スプラタスト(アイピーディ)の効果と子どもに使う時の注意点

1. スプラタスト(アイピーディ)とは?

スプラタストは抗アレルギー薬の一つで、Th2サイトカイン阻害薬という種類です。

アレルギーが起こる原因は、免疫細胞が大きく関わっています。

ウイルスや細菌が体の中に侵入すると、免疫細胞は鼻水やクシャミで追い出そうとします。

しかし免疫細胞が無害な物質にまで過剰に反応すると、炎症を引き起こす物質も放出されます。

これがアレルギー症状です。

過剰反応してしまう細胞の中でも、特にTh2細胞(リンパ球)を抑えることで、アレルギー症状を鎮めることができます。

スプラタストはアレルギーが原因のクシャミ、鼻づまり、鼻水に有効です。

アトピー性皮膚炎によるかゆみを減らす効果も期待できます。

症状の軽い喘息にも処方されますが、効果が弱いので他の喘息薬と一緒に使用します。

2. スプラタストが配合されている薬

スプラタストというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

ドライシロップ

  • アイピーディドライシロップ

3. 子どもに対する安全性

小児に対する安全性が確立されています。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はほとんどありません。

初期症状として多いのは、吐き気、胃痛、発疹、かゆみ、眠気、だるい、頭痛などです。

5. 子どもに使用する上での注意点・用法・用量

注意点

症状により内服量が異なります。

医師の指示通りに使用しましょう。

長く飲み続けるときは、肝機能検査を定期的に受けましょう。

喘息の場合は効果が出るまでに1カ月以上かかることがあります。

また予防薬なので、発作そのものを止める効果はありません。

花粉症の場合は、花粉が飛ぶ前から服用をすると予防になります。

用量

1日あたりの投与できる量は、体重1kgにつき6mgです。

体重10kgの赤ちゃんであれば、60mgです。

ドライシロップの場合の1日量

3才以上5才未満は、1.5gです。

5才以上11未満は、3.0gです。

11才以上は、4.0gです。

どちらも1日2回に分けて服用します。