卵管狭窄・卵管閉塞とは?症状と治療法は?妊娠への影響は?

1. 卵管狭窄・卵管閉塞とは?

卵管狭窄・卵管閉塞とは、女性の不妊原因の1つになる卵管の状態です。

卵管とは?

卵管とは、卵巣と子宮をつなぐ管のことです。

子宮の両側にあります。

卵管の長さには個人差がありますがおよそ10cmほどで、内径は狭いところで1mm程度の細い管です。

卵管の役目とは?

卵管は、精子と卵子が出会う場所です。

卵管で出会った精子と卵子が受精し、受精卵となって子宮に移動し着床します。

卵管は、生命が誕生する場所なのです。

卵管狭窄とは?

卵管狭窄とは、炎症などにより卵管の管の内側がすぼまって、空洞部分が狭くなっている状態です。

管の内側がすぼまってしまうため、精子や受精卵が通りにくい状態になり、妊娠の成立を妨げてしまいます。

卵管閉塞とは?

卵管閉塞とは、炎症などにより卵管の管の内側がすぼまって癒着を起こし、完全に閉じてしまっている状態です。

管の内側が塞がってしまっているので、精子や卵子が通れない状態になり、不妊の原因となります。

2. 卵管狭窄・卵管閉塞の原因

卵管狭窄・卵管閉塞には、おもに以下の原因が考えられます。

  • 子宮内膜症
  • 虫垂炎
  • 卵管水腫
  • クラミジアなどの感染症

それでは、1つずつ詳しく説明していきます。

子宮内膜症

子宮内膜症とは、本来できるはずのない場所に子宮内膜ができてしまう症状のことです。

子宮内膜とは?

子宮内膜とは、子宮におりてきた受精卵を受け止めるためのベッドの役割を果たしている、子宮の内側にできる膜のことです。

子宮内膜は、生理周期により増殖し厚みを増していきます。

そして、妊娠が成立しなければ剥がれ落ちて経血とともに体外へ排出されます。

子宮内膜症から卵管狭窄・閉鎖

子宮内膜により骨盤内に炎症が起きた場合、その炎症が広がってしまい、卵管狭窄や卵管閉塞を起こすことがあります。

虫垂炎

虫垂炎は腹部の右下にある盲腸からでている、虫垂という器官に炎症が起こっている状態のことです。

この炎症が卵管にまで広がり、癒着を起こし、結果的に子宮狭窄や子宮閉塞を起こすことがあります。

卵管水腫

卵管水腫は、卵管の内側になんらかしらの理由で卵管液(水)が溜まってしまう状態のことです。

卵管水腫は、卵管液や膿が卵管に溜まり、結果的に管を詰まらせて卵管閉塞を引き起こします。

クラミジアなどの感染症

感染症により、卵管が炎症を起こしてしまうことがあります。

その結果卵管が癒着を起こし、卵管狭窄や卵管閉鎖を引き起こしてしまう可能性があります。

3. 卵管狭窄・卵管閉塞の症状と検査

卵管狭窄・卵管閉鎖の症状

卵管狭窄・卵管閉鎖には、症状がないことがほとんどです。

そのため不妊検査を行なって、初めて卵管狭窄・卵管閉鎖が発覚することが多いようです。

卵管狭窄・卵管閉鎖の検査

卵管狭窄・卵管閉鎖は、下記のような検査が行なわれます。

  • 卵管通気検査
  • 卵管造影検査
  • 卵管通水検査
  • 超音波子宮卵管造影検査
  • 卵管鏡検査

卵管通気検査

卵管通気検査は、子宮口から炭酸ガスを注入して卵管の詰まり具合を確認する検査です。

一定の圧力で炭酸ガスを注入し、圧力のかかり具合で卵管の詰まりを調べます。

卵管の詰まり具合や閉塞しているかが確認できますが、左右のどちらの卵管かまでを確認することはできません。

卵管造影検査

卵管造影検査は、子宮口から造影剤を注入し、卵管の詰まり具合を確認する検査です。

注入された造影剤が、子宮内で広がる様子をレントゲン写真で撮影し観察します。

レントゲン写真撮影は、造影剤を入れた直後と24時間後の2回撮影が行われます。

卵管通水検査

卵管通水検査は、子宮口から医療用滅菌水を注入し、卵管の詰まり具合を確認する検査です。

卵管造影検査同様に、卵管に液体を注入する検査ですが、卵管造影検査ほど、専用機器が必要ではないという特徴があります。

超音波卵管造影検査

超音波卵管造影検査は、卵管造影検査同様に子宮口から造影剤を注入し、卵管の詰まり具合を確認する検査です。

通常の卵管造影検査と違い、レントゲンではなく超音波を使って造影剤の広がり方を確認します。

その場でモニタを見ながら、造影剤の広がり具合を確認することができます。

卵管鏡検査

子宮口から専用の内視鏡を挿入し、モニタで卵管内部の様子を確認していく検査です。

ここであげた5つの検査の中では、一番詳細な内部の様子が確認できる検査です。

4. 卵管狭窄・卵管閉塞の治療法

卵管狭窄・卵管閉塞の検査方法が分かったところで、次に治療法を見ていきましょう。

検査で軽い癒着は解消される

先ほど紹介した検査により、軽度の癒着は解消されることがあります。

ガスや液体などで、卵管内に一定の圧力をかけることにより癒着が解消されるためです。

そのため、卵管の検査を行なった後の数ヶ月は、妊娠のゴールデン期間とも呼ばれています。

卵管鏡下卵管形成術

卵管鏡下卵管形成術とは、卵管鏡を使用して卵管の治療を行なう方法です。

卵管鏡を子宮口から挿入し、卵管鏡の先についているバルーンという部分で閉塞部分を広げる方法です。

腹腔鏡下手術のように、麻酔や入院は不要な場合がほとんどです。

改善されない場合には体外受精の検討も

卵管閉塞で完全に卵管が詰まっており、手術でも改善が見られない場合、体外受精を医師から提案されることがあります。

体外受精とは?

体外受精とは、子宮内から取り出した卵子と採取した精子を体の外で受精させる方法です。

受精卵を体外で培養したら、子宮内に受精卵を戻します。

この方法を用いることによって、卵子や精子が卵管を通過する必要がなくなります。

結果として、自然妊娠よりも妊娠の確率が上がります。

5. 卵管狭窄・卵管閉塞でも妊娠できる?

卵管狭窄は自然妊娠できる?

卵管狭窄の場合には、卵管が完全に詰まっているわけではないので、自然妊娠の可能性は0ではありません。

ただし、正常な卵管に比べて卵管の内径がすぼまった状態のため、正常な状態よりも妊娠の確率は下がります。

妊娠を望んでいるのであれば、医師と相談の上、治療をすすめていくことも検討した方がよいでしょう。

卵管閉塞でも妊娠できる?

卵管閉塞の場合には、卵管が完全に詰まってしまっているので、自然妊娠はかなり難しくなります。

そのため、卵管閉塞が見つかった場合には、卵管自体の治療に進むか体外受精に進むかのどちらかになります。

ライフスタイルなどにもそれぞれ違いがありますので、医師との相談の上、治療方針を決めていくことをおすすめします。

マカ・葉酸サプリを超えたピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

不妊治療専門の病院を
探す・口コミを見る