先輩ママがおすすめする産後ママに人気の骨盤ベルト5選!

1. 骨盤ベルトの役割

骨盤ベルトが人気の理由

出産するときに、骨盤というのは開いてしまいます。

そこで役立つのが「骨盤ベルト」です。

骨盤ベルトをつけることによって、骨盤の位置が安定して、出産前の正しい場所に戻りやすくなります。

それだけでなく、出産したことによって出てしまったお腹をへこますなど、体の悩みも解決してくれます。

産後は育児で忙しい上に、無理に体を動かすことができません。

そんなときに、つけるだけで効果がある産後ベルトはとても便利です。

2. 骨盤ベルトの巻き方

きつく巻くのはNG

骨盤ベルトは、きつく巻くほど効果が出ると思っている人が多いですが、そんなことはありません。

きつく巻きすぎると、血流が止まってむくみを引き起こしたりしてしまいます。

座っても苦しいと思わない程度に締めるぐらいにしましょう。

体を動かすとずれてきやすいので、家事をしている最中などは、ずれていないか確認するようにしてください。

3. 骨盤ベルトの選び方

骨盤ベルトにもいろいろな種類があるので、どのようにして選べばいいのか知っておきましょう。

サイズ

まず、腰骨周囲をメジャーで計測するようにしてください。

自分自身のサイズを知った上で、自分に合う骨盤ベルトを選ぶようにしましょう。

妊娠中の体重増加が8kg以下であれば、妊娠前のサイズがいいといわれています。

妊娠中の体重増加が8kg以上の方はひとつ大きいサイズを選ぶようにしてください。

そうすれば、産後すぐに骨盤ベルトを使用することができます。

収縮性のある骨盤ベルトを選べば、サイズ調整が簡単にできるので、体型が変わっても使い続けることができますよ。

素材

骨盤ベルトは、常に身につけることで効果が出るようになります。

ずっとつけていて、疲れるようなものでは意味がありません。

身につけているときに、違和感のない素材のものを選ぶようにしましょう。

柔らかすぎる骨盤矯正ベルトは、肌にフィットしてくれますが、矯正力が弱いということもあります。

ただ、固いベルトだと、動きにくいということがありますので、自分にフィットする骨盤ベルトを見つけてください。

4. おすすめの骨盤ベルト5選

ワコール 産後骨盤ベルト

大手女性下着メーカーのワコールと、日本助産師会が共同で開発した骨盤ベルトになります。

ヒップの丸みに沿った立体設計で、快適なつけ心地だと、とても評判の商品です。

伸度の違う二重のベルトがあるので、強度の調節がしやすいというのも魅力の1つです。

柔らかい素材でありながら、しっかり締めつけてくれます。

苦しくない程度にしっかり引き締めたいという人に、とくにおすすめの商品です。

産前・産後 トコちゃんベルトII

トコちゃんベルト2は、産後だけでなく妊娠中から使用することができる骨盤ベルトです。

骨盤を前から後ろにしっかり支えて固定してくれるので、安心して使用することができます。

医学的な根拠に基づいて設計されているので、この骨盤ベルトを推奨している産院も多いです。

産後すぐからの着用も可能で、口コミでも非常に人気の高い商品になります。

犬印本舗 産後骨盤ケアベルト

犬印本舗は、マタニティウェアのトップブランドともいえます。

そんな犬印本舗が発売している骨盤ベルトは、産後すぐから使用することができます。

サイドについているテープで、締めつけ具合を調整することができます。

微調整によって、自分の体に合う締めつけを維持することができます。

動いても、座ってもずれにくいようにできているので、骨盤をつけていても快適にすごすことが可能です。

コナミスポーツクラブ 産前産後骨盤ベルト パワフルギアF

こちらの骨盤ベルトも、産後だけでなく産前から使用することができます。

そのため、妊娠中から持っておくととても便利ですよ。

軽い力でも締まるように作られているので、簡単に締めつけることができます。

装着後のズレを防ぐ「ズレ防止加工」や、はがれを防ぐファスナーが使われていたり、こだわりがいっぱいの骨盤ベルトです。

アイマーク トピナガードル

「なぜガードルはナイロン製の、苦しいものばかりなのだろう?」 ー トピナガードルはそんな疑問から開発されたガードルです。

これまでガードルは「締め付けて補正する」というものでしたが、トピナガードルは「代謝を上げて痩せる」ことに重きをおいて作られています。

体を温める繊維によって体幹を温めて代謝を高めます。また、伸縮性の高い素材で筋肉の動きをサポートする程度に引き締めることで、代謝を高めます。

快適に痩せられると評判で、ママの口コミで広がっているガードルです。

締め付けないのに引き締めてやせられる!?先輩ママおすすめのトピナガードルとは?