着床障害の経験者が妊娠する確率を高めるためにやった事まとめ

1. 私も着床障害でした

私は、長年二人目不妊で悩んできました。

生理周期や排卵、夫の精子にも全く問題がなく、疑ったのが「着床障害」でした。

しかし、現在の医学では体外受精を何回かくり返さないと着床障害の原因ははっきりしないのです。

不妊治療の過程で、もともと「黄体機能不全」と診断されていた私は、子宮内膜じたいに問題があると感じていました。

病院から処方された薬も飲んでいましたが、子宮内膜の状態をよくするためにもさまざまなことをためしていました。

今回は、着床障害だった私が着床しやすくなるためにやったことをまとめました。

2. 着床障害とは?原因は?

そもそも着床障害とはどのような状態なのでしょうか?

また、原因は何なのでしょうか?

着床障害とは?

着床障害とは、受精はできるものの、何らかの原因で受精卵が子宮内膜に着床がうまくできない場合をいいます。

また、着床したもののすぐに子宮内膜からはがれてしまう、「化学的流産」も含まれます。

化学的流産とは、妊娠検査薬や血液検査でしか分からない妊娠のことです。

着床のメカニズムは詳しく解明されていないため、現在の医学では診断できません。

体外受精で、良好な胚を何回か移植しても妊娠しない場合にはじめて、「着床障害」と診断されます。

着床障害の原因は?

黄体機能不全

排卵後、卵巣からは「プロゲステロン」という女性ホルモンが分泌されるようになります。

プロゲステロンは、子宮内膜の厚みを増し、受精卵が着床しやすい状態にします。

しかし、何らかの原因により、プロゲステロンの分泌が悪くなることがあります。

すると、子宮内膜の状態が悪くなり、受精卵がうまく着床できなくなります。

これを「黄体機能不全」とよびます。

子宮の癒着

過去に帝王切開や子宮外妊娠、盲腸、クラミジア感染症などで手術をおこなった場合、子宮が癒着することがあります。

特に子宮が周りの組織と癒着してしまった場合、着床障害の原因になることがあります。

子宮の病気

子宮筋腫

子宮内に出来る良性の腫瘍です。

腫瘍ができる場所によっては、着床障害の原因になることがあります。

子宮内膜ポリープ

子宮内膜ポリープとは、粘膜から出来たコブのことです。

大きさや場所によっては、受精卵が着床しにくくなることがあります。

子宮奇形

本来、子宮は洋ナシを逆さまにした形をしています。

しかし、身体がつくられる過程で異なる形になってしまうことがあります。

子宮奇形の状態によっては、着床障害の原因になることがあります。

3. 着床障害だった私がためしたこと3選

先程も述べたように、私は不妊治療の過程で「黄体機能不全」と診断されていました。

そのための治療もしていましたが、中々うまくいきませんでした。

「薬では黄体機能不全がなおらない」と思った私は、さまざまなことをためしました。

その結果、約半年後に妊娠したのです。

適度な運動

不妊治療をはじめた当初は、慢性的な運動不足でした。

車で移動することが多かったですし、これといった運動もしていなくて体力があまりなかったのです。

そこで、意識して運動に取り組むことにしました。

意識して歩く

車で移動することを極力避け、歩いて買い物に行ったりできるだけ階段を利用するようにしました。

また、上の子と公園で遊ぶときにも、一緒に走り回ったり遊具で遊ぶなどしてからだを動かすようにしました。

ストレッチをする

夜にストレッチをするように心がけていました。

肩こりの解消になるだけでなく、寝つきもよくなりました。

ラジオ体操

上の子が昼寝をしている間、ラジオ体操第一・第二をしていました。

ラジオ体操はけっこうな運動量になるのです。

からだを保温する

基礎体温の低温期が35℃代のときもあった私は、日頃から体温の低さを実感していました(手足が冷える、お腹が冷たいなど)。

からだが冷えていると着床しにくくなると聞いた私は、できるだけからだをあたためるようにしました。

湯船につかる

夏場などはシャワーのみですませることも多かったのですが、毎日湯船につかるように心がけました。

ただし、熱いお湯だとからだの表面しかあたたまりません。

38~40度のぬるめのお湯に15~20分ほどつかり、からだを芯からあたためるようにしました。

からだを「保温」する

からだを冷やさないといっても、むやみやたらとあたためればいいわけではありません。

例えば、腹部にカイロを貼ると、子宮の温度は40℃くらいに上昇します。

受精卵が生きやすい温度は「37℃」と言われています。

実際、体外受精にて受精卵を培養するとき、培養液は常に37℃に保たれているのです。

ポイントはあたためるのではなく「保温」です。

そのためには、以下のような方法が適しています。

  • 腹巻きをする
  • 靴下をはく
  • 冷たい食べ物や飲み物はできるだけ避ける
  • 適度な運動をする
  • からだをあたためる食べ物をとる(生姜、根菜類など)

助産師監修!骨盤・子宮まわりを温める妊活用の湯たんぽとは?

ビタミンC、ビタミンEをとる

ビタミンEは、子宮内膜をつくる材料になります。

また、ビタミンCはビタミンEの吸収を高めるはたらきがあります。

どちらのビタミンにも、細胞の老化を遅らせる「抗酸化作用」があります。

卵子の老化を遅らせる効果も期待できるのです。

これらの栄養素が豊富に含まれる食材は以下の通りです。

ビタミンC

赤ピーマン、黄ピーマン、キャベツ、ブロッコリー、キウイ、いちご、グレープフルーツ、玉露

ビタミンE

アーモンド、あゆ、たらこ、明太子、モロヘイヤ、赤ピーマン、なたね油

マカ・葉酸サプリを超えた、ピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

不妊治療専門の病院を
探す・口コミを見る