産後に伸びた皮は元に戻る?お腹のたるみを引き締める方法は?

1. 産後にお腹の皮が伸びるのはどうして?

産後にお腹び皮が伸びる原因

産後にお腹の皮が伸びてしまう1番の原因は、皮膚のたるみであるといえます。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんが成長するごとに、皮膚の筋肉が伸びます。

出産して赤ちゃんがいなくなると、伸びたお腹の皮膚が急にしぼむため、余った皮膚がたるむことになります。

それだけでなく、出産で骨盤が開くと筋肉量が少なくなります。

筋肉量が少なくなると、内臓が下がるのでお腹周りの皮がたるんで伸びてしまいます。

2. 産後のお腹のたるみっていつから引き締めていいの?

産後1ヶ月以降から始めよう

産後のお腹のたるみや皮を引き締めるのであれば、産後2~6ヶ月の間に始めるのが1番いいとされています。

産後1ヶ月未満は、出産で弱った体を癒さなければならないときなので、無理をするのはよくありません。

この時期は、運動を控えて骨盤矯正ベルトなどで、無理のない程度にケアするようにしましょう。

産後1ヶ月たてば、体調もだいぶ安定してくるようになります。

1ヶ月健診で問題がないといわれたら、お腹のたるみ対策を行うようにしましょう。

骨盤は、産後6ヶ月までゆるい状態なので、この時期までに引き締めるようにすると1番いいです。

締め付けないのに引き締めてやせられる!?先輩ママおすすめのトピナガードルとは?

3. 産後のお腹のたるみを引き締める方法

お腹のたるみの解消方法

お腹のたるみを解消するためには、骨盤を正しい位置に矯正することが大切です。

1番簡単な方法は、骨盤ベルトやガードルの使用です。

ベルトやガードルなら、産後1ヶ月頃から無理なく骨盤を引き締めることができます。

産褥体操も、お腹の引き締めるのに効果的です。

激しい体操ではなく、寝転んだ状態で腹式呼吸をする、というような簡単な動きをするようにしてください。

少しずつ負荷を増やしていくのが効果的なので、ぜひ行ってみてくださいね。

筋肉をつける

産後2ヶ月を過ぎたあたりから、お腹周りに筋肉をつけるような運動も行いましょう。

筋肉をつけると、骨盤の位置がもとに戻って、お腹のたるみや皮を改善することができます。

バランスのいい食事を食べる

赤ちゃんに母乳をあげているときは、赤ちゃんに栄養がいきます。

赤ちゃんのためにも、バランスのとれた食事をとるようにしてください。

お腹のたるみが気になるからといって、食事制限をする必要はありません。

栄養が足りないと、母乳の質が悪くなったり、出にくくなったりすることがあります。

お腹のたるみが気になるからって、食事制限をすると、栄養不足で回復が送れ、かえって逆効果になります。

和食を中心に、バランスのいい食事を食べることが、お腹を引き締める近道になりますよ。

4. 産後のお腹のたるみはゆっくり元に戻そう

焦らず伸びた皮を元に戻そう

妊娠前の体型に戻りたい、細いウエストになりたいと思うのは当然ですよね。

産後お腹がへこむと思っていたら、皮が伸びている…たるんでいる…と落ち込むママも多いです。

すぐにでもケアを始めて、きれいなボディラインを取り戻したいと思う人も多いでしょう。

確かに、骨盤矯正や運動をすることで、お腹を引き締めることは大切です。

しかし、産後6ヶ月までは、体型を元に戻すのに最適な時期です。

育児も大変だと思うので、無理をしない程度に焦らずお腹のたるみを戻していきましょう。

締め付けないのに引き締めてやせられる!?先輩ママおすすめのトピナガードルとは?