先天性精管欠損ってなに?子どもはできる?原因・症状・治療法

1. 先天性精管欠損はこんな病気

精巣で作られた精子は精管を通り、尿路から外に放出されます。

しかし、先天的に精管が欠損し、精子が外に放出されない症状です。

先天性精管欠損症と呼ぶこともあります。

閉塞性無精子症に分類されます。

子どもはできるの?

精巣から直接精子を取り出す手術をすることで、子どもを作ることは可能です。

精子そのものに異常がないかを含め、精液検査や血液検査もあわせておこなう必要があります。

2. 先天性精管欠損の原因

精管について

精管は精子が作られる精巣と、尿路をつなげる精子の通り道です。

睾丸を触るとわかるように精巣は2つあり、精管も同様に2つあります。

精巣で作られた精子は、精巣上体に蓄えられます。

精巣上体に蓄えられた精子は精管を通り、尿路の出口にある射精管へと流れて陰茎から放出されます。

この精管が先天的に欠損していれば、精子が作られても放出することができません。

閉塞性無精子症について

先天性精管欠損は閉塞性無精子症の一種です。

閉塞性無精子症は、精管だけでなく精巣上体や射精管が詰まり、結果的に精子が放出できない症状です。

閉塞性無精子症の原因は、先天性精管欠損のように先天的なものだけではありません。

病気や炎症などにより、後天的に精管などが詰まることもあります。

先天的なものなのか後天的なものなのか、詳しく検査する必要があります。

先天性精管欠損の確率は?

閉塞性無精子症のうち、10〜20%が先天性精管欠損といわれています。

先天性精管欠損を引き起こす原因は?

何らかの理由により精管の形成異常があります。

ほかには嚢胞性線維症と呼ばれる難病があります。

CFTRと呼ばれる遺伝子の異常により、気管支炎などと併発して先天性精管欠損を引き起こします。

とくに白人に多く見られる病気で、2,500人に1人発症するといわれています。

日本人は症例が非常に少なく、嚢胞性線維症以外の可能性が高いとされています。

精子に異常はないの?

先天性精管欠損を引き起こしている半数に、精嚢(せいのう)の欠損があるといわれています。

精嚢は、前立腺付近にある袋状の器官です。

精嚢では精嚢液を作り、精液全体の7割を占めています。

役割として、精子の運動を活発化させるエネルギーとなります。

精嚢に欠損があると、精子の量が少なくなる、質が悪くなるため、検査が必要です。

3. 先天性精管欠損の症状

先天性精管欠損は、下記の大きく2つにわかれます。

  • 先天性両側精管欠損
  • 先天性片側精管欠損

精巣は2つあり、本来なら精管も2つあります。

片方のみの精管欠損であれば、正常な精管側から精子が出ている可能性はあります。

しかし、精管が欠損している場合、精子そのものにも異常が考えられるため詳しく検査が必要です。

4. 先天性精管欠損の診断

先天性精管欠損のおもな診断は以下になります。

精液検査

精液の中に精子があるかを確認します。

精子がない場合、閉塞性無精子症の可能性を疑います。

血液検査

血液中の男性ホルモンなどの状態を確認します。

遺伝子や染色体検査

先天性精管欠損は、CFTRの遺伝子異常による、嚢胞性線維症を引き起こしている可能性があります。

また、男性不妊の原因として、遺伝子だけでなく染色体の異常も考えられるため、あわせて検査します。

5. 先天性精管欠損の治療法

精管が欠損している場合、精巣から直接精子を取り出す手術をおこないます。

TESEやMESAと呼ばれる手術方法で、精子を取り出します。

手術方法によっては日帰りも可能です。

どのような手術が適しているか、専門医と相談する必要があります。

精液の状態は栄養素で変わる!!精子に必要な栄養が全て入っている男性用妊活サプリメントとは?

男性不妊専門の病院を
探す・口コミを見る