない

性欲はあり勃起するものの、硬さや大きさが十分ではないことがあります。

結果として満足に性行為を楽しむことができません。

射精することができない

勃起しても、快感を得ることができずに、射精することができない場合があります。

また、先に書いた硬さや大きさが十分ではないため、射精できない場合もあります。

ほかにもマスターベーションなら射精できるけど、性行為では射精できないということもあります。

また、両方で射精できないこともあります。

いわゆる射精不全と呼ばれるものです。

早漏

少しの刺激で射精してしまい、性行為がすぐに終わってしまう場合です。

勃起しても硬さや大きさが十分ではなく、刺激に弱くなることで早漏になることがあります。

また、脳の興奮や神経をうまくコントロールできない場合もあります。

EDの症状は個人差がある

どのような症状があらわれるかに関しては、個人差があります。

先に書いたEDの原因を特定して、治療や改善を行うことで、これらの症状を緩和することが期待できます。

逆に放置したままにすると、症状が悪化することもあるため、早めの対応が必要です。

4. EDと男性不妊の関係は?

EDが原因により、男性不妊を引き起こしているケースがあります。

では、どのようなケースがあるのか詳しく説明していきます。

子どもができないことの自信喪失

結婚して避妊を行わないかぎり、通常なら1〜2年以内に妊娠して子どもを作ることができます。

しかし、思うようにできない場合、焦りや不安、それぞれの両親からのプレッシャーにより、EDを引き起こすことがあります。

妊活に対する嫌悪感

妊娠はいつでもできず、月に1回のごくわずかな時間しかありません。

そのため、女性も焦りから、性行為のタイミングなどを指示されることがあります。

そうなると、性行為もやらされ感や義務感が出てしまいます。

結果として、妊活に対する嫌悪感からEDを引き起こします。

不妊治療の負担

不妊治療は時間もお金もかかってしまいます。

不妊治療の場合、多くは保険が適用できないため、高額になります。

経済的負担が原因になることもあります。

EDそのものが原因なの?

射精そのものがうまく行かないだけではなく、精子に問題があるケースも考えられます。

精子の数や運動能力に問題がある、乏精子症や精子無力症があります。

また、女性側にも不妊の原因を持っていることもあります。

いずれの場合にしても、病院でしっかりと検査する必要があります。

5. EDの改善法や治療法は?

EDの改善は原因がたくさんあるほど、追求に時間がかかってしまいます。

そこで、簡単にEDを改善する治療法は、ED治療薬です。

ED治療薬を服用して、勃起の改善ができるかを確認します。

ED治療薬はどのようなものがあるの?

日本で処方薬として認められているのは、バイアグラ、レビトラ、シアリスです。

また、バイアグラは特許が切れたことにより、ジェネリック薬も出ています。

ED治療薬のおもな効果は?

血管を拡張させ、勃起を抑制する酵素を阻害する作用があります。

これにより、勃起を維持することができるようになります。

ただし、ED治療薬は勃起不全などの完治はできません。

勃起障害の原因となっているものを、一時的に取り除くのみです。

ED治療薬を手に入れるには?

泌尿器科やED外来、ED専門クリニックで手に入れることができます。

その際に、病気や症状、服用している薬により、服用できないED治療薬があります。

あらかじめ、これらのことをまとめておいて、伝えるようにしましょう。

ED治療薬以外で改善する方法は?

EDは病気だけではなく、生活スタイルや生活習慣、食生活やストレス、運動不足などが原因になっていることもあります。

不健康な生活習慣と思われることを排除して、健康な生活習慣を行うことで徐々にEDが改善されることも期待できます。

ただし、時間もかかり、期待した効果が出ないこともあります。

そのため、生活習慣の改善を行いながら、ED治療薬を併用することをおすすめします。

中高年男がビンビン!クラチャイダムゴールドで年齢に負けない自信を!

男性不妊専門の病院を
探す・口コミを見る