里帰り出産したほうがいい?メリット・デメリット、時期、準備、手続き

1. 里帰り出産とは?

出産の際、実家や故郷に帰省して産前産後の期間を過ごすことを里帰り出産といいます。

産後の女性は「産褥期」と呼ばれる時期で、出産で傷ついた体を回復させることに専念する必要があります。

そこで、実家などに帰省し、心身の回復と育児に専念できるよう里帰り出産をするのです。

2. 里帰り出産のメリット

体を休められる

里帰り出産では、両親や兄弟姉妹、親族などに身の回りの世話を頼むことができます。

食事の支度や掃除・洗濯といった家事を任せることができるので、妊娠・出産に専念して過ごすことができます。

産後の女性はできるだけ横になって過ごすことが望ましいといわれています。

里帰り出産で家族からのサポートを受け、休養に専念できるのは大きなメリットだといえます。

赤ちゃんのことに専念できる

里帰り出産では、気心の知れた家族や親族に囲まれて、産婦さんは赤ちゃんのことに専念できます。

このため、気持ちに余裕を持って育児することができ、育児に前向きに取り組めるようになると考えられます。

産後の女性はホルモンの影響で気持ちが不安定になりやすいのですが、実家で過ごすことでリラックスして赤ちゃんを迎えられます。

先輩ママの意見を聞くことができる

実家の両親は、育児の先輩です。

一番身近で経験豊かな先輩からアドバイスを受けることができ、育児に対する不安を解消できるというのも、里帰り出産のメリットです。

孤独を感じなくて済む

初めての育児では、社会から切り離されたように感じてしまうママさんが多くなります。

一日中赤ちゃんとだけ過ごしていると、孤独を感じやすいのです。

また、身近に頼れる人が居ない場合も、育児への不安やストレスで孤独感を募らせやすくなります。

しかし、実家や慣れ親しんだ地域コミュニティで出産・育児をスタートすれば、これらの孤独を感じなくて済むのです。

3. 里帰り出産のデメリット

パパと過ごす時間が減ってしまう

里帰り出産は基本的にママの実家への里帰りとなります。

ママが里帰りしている間、パパは自宅で一人過ごすというケースがほとんどです。

パパの仕事が忙しかったり、自宅から実家までの距離が遠かったりすると、産後数ヶ月は家族で過ごすことできないというデメリットがあります。

赤ちゃんがパパになつかない

里帰り出産は、人によっては長期的に帰省する場合があります。

産後すぐの赤ちゃんが過ごす数ヶ月は、成長著しい時期です。

里帰りが終わって自宅に戻った赤ちゃんにとって、パパはまだ認識されていない可能性もあります。

パパが抱っこしても泣いてしまったり、なつくのに時間がかかるというケースもあるのです。

パパが育児に慣れない

育児に積極的なパパでも、赤ちゃんが近くにいなければ育児をすることはできません。

里帰りから帰ったママと赤ちゃんに比べ、パパはオムツ替えやミルクの授乳に関しては初心者も同然です。

ママは「そんなこともできないの?」とイライラしてしまうかもしれません。

4. 里帰り出産の時期はいつ?

里帰り出産を考えている人は、早めに計画を立てる必要があります。

里帰り先の病院は空いているか、必要な書類や条件は揃っているかなど、前もっての準備が欠かせません。

以下のことを参考に、里帰り出産の時期を決めましょう。

里帰り先の病院との兼ね合い

あらかじめ里帰り先から近い、出産可能な病院を調べ予約をする必要があります。

その際、病院から「妊娠〇週までに帰ってきてください」といわれることが多いようです。

一般的に妊娠30~35週の間で里帰りする人がほとんどです。

実家や家族との折り合い

実家の両親や家族と、いつごろまでに里帰りできるか相談しておきましょう。

実家とはいえそれぞれの生活リズムや仕事などもあるので、お互いに負担なく過ごせるよう配慮が欠かせません。

パートナーとの相談

最も重要なのが、パートナーであるパパと相談することです。

いつ頃からいつ頃まで帰省するのか、留守中の家の中のことはどうするのかなど、事前に2人で取り決めておく必要があります。

ママにとって実家は居心地の良いものですが、パパのためにも、里帰りがあまり長期になりすぎないよう気をつけましょう。

5. 里帰り出産の準備

里帰り出産に必要なもの

自宅の住所以外の場所で出産する場合、以下のものが必要になります。

公的書類

  • 母子手帳
  • 病院の紹介状
  • 健康保険証
  • 印鑑

妊娠の経過を見るために、母子手帳と病院の紹介状は欠かせません。

また、診察時や急な手術になったときに備えて、健康保険証や印鑑も必ず持って行くようにしましょう。

これらのものが揃っていないと、診察を受けたときに余計な費用がかかったり、入院手続きに時間がかかったりするので注意が必要です。

身の回りのもの

  • 自分の衣類(マタニティウエア、下着など)
  • 化粧品
  • ベビー服
  • ベビー用品
  • デジカメやビデオカメラなど記録媒体
  • 産後に着る服

里帰り出産の場合、妊娠中から帰省して産後数ヶ月してから自宅に戻るという流れになります。

産前産後でも着やすい服や下着、赤ちゃんの見の周りの品などを忘れないようにしましょう。

荷物が大量になる場合は、宅配便を使うと安心です。

妊娠中に重たい荷物を抱えての長時間移動は危険なので、体に負担をかけないようにして里帰りしましょう。

6. 里帰り出産の手続き

病院の手続き

里帰り出産をするには、まず病院の転院手続きが必要です。

妊娠中に通院している病院と、出産のために入院する病院が異なるので、双方に妊娠の経過やどのように出産したいかを共有する必要があります。

必ず転院前に紹介状を書いてもらい、入院予定の病院に早めに提出することが大切です。

出生届けの提出

産後は里帰り先で子供の出生届けを出すことができます。

しかし必ずしも子供の出生地で出生届けを出さなくてはいけないというわけではありません。

出生届けの提出先は以下の3つのうち、いずれかの市区町村役所・役場となっています。

  • 届出人の所在地
  • 父または母の本籍地
  • 子供の出生地

児童手当の手続き

児童手当は産後すぐから対象となるため、できるだけ早く申請をしておくと安心です。

目安として、誕生月内に手続きを済ませるようにしましょう。

もちろん、里帰り先から手続きすることが可能です。

手続き時は個人番号(マイナンバー)や申請者本人の預金口座、健康保険証のコピーなどが必要となります。

里帰り先で申請する場合は、必要書類に不備がないよう、里帰り前から準備しておくと良いでしょう。

健康保険の加入手続き

子供が生まれたら、健康保険に加入する手続きを行わなくてはいけません。

加入先は父親または母親の会社の健康保険か、国民健康保険となります。

原則として、産後1ヶ月までに手続きを行う必要があります。

里帰り期間が産後1ヶ月を超える場合は、夫に手続きを行ってもらうか、勤め先の担当窓口などに確認を取るようにします。

妊婦健康診査費用助成金の手続き

居住地から他県へ里帰りする場合、基本的に妊婦健康診査費用助成金を他県で使用することはできません。

必要があれば一時的に自費で支払いを行います。

ただし、後日居住地の自治体に申請すれば、返金されることがほとんどです。

使わなかった助成券と、里帰り先で受診した妊婦検診の領収書は必ず取っておきましょう。

揃えて役所に提出することで、助成費の返還を申請できます。

近所の産婦人科病院の
口コミを見る・書く