妊娠後期に入ってから足の付け根が痛い・・・原因と対処法は?

1. 妊娠後期に足の付け根が痛くなる人は多い

妊娠後期になると、足の付け根が痛くなることがあります。

お腹が張ったり、腰痛がでてくるのはよくありますが、足の付け根が痛くなるのは一見妊娠には関係ないように思います。

しかし、妊娠後期に足の付け根が痛くなる妊婦さんは意外と多いものなのです。

ひどい場合は、痛みで中々眠れないという人もいます。

そこで今回は、妊娠後期に足の付け根が痛くなる原因や対策についてまとめました。

2. 妊娠後期の足の付け根の痛み、原因は?

妊娠後期に関わらず、妊娠中は足の付け根に痛みが現れやすくなります。

足の付け根の痛みの症状は?

  • 足の付け根がチクチク痛む
  • 足の付け根が引っ張られるような感じがする
  • 股関節が痛い
  • 足の付け根の痛みによって、足がだるくなる

妊娠中にこれらの症状があらわれた場合は、基本的に妊娠によるものだと考えてOKです。

足の付け根が痛くなる原因は?

妊娠後期に足の付け根が痛くなる原因は、主に2つあります。

  • ホルモンの影響で靭帯がゆるむ
  • 子宮の重みによるもの

ホルモンの影響で靭帯がゆるむ

妊娠後期になると、出産にそなえてからだにさまざまな変化が起こります。

リラキシンが靭帯をゆるめる

出産が近づくにつれ、子宮や骨盤周りの靭帯がゆるんできます。

妊娠後期になると「リラキシン」と呼ばれるホルモンの分泌量が増えて、靭帯をゆるめます。

骨盤のゆるみから足の付け根が痛くなることも

リラキシンが分泌されてゆるむ箇所は、靭帯だけではありません。

赤ちゃんは骨盤の間にある産道を通って生まれます。

お産がスムーズに進むよう、妊娠中から骨盤をゆるめておく必要があるのです。

足の付け根が痛くなる原因は、骨盤がゆるむことで起こることもあります。

靭帯や骨盤をゆるめると、足の付け根が痛くなるのはなぜ?

靭帯がゆるむということは、内臓などを支える力が弱まってしまいます。

これにより、骨や筋肉に内臓などの重みが直接かかってきます。

特に、からだを支える役目がある、骨盤中央の恥骨結合部や股関節への負担が大きくなります。

これらの部分に大きな負担がかかってしまうことで、足の付け根が痛くなるのです。

子宮や胎児の重みで圧迫される

妊娠後期は胎児や子宮が大きくなる

妊娠後期に入ると、胎児は急激に大きくなります。

それに伴い、子宮もどんどん大きくなり、羊水量もいちばん多くなります。

大きくなった子宮は、ほかの臓器を圧迫するようになります。

すると、その周辺にある筋肉や関節への負担も大きくなるのです。

妊娠後期は筋肉や関節に大きな負担がかかる

リラキシンの影響でゆるんだ恥骨結合部や股関節は、胎児や子宮の重みでぐっと圧迫されます。

お腹がもっとも大きくなる妊娠後期は、出産も近いため靭帯ももっともゆるみます。

これにより、足の付け根の痛みが激しくなることがあります。

それまで足の付け根の痛みがなかった場合も、出産が近づくにつれて痛みを感じるようになるのです。

3. 妊娠後期の足の付け根の痛み、対策は?

「妊娠後期で赤ちゃんや子宮も重くなるから、多少の痛みは仕方がない」と思う妊婦さんも多いものです。

しかし、足の付け根の痛みがひどくなると、寝返りをうつこともできなくなってしまいます。

痛みが軽いうちに、早めの対処をすることが大切です。

骨盤を支える

靭帯がゆるんで骨盤が開いてくると、骨盤周りの筋肉への負荷が大きくなります。

そこで、骨盤ベルトや腹帯、さらしなどを使って骨盤を支えることで負荷を軽くし、足の付け根の痛みをおさえることができます。

    骨盤を支えるものはどんなアイテムがある?

  • トコちゃんベルト2
  • 市販の骨盤ベルト
  • 腹帯
  • さらし

さまざまなアイテムがありますが、骨盤を支える位置はどれも同じです。

骨盤を支える位置は?

まずおへそからまっすぐ下に指を降ろすと触れる「恥骨」をさがします。

次に「大転子」を探しましょう。

恥骨から外側に指をたどると外側に出っ張った骨があります。

これが大転子です。

ベルトはこの「恥骨」と「大転子」のラインで巻きます。

骨盤を支えるベルトの巻き方は?

あおむけになり、先ほどの恥骨と大転子の位置にベルトを巻きます。

お尻を上に上げ、キュッと力を入れてベルトを巻きましょう。

ベルトの強さは、ベルトの下に手を入れたとき、手の平一枚入るぐらいです。

ベルトを巻いて「気持ちいい」「楽」を感じる場合は、正しい位置で骨盤をサポートできています。

サポートする位置が分かりにくい場合は、助産師に相談しましょう。

姿勢に注意する

恥骨や股関節への負担を減らすには、普段の姿勢や歩き方に注意しましょう。

姿勢が悪くなると、ゆるんだ骨盤の位置がずれてしまい、足の付け根が痛くなることがあります。

  • 片足に重心をかけない
  • 座ったときに足を組まない
  • 横座りをしない

これらのことに気をつけて生活しましょう。

軽い運動をする

妊娠後期は動くのが辛いときもありますが、できるだけ体を動かすようにしましょう。

体を動かす機会が減ると、筋肉が弱まって痛みがさらに増すことがあります。

マタニティスイミングやマタニティヨガ、ストレッチや軽いウォーキングなどがおススメです。

お産にそなえて、しっかりと体力をつけておきましょう。

近所の産婦人科の病院の
口コミを見る・書く