ベクロメタゾン(キュバール)の効果と子どもに使う時の注意点

1. ベクロメタゾン(キュバール)とは?

ベクロメタゾンはステロイド薬の一つです。

ステロイドは腎臓の上にある副腎から作られる副腎皮質ホルモンの一つです。

体の免疫力を抑制したり、炎症を抑える作用があります。

ステロイド薬の中でも、特に吸入薬は気管支喘息によって起こる気道の炎症を改善させる効果が高いです。

ただし発作予防薬なので、発作が起こった時に使用しても効果はありません。

2. ベクロメタゾンが配合されている薬

ベクロメタゾンというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

吸入薬

  • キュバールエアゾール

点鼻薬

  • リノコートパウダースプレー鼻用
  • リノコートカプセル鼻用
  • アルロイヤー
  • タウナスアクアスプレー

外用薬

  • プロパデルム軟膏・クリーム
  • ベクラシン軟膏・クリーム

3. 子どもに対する安全性

吸入ステロイドは4才以上の安全性が確立されています。

点鼻薬は5才以上の安全が確立されています。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はほとんどありません。

ステロイド薬は、薬を口から飲む時と注射薬を使用した時は、薬の効果が全身を巡るので大きな副作用が出やすいです。

しかしベクロメタゾンは、気管支、肺、鼻といった部分に作用しますので、ステロイド薬によくある強い副作用が出ることは少ないです。

ただし使用部分においては、副作用に注意が必要です。

吸入薬の場合

  • 口内炎
  • 声の枯れ
  • 口腔内カンジタ症
  • 点鼻薬の場合

    • クシャミ
    • 鼻血

    5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

    注意点

    ステロイド薬ですので、使用方法は必ず医者の指示に従いましょう。

    長い期間に続けて使用する場合は、子どもの成長遅延、副腎皮質機能抑制、骨粗しょう症などに注意が必要です。

    病院で定期的に検査を受けるようにしてください。

    用法・用量

    吸入薬の場合は、1回50㎍を1日2回です。

    点鼻薬の場合は、1回各鼻腔に1噴霧を1日2回です。

    軟膏の場合は、症状によって量、回数、使用期間が異なります。

    必ず医者の指示に従って、使用してください。