先輩ママが教える産後の骨盤矯正に効果的な運動まとめ

1. 骨盤矯正に効果的な運動が必要なわけ

骨盤矯正することで、体型を戻せる

妊娠中は、赤ちゃんが産道を通ることができるように、骨盤が広がります。

出産すると、骨盤は元通りになろうとしますが、何もせずに完全にもとに戻るのは難しいです。

曲がった状態だと、正しい位置に戻らないので、骨盤を支えるためにお腹のまわりに脂肪がつくようになります。

そうすると、体重が妊娠前の状態に戻っても、お腹まわりの肉はとれません。

これが、産後に体型が崩れる大きな原因です。

体型を戻すためにも、骨盤矯正が必要になります。

歪んだ骨盤がもとに戻りやすい時期に、骨盤を正しい位置に戻しましょう。

そうすることで、妊娠前の体型に戻すことができます。

2. 産後の骨盤矯正って?

骨盤矯正しないといろいろな症状がでてくる

骨盤が元の位置に戻らないままの状態が長く続くと、骨盤まわりの血行が悪くなります。

血行が悪くなると、脂肪の燃焼が悪くなって、痩せにくい体になってしまいます。

そのほかにも、肩こり、腰痛、むくみ、冷えなどいろいろな症状がでるようになります。

骨盤をきちんとした位置に戻すことができれば、内臓も正常な位置で機能します。

そうすると、自然に基礎代謝が上がって、痩せやすい体になります。

骨盤矯正をするだけで、すぐに数キロ痩せたという人も、少なくありません。

3. 骨盤矯正に効果的な運動

簡単にできる骨盤矯正運動

骨盤矯正運動というと、難しそう…と思う人も多いかもしれません。

運動といっても、簡単におこなうことができるものがたくさんあります。

手軽にできる骨盤矯正運動を、いくつか紹介したいと思います。

骨盤体操

  • 太ももの上にある骨盤の出っ張りを探す
  • まっすぐに立って、骨盤を右方向に押し込む
  • 同じように、骨盤を左方向に押し込む

骨盤回し運動

  • 両足を肩幅ほどに開いて立つ
  • 両足先の向きをまっすぐ揃える
  • 両手を腰に当てて、フラフープをまわるように、腰を水平にゆっくりまわす
  • 左に30回、右に30回ほどまわす

フリフリ体操

  • うつ伏せに寝る
  • 左右にお尻をフリフリする
  • その動きを1~3分ほど続ける
  • お尻を全体的に軽くぽんぽんと1分ほどたたく
  • その後、再び左右にお尻をフリフリする

お尻歩き体操

  • 足を伸ばして床に座る
  • 手を胸の位置で交差させる
  • そのまま、お尻を交互に前にだして進む
  • 10歩進んだら、10歩下がる
  • この動きを、3~5分ほどつづける

このような動きをセットにして1日1回でも行うと、効果があります。

4. 骨盤矯正に効く運動は継続して行おう

骨盤矯正運動はこつこつ行うことが大切

骨盤矯正は、産後6ヶ月までに行うといいといわれています。

骨盤体操などは、出産した翌日からでも行うことができます。

無理のない範囲で、早い時期から始めるようにするといいでしょう。

骨盤運動は、目に見えて劇的な効果があるわけではありません。

なかなか効果がでない…と思うかもしれませんが、毎日行っていれば、必ず効果はでてきます。

継続して行うことで、少しずつ体が引き締まってきます。

焦らずに、毎日こつこつと行うようにしてください。

骨盤矯正に効果的なグッズを使用して、楽しみながら続けてみてください。