妊娠中に刺身や寿司を食べても大丈夫?生魚や貝には気をつけるべき?

1. 妊娠中に刺身・寿司に注意すべき理由

新鮮な魚介類を使った刺身や寿司は、日本が世界に誇るべき食文化のひとつです。

ただし、妊娠中に食べるときは少し注意が必要です。

食中毒

生の魚介類には、食中毒を引き起こす病原体がいる場合があります。

生魚によくいるおもな病原体は、以下のとおりです。

  • ノロウイルス
  • サルモネラ菌
  • 腸炎ビブリオ
  • 黄色ブドウ球菌
  • リステリア菌

妊娠中は抵抗力が落ちているので、通常時より食中毒にかかりやすくなります。

食中毒が胎児に与える影響

食中毒の多くは、激しい下痢をともないます。

妊娠中に激しい下痢になると、子宮収縮が起きて流産・早産につながるおそれがあります。

また、リステリア菌は新生児髄膜炎・新生児敗血症などの原因になることがあります。

寄生虫

生のサバ・サケ・イクラ・イカなどには、アニサキスという寄生虫がいることがあります。

アニサキスに感染すると、強い腹痛や嘔吐が起こります。

妊娠中にアニサキスに感染すると、胎児の先天的奇形(水頭症・大頭症など)のリスクが上がります。

大型魚

マグロやカジキなどの大型魚には、多くの水銀が含まれていることがあります。

妊娠中に多量の水銀を摂ると、まれに胎児が難聴になることがあります。

2. 妊娠中におすすめのネタ

妊娠中に刺身・寿司を食べるときは、以下のネタがおすすめです。

  • キハダマグロ
  • ビンナガマグロ
  • メジマグロ
  • 小~中型の白身魚(ヒラメなど)
  • 小~中型の青魚類(イワシ、サンマ、カツオなど)
  • 加熱済みのもの(ボイルエビ、アナゴなど)
  • 魚介類以外のもの(玉子、かっぱ巻きなど)

ここでご紹介した魚介類には、高濃度の水銀が含まれることはあまりありません。

また、青魚類には胎児の脳の発達を助けるDHAが多く含まれています。

貝類は避けるべき?

食中毒を起こしやすい貝として有名なのは、生のカキですね。

しかし、カキに限らず生の貝には食中毒を引き起こす病原体がたくさんいる場合があります。

妊娠中は、生の貝や加熱が不十分な貝を食べることは極力避けましょう。

加熱調理した貝類ならOK

しっかり加熱処理された貝類なら、安心して食べることができます。

特にアサリ・シジミは貧血予防に役立つので、妊娠中は積極的に食べたいですね。

大型魚を食べるときは…

水銀の摂りすぎを防ぐため、妊娠中に大型魚を食べるときは摂取基準を守りましょう。

特定の大型魚を毎日食べる人は少ないので、1週間単位で摂取基準が設けられています。

80g×週1回以下

以下の魚を食べるときは、1食あたり80g×1週間に1回以下の頻度に抑えましょう。

  • メカジキ
  • キンメダイ
  • クロマグロ
  • メバチマグロ

80g×週2回以下

以下の魚を食べるときは、1食あたり80g×1週間に2回以下の頻度に抑えましょう。

  • キダイ
  • クロムツ
  • マカジキ
  • ミナミマグロ

お寿司なら何貫くらい?

お店ごとに差がありますが、寿司1貫分のネタの重さは15g前後になります。

1食につき、4~5貫以下にとどめておくと安心です。

ツナ缶は大丈夫?

一般的なツナ缶には、キハダマグロやビンマナガマグロの肉が使用されています。

これらのマグロに含まれる水銀濃度は低く、またカツオなどを混ぜて作られることも多いです。

そのため、ツナ缶を食べるときに水銀を心配する必要はほとんどありません。

ツナ缶には良質なタンパク質が豊富に含まれているので、むしろ積極的に摂りたいですね。

3. シャリの糖質にも注意

寿司を食べるときは、ネタだけでなくシャリの食べすぎにも注意しなければなりません。

1貫あたりのシャリの量は20g前後、1人前の寿司は10貫前後となります。

単純に計算すると、1食につき約200gのシャリを食べることになります。

普通の白いご飯は茶碗1杯あたり約150gなので、普段より多くのご飯を食べることになります。

酢飯は糖質量が多め

シャリに使用する酢飯には、酢とともに砂糖が加えられています。

砂糖が加えられている分、普通の白いご飯に比べて糖質量が多めになります。

シャリの食べすぎを防ぐために

最近は「シャリを残すのはお店に失礼」という意見が多く、シャリを残すのに抵抗がある方も多いでしょう。

可能であれば、注文時にシャリを小さめにしてもらいましょう。

サイドメニューの割合を増やす

握り寿司を減らして、足りない分を刺身・お味噌汁などのサイドメニューで補うのもよいでしょう。

胃腸の調子が万全でないときは、消化がよい茶碗蒸しもおすすめです。

ただし茶碗蒸しは腹持ちが良くないので、後で間食しすぎないよう注意しましょう。

4. お店以外で刺身・寿司を食べるときは…

惣菜を買うなら、新鮮なものを

スーパーなどの惣菜コーナーでは、いつでもパック入りの寿司や刺身を買うことができます。

ただし作られてから時間が経っていると、鮮度が落ちて食中毒のリスクが高くなります。

値引き済みの古いものは避け、できるだけ新鮮なものを選びましょう。

寿司店などでテイクアウトする場合も、できるだけ早めに食べきりましょう。

釣ってきた魚を刺身にしてもいい?

身近に釣り好きな人がいると、釣ってきた魚を自宅で調理して食べる機会も多いでしょう。

ただし、いくら新鮮な魚でも保存方法によっては傷みが早くなることがあります。

また、自宅の調理器具に食中毒の病原体がついているおそれもあります。

妊娠中に釣った魚を食べるときは、刺身・寿司よりも加熱調理するメニューがおすすめです。

5. 刺身・寿司以外に注意すべきメニュー

生魚を使うメニューは、刺身・寿司だけではありません。

妊娠中は、以下の食材・メニューにも注意しましょう。

生のスモークサーモン

スモークサーモンは、塩漬けのサケを燻製にしたものです。

低温で表面をいぶすだけなので、中までしっかり火が通っているわけではありません。

そのため、生のスモークサーモンにはリステリア菌が残っているおそれがあります。

妊娠中にスモークサーモンを食べるときは、しっかり加熱調理しましょう。

スモークサーモンの塩分にも注意

スモークサーモンには、多くの塩分が含まれています。

妊娠中に塩分を摂りすぎると、妊娠高血圧症候群のリスクが高くなります。

たとえ加熱調理してあっても、スモークサーモンの食べ過ぎには要注意です。

生魚のカルパッチョ

本来カルパッチョには生の牛ヒレ肉が使用されますが、日本で生魚を使ったものが人気です。

食中毒のリスクを下げるため、妊娠中は食べ過ぎないよう注意しましょう。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る