赤ちゃんの母乳が足りない時の見分け方、原因、対処法

1. 母乳が足りなくなる原因は?

母乳が足りなくなる原因もさまざま

母乳が足りなくなる原因には、以下のものが考えられます。

  • 授乳回数が減った
  • ママの食生活が乱れている
  • ママの水分不足
  • ママの睡眠不足
  • ママの生活リズムの乱れ
  • ミルクと母乳を与えるバランスの悪さ
  • ママの冷え
  • ママの乳腺の詰まり

授乳中のママ必見!母乳が出なくて悩むママをサポートするサプリとは?

2. 母乳が足りているかどうかを見分けるポイントは?

赤ちゃんからのサインを見逃さない

母乳が足りていないと、赤ちゃんからいろいろなサインが出ます。

授乳後も機嫌が悪い

時間をかけて母乳を飲ませても、終わるとすぐに泣く、あるいは短時間でぐずりだすことが多いときには、母乳不足の可能性があります。

おしっこやウンチの回数が少ない

赤ちゃんがおしっこやうんちのをする回数は、月齢によって異なります。

ですが、おしっこの回数が1日6回未満だったり、ウンチが2~3日出ないときには、母乳不足が疑われます。

ウンチが固くないかどうかも、一緒にチェックしましょう。

赤ちゃんの体重が増えない

授乳回数にも、母乳を飲ませている時間にも問題がないのに、赤ちゃんの体重が増えないときも、母乳不足の可能性が高いです。

ただし、手足をよく動かすなど、運動量の多い赤ちゃんや、おしっこをたくさんしていると、体重が増えないこともあります。

ほかのサインがあらわれていないかも、同時にチェックして、判断しましょう。

月齢あたりの1日の体重増加の目安

生後1~3ヶ月の赤ちゃんは、1日25~30gが体重増加の目安です。

生後4~6ヶ月の赤ちゃんは、1日20~25gが体重増加の目安です。

生後7~9ヶ月の赤ちゃんは、1日10~20gが体重増加の目安です。

生後10~12ヶ月の赤ちゃんは、1日7~10gが体重増加の目安です。

日々の体重が目安通り増えていなくても、1ヶ月単位で増えていれば問題はありません。

3. 母乳が足りないときの対処法は?

いろいろな方法を試してみる

母乳が足りないときには、まず対処法を実践してみましょう。

母乳を飲む姿勢や乳首の加え方を変える

母乳を飲ませる際に、横抱きや縦抱きなど、赤ちゃんが飲みやすそうな姿勢を探してみましょう。

また、ママの乳房に赤ちゃんの下顎が触れ、乳首だけでなく乳輪も隠れるほど、くわえさせると、母乳が分泌されやすくなります。

赤ちゃんの口がアヒル口になり、唇が内側に入っていないことを、確認しましょう。

ミルクの回数を減らし、母乳の回数を増やす

母乳はミルクより消化が早いので、赤ちゃんが欲しがるだけ飲ませてかまいません。

母乳が足りないようだからと、安易にミルクを与えてしまうと、赤ちゃんは哺乳が楽なミルクを飲みたがるようになります。

母乳を与えた後、毎回ミルクを足すのをやめたり、量を減らして授乳回数を増やすことで、母乳の分泌を促しましょう。

ママの生活を見直す

ママが睡眠不足だったり、体が冷えていると、母乳の分泌が悪くなります。

赤ちゃんと一緒にお昼寝したり、ときにはパパに子守を頼んで、ゆっくり入浴するなど、血行をよくする生活を心がけましょう。

もちろん、栄養バランスのとれた食生活と、適度な水分補給も大切です。

4. 母乳を増やす方法とは?

母乳の分泌を促進する生活を実践

母乳を増やすためにも、ママ自身の生活習慣を見直しましょう。

赤ちゃんとのスキンシップを増やす

ママの体は、赤ちゃんに乳首をくわえさせるだけでなく、泣き声を聞いたり、肌に触れたり、においをかぐだけでも、授乳に作用するホルモンが分泌されます。

赤ちゃんと接触する回数が増えれば増えるほど、母乳の出がよくなるはずです。

食生活を見直す

母乳の分泌を促すためには、米や根菜を中心とする野菜を摂取するのがおすすめです。

野菜がたっぷりはいったお味噌汁やスープ、鍋物など、温かく食べられる、ヘルシーメニューを増やしましょう。

水分摂取の方法を見直す

授乳中のママは、食べ物からの摂取分も含めて、1日2リットルの水分を必要とします。

冷たい物ばかり飲んでいると、体が冷えて血行が悪くなるので、常温か温かい飲み物を飲む習慣をつけましょう。

その際、ごぼう茶やラズベリーリーフティー、ダンデライオン(たんぽぽ)など、母乳によいものを飲むことをおすすめします。

授乳中のママ必見!母乳が出なくて悩むママをサポートするサプリとは?

近所の産婦人科の病院を
口コミを見る・書く

5. 先輩ママの「母乳育児体験談」

ゆみころさん(20代後半)より

私には生後4ヶ月になる息子がいますが、完全母乳で育てています。

搾乳なしの完全母乳なので、おしっこやウンチの量が少ない日は、母乳が足りていないのかと不安になることがあります。

そんなときは、ながら飲みでも、おっぱいを長めに吸わせたままにしています。

もうお腹いっぱいというときは、乳首で遊んでいる感じで、まったく吸おうとしないので、ベッドに寝かせてしまいます。

その後は、機嫌よく一人遊びをしますし、長時間寝てくれるようになりました。

夜も7時間はぶっ通してで寝てくれるので、母乳で十分にやりていると感じています。

引用元:母乳不足が足りている目安の体験談(http://moomii.jp/baby/enough-breastmilk.html )