アゼラスチン(アゼプチン)の効果と子どもに使う時の注意点

1. アゼラスチン(アゼプチン)とは?

アゼラスチンは抗ヒスタミン薬の一つです。

アレルギーを発症する原因には、ヒスタミンという体内物質が関わっています。

ヒスタミンは神経受容体と結合します。

この結合による刺激が、いろいろなアレルギー症状を引き起こします。

アゼラスチンはヒスタミンと神経受容体が結合するのをブロックすることで、アレルギー症状を緩和します。

花粉症などによる、アレルギー性鼻炎、じんましんや軽い気管支喘息などに有効です。

症状を緩和させる対症療法薬なので、アレルギーの原因そのものを治す効果はありません。

2. アゼラスチンが配合されている薬

アゼラスチンというのは一般名(成分名)です。

薬の形態や製薬会社によって、商品名は異なります。

顆粒

アゼプチン顆粒

錠剤

アゼプチン錠

アゼラスチン塩酸塩錠

3. 子どもに対する安全性

乳幼児への安全性は未確立ですが、医師が必要と判断した場合は処方されることがあります。

4. 副作用はあるの?

重い副作用はほとんどありません。

副作用として比較的多いのは、眠気、だるさ、口の渇き、吐き気などです。

5. 子どもに使用する上での注意点

注意点

アゼラスチンは乳幼児への安全性が未確立となっており、処方されることはありません。

ただし、ほかの薬で効果が出なかった時などに、医者が必要と判断した時のみ月齢、症状、適切な量を考慮しながら処方されます。

その際に医者は副作用についてきちんと説明し、副作用が出たらすぐに相談するか中断するように指示をします。

そのため、医者の話をいつも以上にしっかり聞いて、指示を守ることが大切です。

眠気が出やすい

抗ヒスタミン薬の中でも、開発がやや古い第2世代です。

第2世代の特徴は、第1世代よりも副作用が軽減されていますが、脳に直接作用するので、鎮静作用は強めです。

人により、強い眠気が出ることがあります。

眠気がなくても、集中力や注意力が低下することがあります。

集中力がない、眠いなどの症状が出ることがあるので、学校や保育園などに薬を内服していることを伝えると安心です。

用法・用量

症状や年齢により、用法容量が異なります。

必ず医者の指示通りに内服をしましょう。