中隔子宮ってどんな状態?子宮鏡下手術の内容・入院期間は?

1. 中隔子宮とは

中隔子宮とは、先天性の子宮形態異常の1つの形を指します。

正常な子宮とは?

基本的に正常な子宮の形というのは、外側が洋梨の潰れたような形をしており、両脇に卵管が付いています。

そして、子宮内部は逆三角形の1つの空洞になっています。

中隔子宮と正常な子宮の違い

中隔子宮は、外側の見た目は正常な子宮と変わりはありません。

しかし、正常な子宮の内側が1つの空洞になっているのに対し、中隔子宮には1つの空間を隔てる壁が存在しています。

そのため、子宮の内部が2つの空洞に分かれているのです。

2. 中隔子宮の原因と症状

中隔子宮の原因は先天的の子宮の形成異常です。

つまり、普段の食生活や健康状態に影響されて変形してしまったわけではなく、生まれつき中隔子宮であるということです。

子宮は胎児期に形成される

そもそも子宮というものは、母親のお腹の中にいる胎児期に形成されます。

子宮は、左右にあるミューラー管という物体が発育して1つに融合して作られます。

その融合の過程で、通常は中隔が吸収されて消えてしまいますが、中隔子宮の場合は中隔が残った状態になっています。

中隔子宮の症状

中隔子宮は先天的な異常のため、基本的に症状はないことがほとんどです。

しかし、場合によっては下記のような症状が見られる場合もあります。

生理時の下腹部痛

中隔子宮の方で子宮が膣に通じていない方の場合、月経血が子宮内に貯まりやすくなります。

その結果、下腹部に痛みや張りなどを伴うことがあります。

流産や早産

中隔子宮はその形状が原因となって、着床がしっかりと行なえないことがあります。

その結果、正常な子宮の方よりも流産や早産の確率が高くなっています。

出産時の胎児の回旋異常

出産時に中隔子宮の子宮の形状が原因で、胎児の旋回異常が起こる可能性があります。

その結果、出産中に分娩方法が変わる可能性などもあります。

3. 中隔子宮の検査と治療

中隔子宮の検査

子宮の外観に異常がある場合には、超音波検査などで異常を見つけることも可能です。

しかし中隔子宮の場合は形の異常があるのが子宮の内部のため、下記の2つの方法が用いられます。

子宮造影検査

子宮内に造影剤を注入して、造影剤の広がり方で子宮の形をレントゲン撮影によって観察する方法。

子宮鏡検査

膣から内視鏡を挿入して、子宮内部の様子を観察する方法。

検査の結果、中隔子宮と診断されたら?

同じ中隔子宮でも自然妊娠から出産まで全く問題のない方もいれば、治療が必要になる方もいます。

中隔子宮で治療が必要な方

中隔子宮の中でも治療が必要になるのは下記の方です。

  • 妊娠希望で不妊の原因が中隔子宮以外に考えられないような方
  • 中隔子宮が原因で普段の生活や出産に支障をきたす方

中隔子宮の治療法

中隔子宮の治療法には投薬治療などはなく、手術での治療法のみとなります。

手術の方法としては、先端に電気メスが付いている子宮内視鏡を子宮口から入れる子宮鏡下中隔切除術が行なわれます。

中隔子宮の中隔部分を電気メスで切除します。

子宮鏡下中隔切除術のメリット

子宮鏡下中隔切除術を行なうメリットとしては、開腹手術の必要がなく見える場所に傷が残らないことがあげられます。

また、出血量なども少なく、術後の回復までにあまり時間がかからないということがあげられます。

子宮鏡下中隔切除術のデメリット

子宮鏡下中隔切除術のデメリットとしては、手術中に手術続行が困難になることがあるということです。

これは子宮自体が収縮しやすいという特徴があるためです。

中隔を摘出している最中に収縮した場合には、手術が中断されることがあります。

その場合には、手術が2度行なわれることがあります。

子宮鏡下中隔切除術のおおよその流れ

  1. まずは手術の説明を受け、手術日を予約します。
  2. 手術前検査として血液検査、心電図、胸部レントゲン検査などが行なわれます。
  3. 手術開始となります。病院によっても違いがありますが、基本的には脊椎麻酔が用いられることが多いようです。
  4. 術後の経過を見て退院となります。
  5. その後の2週間は経過観測として通院が必要になります。

4. 気になる入院期間は?

入院期間は術後の経過によっても変わりますが、特に問題がない場合には2日程度の入院になります。

内視鏡手術は開腹手術とは違い術後の傷が小さく、回復も早い傾向があるため短い入院期間を経て退院できます。

退院後は、軽く仕事を開始できるまでに1週間程度、運動などは2週間程度は控えた方がよいでしょう。

術後の早めの仕事復帰予定や旅行などの予定がある方は、医師に相談することをおすすめします。

5. 中隔子宮は手術するべき?

中隔子宮は特にひどい生理痛などを伴わない限りは、日常生活に支障をきたすことはほぼありません。

しかし妊娠を希望している方で、中隔子宮が不妊の原因となっている場合には治療が必要です。

まずは病院でしっかり検査を受け、妊娠についてパートナーや医師と相談しながら治療方針を決めることが大切です。

マカ・葉酸サプリを超えたピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

不妊治療専門の病院を
探す・口コミを見る