卵管留膿腫・卵管留水腫とは?どんな病態なの?治療法は?

1. 卵管留膿腫・卵管留水腫とは?

卵管留膿腫・卵管留水腫とは、なんらかしらの原因により卵管に膿や水などが溜まってしまう疾患です。

卵管とは?

卵管とは、子宮の両側から卵巣に伸びる管のことです。

長さには個人差がありますが、およそ10cmほどで、内径は狭いところで1mm程度の細い管です。

卵管は精子と卵子が出会う場所

卵管は、排卵された卵子と卵管を通ってきた精子とが出会い受精する場所です。

卵管で卵子と精子が受精卵になると、子宮へ移動して着床し、妊娠が成立します。

そのため、卵管は自然妊娠には欠かすことのできない場所になっています。

卵管留膿腫とは?

卵管と卵巣のつなぎ目には、卵管采という部分が存在します。

この部分は卵巣から飛び出した卵子を吸い上げて、卵管に送る役目を果たしています。

この卵管采が、なんらかの理由で炎症を起こして癒着を起こすことがあります。

この癒着が原因となり、卵管内に膿が溜まってしまった状態を卵管留膿腫といいます。

卵管留水腫とは?

卵管留水腫は卵管留膿腫が更に進行した状態のことをいいます。

卵管留膿腫を起こすと卵管閉塞を起こして膿が溜まります。

そして閉塞された部分の膿や分泌物が吸収されて水が溜まってしまった状態のことをいいます。

卵管内に水が溜まることによって、卵管がソーセージのように腫れ上がってしまいます。

2. 卵管留膿腫・卵管留水腫の原因

卵管留膿腫と卵管留水腫を引き起こす要因は、卵管内の炎症です。

卵管内が細菌に感染してしまうことで炎症を起こします。

卵管閉塞を起こしてしまうと、卵管留膿腫や卵管留水腫を発症する可能性があります。

卵管の炎症を引き起こすおもな原因

卵管の炎症を引き起こすおもな原因には、下記のようなものがあります。

  • 性交渉などによる細菌感染
  • 大腸菌やブドウ球菌など

それでは、1つずつ詳しく説明していきます。

性交渉などによる細菌感染

子宮は、外界と繋がっている内臓です。

そのため性交渉などで外部の細菌が子宮内に侵入し、細菌感染を起こすことがあります。

近年、特に増加傾向にあるのがクラミジア感染です。

クラミジアは男女共に感染する可能性のある細菌感染ですので、注意が必要です。

大腸菌やブドウ球菌など

タンポンを膣内で長期間放置してしまったり、膣内を不衛生な状態にしていると菌が繁殖する可能性があります。

その結果、子宮内から炎症が起こり卵管にも炎症が広がっていく恐れがあります。

3. 卵管留膿腫・卵管留水腫の症状

症状が軽度の場合

卵管留膿腫・卵管留水腫の症状は、卵管の炎症の状態などによって変わります。

炎症などが軽度だと、自覚症状がない場合がほとんどです。

そのため不妊検査を受けて卵管留膿腫・卵管留水腫が発覚するというパターンが多いようです。

症状が進行してきた場合

症状が進行してくると、まず最初に気がつくのがおりものの量です。

そして次第におりものに赤褐色、茶褐色などの淡い色がつき始め、不正出血が見られます。

最終的には、下腹痛や発熱などの症状が現れる場合もあります。

4. 卵管留膿腫・卵管留水腫の検査と治療法

卵管留膿腫・卵管留水腫の検査

卵管留膿腫・卵管留水腫の検査には下記のような方法が用いられます。

  • 超音波検査
  • 子宮卵管造影検査
  • 腹腔鏡検査

それでは、1つずつ詳しく説明していきます。

超音波検査

超音波(エコー)を使って、モニタを確認しながら卵管留膿腫や卵管留水腫を調べる検査です。

卵巣や子宮の周囲に血管などとは異なるソーセージ状の陰がある場合には、卵管留膿腫・卵管留水腫が疑われます。

しかし、このソーセージ状の管は生理周期やおりものの量などによって、陰の見え方が変わります。

よって、超音波検査だけで卵管留膿腫・卵管留水腫ことはできません。

子宮卵管造影検査

子宮口から造影剤を注入してからレントゲン写真を撮影し、卵管への造影剤の広がり方を観察する方法です。

卵管留膿腫・卵管留水腫があると、レントゲン写真に造影剤が広がらずに腫れている部分が確認できます。

腹腔鏡検査

お腹に小さな穴をあけて、そこから腹腔鏡を挿入し卵管をモニタで観察する方法です。

小型の内視鏡が、卵管の状態をモニタに写し出しますので、一番鮮明に卵管の状態が確認できる検査です。

卵管留膿腫・卵管留水腫の治療

卵管留膿腫・卵管留水腫になってしまった場合には、卵管に溜まった膿や液体を取り出す治療が行なわれます。

卵管留膿腫・卵管留水腫には投薬治療法がなく、全て手術での治療になります。

治療法には下記のような方法があります。

  • 開腹手術
  • 腹腔鏡下手術
  • 卵管内容液穿刺吸引術

それでは、1つずつ詳しく説明していきます。

開腹手術

癒着の状態が高度な技術を要する場合などには、開腹手術が行なわれます。

お腹を切開し、卵管の患部の癒着を剥がしたり、切開し閉塞を開口させたりする治療が行なわれます。

場合によっては、卵管摘出なども行なわれる場合があります。

麻酔や入院が必要になる手術です。

腹腔鏡下手術

お腹に小さな穴をあけて、腹腔鏡や医療器具を挿入し、モニタを確認しながら行なわれる治療法です。

麻酔が用いられる手術で2日程度の入院も必要です。

卵管の患部の癒着を剥がしたり、切開して閉塞を開口させたりする治療が行なわれます。

場合によっては、卵管自体を摘出したりする手術が行なわれます。

患部の状態や、腫れの大きさによって治療法は変わります。

卵管内容液穿刺吸引術

経腟超音波にて内部の状態を確認しながら卵管留水腫を穿刺し、中の液体を吸引除去する方法です。

5. 卵管留膿腫・卵管留水腫でも妊娠できる?

卵管は、そもそも子宮の左右に1つずつついています。

そのため、どちらかが卵管留膿腫・卵管留水腫でも、もう片方が正常に機能していれば自然妊娠の可能性は十分にあります。

しかし、両方の卵管が卵管留膿腫・卵管留水腫の場合には、自然妊娠の確率は大幅に下がります。

状況によっては体外受精へのステップアップも

治療によって閉塞が解消され膿や内容液が解消された場合には、自然妊娠の可能性が高まります。

しかし、手術によって両側の卵管を摘出する必要がある場合には、自然妊娠の可能性はなくなります。

このような場合には、人工授精へのステップアップが必要になります。

1回あたり499円!!自宅で簡単に人工授精ができるシリンジ法キットとは?

少しでも症状がある場合には不妊検査を

卵管留膿腫・卵管留水腫は、不正出血や痛みなどの症状がおこるまで気づかない方がほとんどです。

しかし、気づかないまま症状が進行してしまうと、それだけ手術も大がかりになってしまいます。

いつもと違うおりものなどに気づいた時には、放置せずに病院の診療を受けるようにしましょう。

マカ・葉酸サプリを超えたピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

不妊治療専門の病院を
探す・口コミを見る