産後の骨盤矯正とは?どうやってやるの?実施時期や効果は?

1. 産後の骨盤矯正って?

骨盤矯正とは

出産をすると、骨盤が開いて緩んでしまいます。

その緩んでしまった骨盤を、骨盤矯正といいます。

出産したことで、出てしまった下腹やダイエットをするために役立つのが、骨盤矯正です。

骨盤矯正には、ガードル、体操、整体などいろいろな方法があります。

骨盤矯正の効果

骨盤矯正を行うことによって、骨盤を正しい位置に戻すことができるようになります。

骨盤矯正と産後ダイエットをきちんと行えば、痩せるだけでなくスタイルがよくなります。

それだけでなく、骨盤が正しい位置に戻ることで、内蔵も正常な位置で機能します。

内臓が正しく機能すると、栄養の吸収がよくなって、基礎代謝があがります。

基礎代謝があがれば、自然と痩せやすい体になり、効率よく痩せることができるようになります。

2. 産後に骨盤矯正しないとどうなる?

産後に骨盤がもどらないとどうなるの?

骨盤が妊娠前の正しい位置に戻らないと、骨盤周りの血流が悪くなります。

血流が滞ると、脂肪燃焼がうまくいかなくなるので、どうしても太りやすくなってしまいます。

子供を産んだのに、下腹が出てへこまないのは、このためであることが多いです。

そのほか、むくみ、肩こり、腰痛、冷え性などいろいろなトラブルが起こるようになります。

3. 産後の骨盤矯正の実地期間は?

産後の骨盤矯正はいつから?

産後の骨盤矯正は、産後2~6ヶ月までに行うといいといわれています。

産後の女性の体は、柔らかいので骨盤矯正にはとてもいい機会です。

しかし、産後1ヶ月はまだ悪露が出たりするので、体を動かすことはおすすめできません。

早い段階で骨盤矯正をすると、悪露が体に残ってしまうことがあるので、できれば産後2ヶ月目頃から始めてください。

産後の肩こりや腰痛があまりにひどい場合は、整体院で相談すると、骨盤矯正してもらえることがあります。

4. 産後の骨盤矯正の方法

産後の骨盤矯正の方法はさまざま

骨盤矯正にも、いろいろな方法があります。

自分に合う方法で行うのが1番ですが、最初の頃は骨盤ベルトなどで始めることをおすすめします。

どんな方法があるのか紹介するので、参考にしてみてください。

骨盤ベルトで引き締める

骨盤ベルトを使用すると、お腹のお肉や内臓を正しい位置に戻すサポートしてくれます。

1番最初に行う骨盤矯正として、最適な方法です。

あまり早い段階できつく締めると、骨盤に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

産後の時期に適切なものを選ぶことが大切ですが、育児をしながら簡単につけることができます。

骨盤体操をする

骨盤体操をすることによって、骨盤を正しい位置に戻してダイエットを行うことができます。

骨盤を元の位置に戻す体操やスクワットを行うことで、理想のスタイルを取り戻せます。

産後の週数に合わせて、無理のない範囲で行うようにしてください。

整体やマッサージを受ける

整体やマッサージは、プロの人の手を借りて骨盤ケアしたい方におすすめの方法です。

産後1ヶ月の健診で問題がないといわれれば、整体での骨盤矯正を始めることができます。

最近は、託児所がある整体院も増えているので、気になる人は相談してみましょう。

5. 産後は骨盤矯正をしっかり行おう

骨盤が閉じる前に矯正を

産後6ヶ月を過ぎると、骨盤が閉じた状態になってしまいます。

骨盤は1度閉じると、再び矯正することはとても難しいです。

そうなってしまう前に、骨盤矯正は行っておくことが理想的です。

産後に骨盤矯正を行っておけば、何十年後に出てくる腰痛などを防ぐことができる可能性もあります。

今だけでなく、先のことも考えた上で、骨盤が閉じる前に骨盤矯正を行ってくださいね。

締め付けないのに引き締めてやせられる!?先輩ママおすすめのトピナガードルとは?