赤ちゃんの手足口病とは?原因・症状・治療・ホームケア・体験談

1. 手足口病ってどんな病気なの?

名前のとおり、手足や口の中に発疹ができる病気です。

痛みがあるので食事や水分がとりにくくなります。

生後6ヵ月から5才までの赤ちゃんや幼児がかかりやすく、全年齢の患者の90%を占めるといわれます。

夏風邪の一種で、保育園や幼稚園で流行します。

手足口病,赤ちゃん

手足口病は乳幼児が多い

2. 手足口病の原因は?

コクサッキーウイルスA16型やエンテロウイルス71型などが原因です。

夏に流行することが多いですが、一年を通して見られます。

3. 手足口病はどんな症状がでるの?

初期に出る症状

鼻水やくしゃみなどの風邪症状が出る

手足口病にかかるとくしゃみや咳、鼻水といった風邪に似た症状が見られます。

手足口病は、発疹が出る感染病というイメージですが、夏風邪の一種です。

手足口病,鼻水,くしゃみ

鼻水やくしゃみが初期症状!

微熱が出ることもある

発疹は熱の症状と共に、もしくは熱が下がってから出ることが多くあります。

微熱や37度台ですむことが多いため、普通の夏風邪と捉えられることが多いです。

体をかゆがる

子どもが「体がかゆい」「ムズムズする」と訴えるケースが多くあります。

その時は、子どもがかゆがっている場所には発疹などなくとも、数日後に発疹が出ることがあります。

口内に白い水疱状の発疹

口の中に白い水疱状の発疹(口内炎)が多く出ることが多くあります。

口内の痛みを訴えた時には、口の中をよく見てあげる必要があります。

まだ言葉が話せない場合も、よだれの量が多くなったり、ぐずったりするので、そんな時も口の中を一度見てあげてください。

手足口病,口,発疹

口内の痛みを訴えることも!

続いて起こる症状

水疱状の発疹が広がる

水疱状の発疹が出る部位が増えていきます。

手(指の問、手のひらなど)、足(指の間、足の裏など)に、水疱や赤みを持った米粒のようなブツブツ(丘疹)ができます。

手足口病,口,発疹

手、足、口にみられる水疱

口の中の発疹が破れる

水疱(口内炎)が破れて潰瘍になり、口の中は食事や飲み物を飲むたびにひどく痛みます。

皮膚にできた水疱は破れて潰瘍になることはなく、痛みもありません。

回復期の症状

2-3日で口の中の潰瘍の炎症がおさまって、食欲が出てきます。

手足の水疱は茶色くなり、発病から1週間ほどで消えてしまいます。

4. 手足口病の治療とケアはどうすればいい?

治療や薬は?

手足口病に特効薬はありませんが、基本的には軽い症状の病気のため、とくに治療をしなくても1週間ほどで治ります。

痛みがひどいときは、リドカイン(キシロカインビシカス)という局所麻酔薬を塗ることもあります。

ケナログやアフタゾロンといった市販の口内炎用塗り薬も、痛みの緩和にとても有効です。

手足口病,口,発疹

口内炎用塗り薬で痛みを和らげる

食事はなにがいい?

味付けは全般薄味にして、熱いもの、冷た過ぎるもの、酸っぱいものなどは避けるようにしましょう。

のどごしがよくて、刺激の少ない以下のような食べ物を冷蔵庫などで少し冷やして食べさせましょう。

  • うどん
  • ポタージュスープ
  • 具のない茶碗蒸し
  • ヨーグルト、ゼリー

食後は、口の中を清潔にたもっておくためにうがいをさせるか、湯冷ましなどを飲ませましょう。

脱水を予防するために水分補給を!

口の中が痛いので、飮みたがりませんが、脱水にならないようにこまめな水分補給を心がけます。

口の中を清潔に保つためにも、甘い飲み物より麦茶や湯冷ましがいいでしょう。

手足口病,水分補給

水分補給をしっかりと!

お風呂に入っても大丈夫?

お風呂に入っても病状は悪化しない?

お風呂そのものが手足口病を悪化させることはありません。

元気なら、熱があっても入浴させてかまいません。元気がなくても、シャワーで発疹ができている皮膚を軽く洗い流し、清潔にしてあげてください。

手足口病,熱

お風呂に入っても大丈夫

お風呂で親や兄弟に感染しない?

お風呂のお湯を通じて感染することはありませんが、手足口病による水疱部位に触れると、感染のリスクが非常に高まります。

親が手足口病にかかっている子供を洗ってあげる際に、水疱に触れないよう注意してください。特に水疱をつぶしてしまうと、感染しやすくなります。

また、お風呂でタオルを共用したりすることは、モノを通じて、手足口病による水疱部位に触れることになり、親や兄弟への感染の可能性が非常に高くなります。

違うタオルを使うようにしましょう。

手足口病,タオル

兄弟間で同じタオルを共有してはいけません!

5. うつらないように予防するには?

手足口病ウイルスの感染経路

手足口病の感染経路は以下のように大きく3つあります。 お風呂による感染は、主に接触感染のリスクを高めることとなります。

飛沫感染

せきやくしゃみなどによって飛び散る飛沫に含まれるウイルスが、口や鼻などの粘膜に直接触れて感染すること

接触感染

患者、保菌者、タオル等のウイルスの付着した物品などに接触して、ウイルスに感染すること

糞口感染

便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染すること

手足口病,熱

オムツ替えからウイルス感染することも!

うつらないために大事なこと

手足口病にかかった子供や乳幼児がいるご家庭や保育園では、オムツを換える時に、ウイルスが含まれた便を触ってしまい感染することがよくあります。

おむつ替えのあとは、必ず石けんで手を洗いましょう。

特に妊婦さんは普段より抵抗力が落ちているため、感染した子どもや乳幼児と接触したら、こまめに手を洗いましょう。

手足口病,手洗い

手洗いの徹底を!

6. 手足口病の合併症

まれですが、無菌性髄膜炎(ウイルス性髄膜炎)や脳炎を起こすことがあります。

頭痛、けいれん、嘔吐、顔色が悪いなどの症状があるときは、すぐに病院で診察を受けてください。

7. 保育園・幼稚園・学校は休ませるべき?

症状が軽くなれば登園・登校もOKです。

登園、登校の基準として、日本臨床皮膚科医会、日本小児皮膚科学会などは次のように公表しています。

「口内の発疹で食事が摂りにくい、発熱、体がだるい、下痢、頭痛などの症状がなければ、学校を休む必要はありません」

ただし、受診している医療機関から登園の許可が出ていたとしても、発疹があるので感染リスクがあるという理由から、保育園から登園を控えるようにお願いされるケースもあります。

トラブルを回避するためには、あらかじめ、保育園側に登園の目安を聞いておくと良いでしょう。

手足口病,保育園

保育園と相談を

保育園でプールは入ってもいい?

手足口病に疾患していて、皮膚が水疱形成している状態では、水疱部分が黄色ブドウ球菌などの侵入口になる可能性もあります。

黄色ブドウ球菌は、表皮感染症や食中毒肺炎髄膜炎、敗血症等致死的となるような感染症の起因菌です。

そのような危険な状態で、プールに入ってはいけません。水疱がほぼなくなり、明らかに病勢が衰えるまでは、プールは待ちましょう。

手足口病,プール

病勢が衰えるまでは、プールは控えましょう!

8. 手足口病は一度かかったらもう大丈夫?

手足口病は原因となるウイルスが一種類ではなく、複数あるため、一度かかっても免疫がつくことはありません。

場合によっては、同じ年の夏に2回感染することもあります。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

9. 先輩ママの「うちの子の手足口病体験談」

奈良県・2才4ヵ月の女の子・7730ママより

1才2ヵ月のとき、いつもと様子が違ってボーツとした感じで、38度の熱と嘔吐、ユルユルうんち、手足に発疹がありました。

お医者さんで手足囗病と診断され、整腸剤、下痢止め、ステロイド剤、化膿止めを出されました。

食事をまともに食べてくれないし、水分も飲めないので、グッタリしてしまって心配でした。

飲食ができるようになるまでの1週間が長く感じられました。

引用元:手足口病で食べられずへロヘロ。治るまでの1週間がつらい

長野県・2才8ヵ月の女の子・かこママより

2才半のとき、ごはんを食べながらシクシク泣きだしました。

ひざに湿疹ができていて、病院へ行くと、「手足口病でしょう、しばらく囗の中が痛くて食べないかもしれません。水分不足にならないように気をつけて」と言われました。

薬は、口の中に塗る薬をもらいました。

飲んだり食べたりがつらいようでしたが、ヨーグルトや野菜ジュースは食べてくれました。

塗り薬は結局使わずに、4~5日で回復しました。

引用元:手足口病だったので、脱水症状に気をつけてました

参考:病院で処方される薬