母乳育児で授乳しても痩せないのはなぜ?痩せない人もいるの?

1. 産後に痩せない理由

産後に体重が減らない原因

出産すれば体重が減ると思っていたのに、なかなか痩せないと辛いですよね。

産後になかなか体重が減らない場合、以下のような原因が考えられます。

骨盤が歪んでいる

出産すると、骨盤周辺の筋肉が緩んで、大きく広がってしまいます。

骨盤が正しい位置に戻らないままだと、血行が悪くなります。

血行が悪くなり、脂肪燃焼がうまくいかなくなると、痩せにくい体質になってしまうのです。

締め付けないのに引き締めてやせられる!?先輩ママおすすめのトピナガードルとは?

筋肉量が低下している

安定期に入れば、妊娠中でもある程度は動くことができるようになります。

ですが、普段よりも安静にしなければならないことが多いので、産後に筋肉量が落ちていることも少なくありません。

筋肉量が低下すると、基礎代謝が下がって、痩せにくい体質になります。

ホルモンバランスが乱れている

産後は、妊娠中に増えていた女性ホルモンの分泌が、急激に減少します。

その代わり、母乳の分泌を促進するホルモンの分泌量がとても増えます。

ホルモンバランスが乱れると、自律神経が乱れるようになって、痩せにくい体になります。

授乳中のママ必見!母乳が出なくて悩むママをサポートするサプリとは?

2. 母乳育児をすれば痩せるって本当?

母乳育児で痩せる理由

すべての人がそうであるわけではありませんが、母乳育児をしている人は体重が減りやすいです。

母乳というのは、ママの体に入ってきた栄養を元に、血液から作られています。

母乳をあげるというのは、自分の栄養を外に出すということなのです。

そのため、母乳育児をすると、産後に体重が減りやすくなります。

3. 母乳育児しているのに痩せないのはどうして?

食生活が原因かも

母乳育児を毎日しているのに、体重がぜんぜん減らないという人もいます。

その場合に考えられるのが、消費カロリーよりも、摂取カロリーが多いということです。

母乳をあげていると大丈夫、と安心して食べすぎてしまっていないですか?

母乳育児をしているからといって、何でも食べていいというわけではありません。

母乳があまり出ていない可能性も

そこまで食べていないのに、体重が減らないという場合、母乳があまり出ていない可能性があります。

赤ちゃんの体重があまり増えていない場合は、母乳があまり出ていないということが考えられます。

医師に、母乳がきちんと出ているか相談するようにしてください。

赤ちゃんの体重が、月齢通りに増えているかも、相談するようにしてみてください。

4. 母乳育児をしているのに痩せないときの対処法

母乳育児以外にも方法はある

母乳育児だけが、産後ダイエットの方法ではありません。

産後ダイエットの方法は、以下の通りいろいろとあります。

自分のスタイルに合うものをみつけて、始めてみるようにしてください。

骨盤矯正をする

骨盤の歪みも、血行を悪くして痩せにくい体を作る原因になります。

骨盤矯正をして、骨盤を正しい位置に戻すことで、痩せやすい体を作ることができます。

骨盤矯正は、痩せやすい体を作る基本なのです。

母乳育児に加えて、骨盤ベルトやガードルを着用して、骨盤を正しい位置に矯正しましょう。

着用するだけで、簡単に始めることができるのでおすすめです。

締め付けないのに引き締めてやせられる!?先輩ママおすすめのトピナガードルとは?

産褥体操をする

産褥体操は、産後の体の回復を目的にしている体操です。

出産した翌日から、始めることができるといわれている体操になります。

とても簡単な体操ですが、産褥体操をすることで、筋肉をつけることができます。

それだけでなく、子宮収縮、悪露の排泄などの効果も期待することができますよ。

5. 母乳育児で痩せなくても焦らないで

痩せることよりも健康が1番

母乳育児をしているのに、思うように痩せないと、「どうして…」と不安になると思います。

しかし、産後に痩せないからといって、無理なダイエットをするのはNGです。

無理にダイエットをすると、ママの体に悪影響なのはもちろん、母乳の質も悪くなります。

赤ちゃんにまで、悪影響を与えてしまうことになるわけです。

1番大切なことは、痩せることよりも、ママが健康に暮らすということです。

毎日3食、バランスのいい食事をたべて、赤ちゃんにこまめに母乳をあげるようにしてくださいね。

授乳中のママ必見!母乳が出なくて悩むママをサポートするサプリとは?