妊娠8ヶ月目!体重増加の適切な範囲は?腹痛や出血に要注意?

1. 妊娠8か月目は何週頃になるの?

妊娠8か月目は、妊娠週数でいうと妊娠28~31週目にあたります。

妊娠8か月目から、妊娠後期に入ります。

大きくなった子宮が胃や心臓などの内臓を圧迫し、少しの動作で動悸や息切れが起こりやすくなります。

胎児のからだはほぼできあがり、万が一早産してしまった場合でも助かる可能性が大きくなります。

急激な体重増加に注意する時期でもあります。

今回は、妊娠8か月目の症状や気をつけることなどをまとめました。

2. 妊娠8か月目の様子は?

出産が近づくにつれて、生理的なお腹の張りが多くなり始める時期です。

妊婦健診は2週間に1回のペースでおこなわれます。

この時期の妊婦健診では血液検査をおこない、貧血の有無などを調べます。

胎児は骨格や筋肉が発達し、見た目は新生児とほぼ同じになります。

胎児や母体の様子を、妊娠週数ごとにみていきましょう。

妊娠28週

五感が発達する

胎児の大きさは390~410mm、体重は1,000gを超えます。

呼吸や体温調節をする力が徐々に身についてきます。

五感が大幅に発達する時期でもあり、羊水の中でさまざまな光や音、においに反応しています。

胃もたれや胸やけの症状がでる人も

子宮底長は24cm以上になります。

大きくなった子宮が、胃を圧迫するため、胃もたれや胸焼けなどが起こりやすくなります。

この症状がひどい場合を「後期つわり」と呼ぶことがあります。

妊娠29週

目が発達する

胎児の大きさは400~420mm、体重は1,100gほどに成長します。

感情や記憶をつかさどる部分が発達します。

また、まぶたの筋肉が発達するため、目を開けたり閉じたりできるようになります。

羊水の量がもっとも多い時期

妊娠期間中で羊水量がもっとも多い時期です。

お腹が張りやすくなったり、むくみやすくなったりといったマイナートラブルが多くみられます。

妊娠30週

脂肪がどんどんつく

胎児の大きさは400~430mm、体重は1,300gほどに成長します。

体内の臓器はほとんどできあがっており、体外でも生きていけるように脂肪がどんどんついていきます。

胎動が少し減ることも

胎児がかなり大きくなり、動けるスペースがなくなるので胎動の回数が少し減ります。

少しの動作で、動悸や息切れが起こりやすくなります。

妊娠31週

新生児とほぼ同じ見た目になる

胎児の大きさは420~440mm、体重は1,500gほどに成長します。

見た目は新生児とほとんど変わりません。

臓器がほぼ完成しているので、もし早産で生まれても障害が残る可能性はぐっと減少します。

腰痛に要注意

子宮がかなり大きくなり、横隔膜を圧迫するため動悸や息切れが起こりやすい時期です。

お腹が前にせり出すと、腰に負担がかかりやすくなるため、腰痛も起こりやすくなります。

さまざまなマイナートラブルに悩まされる妊婦さんが多いでしょう。

3. 体重増加の目安は?後期つわりは誰でも起こる?

妊娠8か月目は、胎児が脂肪を付け始める時期なので、糖分がほしくなる妊婦さんが増えます。

しかし、大きくなった子宮に胃が圧迫されることで起こる「後期つわり」に悩まされる妊婦さんもいます。

妊娠8か月目の体重増加の目安は?

食べなければいけない量が増える

妊娠8か月目に入ると、妊娠後期になります。

妊娠後期は胎児がより大きくなる時期なので、母体がとるべき栄養量が増えます。

妊娠後期の摂取カロリー目安は、妊娠前の+450kcalほどとかなり多めです。

栄養バランスをよく考えて食べよう

必要な摂取カロリーが多くなるとはいえ、食欲にまかせて食べるのは急激な体重増加につながります。

母体に余計な脂肪がつく原因にもなり、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクを上げることがあります。

甘いものや炭水化物の過剰摂取は避けましょう。

ビタミンやたんぱく質などを意識してしっかり摂りましょう。

妊娠8か月目の体重増加の目安は?

体重増加の目安は、1ヶ月で1~1.5キログラムほどです。

これ以上増えた場合は、食生活を見直しましょう。

後期つわりは誰でも起こる?

後期つわりに悩まされる人もいれば、胃が圧迫されていることをあまり感じない人もいます。

後期つわりが起こると大変辛いですが、胎児のためにもできるだけしっかり食べるようにしましょう。

少しずつよく噛んで食べたり、胃に負担が少ない食べ物を食べるのもいいでしょう。

4. 妊娠8か月目、気をつけることとは?

妊娠8か月目に気をつけることをあげてみましょう。

腹痛や出血に注意

生理的なお腹の張りの場合、10~30分ほど安静にしていればおさまります。

しかし、1時間以上安静にしてもおさまらない場合は注意が必要です。

また、お腹の張りに加え、出血がみられたら急いで病院を受診しましょう。

胎盤が下の方にあることで出血しやすくなる「前置胎盤」や、出産後でもないのに胎盤がはがれる「常位胎盤早期剥離」の可能性もあります。

マイナートラブルは早めに対処する

妊娠8か月目は、胎児が急に大きくなる時期です。

また、羊水の量がもっとも多くなるため、母体にはさまざまなマイナートラブルがあらわれやすくなります。

  • 便秘、痔
  • 腰痛
  • むくみ
  • こむら返り
  • 静脈瘤
  • 動悸、息切れ

これらのマイナートラブルがみられたら、できるだけ早めに対処しましょう。

症状がひどい場合は、医師や助産師に相談しましょう。

近所の産婦人科の病院の
口コミを見る・書く