手足口病の時にお風呂に入れてもいい?家族や兄弟にうつる?

1. 手足口病の時にお風呂は入れても大丈夫?

お子様が手足口病になった時は、お風呂に入れていいのかどうか迷う方が多いです。

"お風呂に入っても病気が悪化しないか""お風呂で家族にうつさないか"とという2つの観点から、手足口病とお風呂の関係について説明します。

手足口病がお風呂に入って悪化することはない

お風呂そのものが手足口病を悪化させることはありません。

高熱が出ていない限り、まずはシャワーから始めると良いでしょう。

その際には、水疱をつぶしてしまい、親に感染を起こさないよう注意が必要となります。

お風呂で家族や兄弟にうつるリスクはある

お風呂でタオルを共用したりすることは、モノを通じて、手足口病による水疱部位に触れることになり、親や兄弟への感染の可能性が非常に高くなります。

また、親が手足口病にかかっている子供を洗ってあげる際に、うっかり水疱へ触れてしまうことにも注意が必要となります。

手足口病,タオル

兄弟間で同じタオルを共有してはいけません!

2. 手足口病はどうやってかかってしまうの?

手足口病の感染経路は、以下のように大きく3つあります。

お風呂による感染は、主に接触感染のリスクを高めることとなります。

飛沫感染

せきやくしゃみなどによって飛び散る飛沫に含まれるウイルスが、口や鼻などの粘膜に直接触れて感染します。

接触感染

患者、保菌者、タオル等のウイルスの付着した物品などに接触して、ウイルスに感染します。

糞口感染

便の中に排泄されたウイルスが、口に入って感染します。

手足口病,くしゃみ,せき

くしゃみや咳により感染します!

3. 家で看病するときはどうしたらいい?

温かい食べ物、辛い食べ物を避け、食後はうがい

味付けは薄味にして、熱いもの、冷た過ぎるもの、酸っぱいものなどは避けるようにしましょう。

のどごしがよくて刺激の少ない、以下のような食べ物を、冷蔵庫で少し冷やして食べさせましょう。

  • うどん
  • ポタージュスープ
  • 具のない茶碗蒸し
  • ヨーグルト、ゼリー

食後は、口の中を清潔にたもっておくためにうがいをさせるか、湯冷ましなどを飲ませましょう。

食後は口の中を清潔に保つためうがいが大事。

水分補給

潰瘍がひどく、痛みのために食べたがらないこともあります。

そんな時は、無理に食べさせようとしなくても問題ありません。

ただし、水分が足りなくなることがあるので、麦茶や湯冷しなど、水分を十分に補給しましょう。

水分補給をしっかりと!

こまめに着替えさせる

発疹はかゆみがないので薬は特に必要ありませんが、着替えなどはこまめにして、肌は清潔を保つように心がけましょう。

手足口病,こまめに着替え

こまめに着替えさせましょう。

経過次第では早めの受診

痛みで水分もとらない場合や、高熱が出たり顔色が悪いようであれば、早めに受診しましょう。

近所の小児科の病院を
探す・口コミを見る

参考:病院で処方される薬