赤ちゃんのプール熱(咽頭結膜熱)とは?原因・症状・治療・体験談

1. プール熱(咽頭結膜熱)はこんな病気

毎年6~8月頃にかけて流行するプール熱(咽頭結膜熱)は、主に集団生活が始まる幼稚園頃によく感染する病気の一つです。

高熱が2~3日、長い場合は4~5日続いて白目が赤くなり、のどが赤く腫れる病気です。

ほかの病気と見分けがつきにくい

プール熱の症状が出たばかりのころは、他の病気と見分けがつきにくいケースがあります。

例えば、高熱が続いたり両目が充血したりする症状は川崎病とよく似ています。

また、高熱や喉が赤く腫れる症状は、溶連菌感染症の症状と似ているところもあります。

病院に行けばすぐに診断できる

最近は、町の小児科クリニックでもプール熱の原因ウイルスの迅速検査が手軽にできます。

病院でプール熱と診断されると、他の病気の可能性は否定されるので安心できます。

2. プール熱の原因

アデノウイルスとは?

プール熱の原因となるウイルスは、アデノウイルスと呼ばれるウイルスです。

アデノウイルスはたくさんの血清型があり、プール熱以外の病気(滲出性扁桃炎ウイルス性結膜炎など)をひき起こすことがあります。

プール熱をひき起こすのは、アデノウイルス3型というウイルスが原因です。

アデノウイルスの感染ルート

アデノウイルスは、感染力が強いウイルスのひとつで、潜伏期間は5~7日程度と言われています。

特に発熱している間の数日間は、人にうつしやすい時期ですので、注意が必要です。

プール熱という名前から、プールで感染すると思われがちですが、くしゃみや咳による飛沫感染もします。プール熱の感染は、飛沫感染の方が多いというデータもあるようです。

感染する時期

プール熱は、その名前から夏場のみに流行る病気と思われがちですが、実は一年中見られる病気です。

ただ、プールに入る機会が増える夏場は他の子どもと接触することが多いので、夏に流行します。

家族内で感染することも多いので、感染を予防するためにもタオルを別にしたり、マスクを着用するなどを徹底しましょう。

3. プール熱の症状

主な症状は、高熱、のどの腫れ、目が赤くなるなどです。

ウイルスが原因なので、腹痛、下痢、嘔吐などもみられます。

発症から最初の5日間ぐらいは、坂道を駆け上がるような感じで症状がひどくなりますが、その後は徐々に軽快していき、ほとんどの子どもが2週問以内に完治します。

1. 発熱

突然、38.5以上の高熱が出て、2~3日、長い時は4~5日続きます。

解熱薬を使ってもあまり効き目がないことがあり、パパやママは不安になることもあるかも知れません。

2. のどの腫れ・痛み

発熱と同時に、のどが赤く腫れてひどく痛みます。

のどの痛みのため、食欲が落ちる子が多く、中には水分を摂るのも辛い場合があります。

3. 白目が赤くなる、目やにが出る

白目が赤くなり、流行性結膜炎(流行り目)とは違いかゆみを伴うことがあるため、盛んに目に手をもっていくなどの行動がみられます。

また、目やにが出たり、涙が止まらなかったりします。

目やにがひどい場合は、めやにが固まってしまって、起きた時に目が開けられないこともしばしばあります。

4. その他の症状

そのほかに、せき、鼻水、筋肉痛、倦怠感、吐き気、下痢などの症状が出ることがあります。

また、リンパ節の腫れ、痛みなどもみられることがあります。

4. プール熱の診断・似ている病気

プール熱と症状が似ている病気

プール熱は、以下の二つの病気と初期症状が似ていて、親が間違えることがあります。

川崎病

高熱・目の充血や目やにの症状が出る

溶連菌感染症

高熱と激しいのどの痛み

プール熱の検査・診断

プール熱の原因であるアデノウイルスは、小児科で検査が可能です。

川崎病や溶連菌感染症と似た症状があらわれていても、アデノウイルス検査で陽性が出ればプール熱と診断されます。

5. プール熱の治療&ホームケア

ウイルスの病気なので、特効薬はなく、対処療法が基本的な治療方法になります。

発熱や目の充血、のどの痛みや腫れなどは、子どもの体がウイルスと闘って免疫を獲得している最中なのです。

安静に過ごし、子どもが免疫を獲得しやすいように適切なホームケアをしましょう。

1. 発熱のケア

熱の出始めは悪寒がして、手足の関節がだるくなり、全身症状が最も辛い時です。

寒がっている時は衣服を多めに着せるなどして、体を温めてあげましょう。

子どもも辛くて機嫌が悪い場合が多いですが、パパやママは根気よく付き合ってあげましょう。

熱が上がりきると汗をたくさんかくようになります。高熱で暑がっている時は、太ももやわきの下などの大動脈の通る箇所を、ガーゼに包んだ保冷剤や、水を入れたペットボトルなどで冷やしてあげましょう。

頭に冷えピタなどを貼るのは熱さましの効果はありませんが、頭を冷やしてあげると気持ち良さそうにしている時は、貼ってあげるのもいいでしょう。

2. 水分補給

熱が出ると食欲も落ち、汗を大量にかくので脱水になりがちです。

のどの痛みで口の中が敏感になっているので、柑橘系の飲み物などのどにしみるものは避け、本人が飲みやすいもので水分補給をしましょう。

発熱時の水分補給で最も適しているのは、子ども用のイオン飲料です。

子ども用イオン飲料は、電解質がバランスよく含まれているので、塩分や糖分を効率よく補給することが出来ますよ。

3. のどごしのよい食事

のどの痛みが強いときは、熱いものや味の濃いものを避けて、プリンやアイスなど、冷たくてのどごしのよいものを与えましょう。

4. 解熱鎮痛薬

熱のため眠れない、食べられないなど苦しそうなら、解熱薬を使ってもいいでしょう。

ただし、解熱剤は体がウイルスと闘っている証拠ですので、むやみやたらと使用するのはNGです。

どうしても苦しそうな時、高熱でフラフラしている時など限定で使用するようにしたいです。

プール熱のときは解熱剤はあまり効かないことが多いのですが、効き目がないからといってすぐに2回目を使わず、最低6時間以上はあけるようにしましょう。

5. 感染予防

感染力が強いので、家族はまめに手洗いをする、タオルなどは別にするようにします。

また、感染予防のためにマスクを使用するのも良い方法です。

ウイルスは便からも排出されますので、おむつ替えなどをしたあとは必ず石けんで手を洗うようにしましょう。

6. 登園・登校の目安

プール熱の登校園の目安として「主要症状が消退した後2日を経過するまで」が基準となっています。

ただし、医師の診断により他に感染するおそれがないと判断された場合は、この限りではありません。

感染力が強いので、症状があるうちはなるべく家で安静に過ごし、ウイルスを広めないことも必要です。

また、発病後2週間程は、便からウイルスが排泄されるため、プールは入らないようにしましょう。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

6. 先輩ママの「うちの子のプール熱体験談」

北海道・2才の女の子・栞ママより

それまで病気らしい病気をしたことがなかったのですが、1才3ヵ月のときにいきなり39度の高熱が出ました。

慌てて小児科を受診したところ、簡易キットによる検査でアデノウイルスとわかりました。

下痢もしていたので、解熱剤の座薬と整腸剤をもらい、とにかく水分補給をしっかりするようにと言われました。

イオン飲料をこまめに飲ませ、フルーツヨーグルトなどののどごしの良い物を食べさせました。

39度以上の熱が1週間近くも続き、ウンウンうなっていることもあって本当に心配で、私が変わってあげたかったです…。

引用元:プール熱の高熱でぐったり…食べないのも飲まないのも心配

千葉県・2才8ヵ月の男の子・わーくんママより

39度の発熱と鼻水、せきといった風邪症状が出たのは、息子が1才7ヵ月のときでした。

ただの風邪にしては、目が充血しているので、あれ?おかしいな?と思いました。

不安になり小児科を受診すると、プール熱との診断で、飲み薬と解熱薬の座薬(アンヒバ)を処方されました。

熱が続いた3日間は元気がなく、食欲も落ちたので本人が欲しがるものだけ食べさせていました。

熱が下がると途端に元気になって、よかったです。

引用元:鼻水、せきなど風邪の症状なんだけど、目が充血してビックリ

参考:病院で処方される薬