妊婦は紅茶を飲んでもいい?種類による?ジャスミンティーは?

1. 妊娠中、1日に飲んでよい紅茶の量は?

カフェインが含まれている紅茶は、妊娠中の摂りすぎに注意すべき飲み物のひとつです。

妊娠中にカフェインを摂りすぎると…

妊娠中にカフェインを摂りすぎると、流産・早産や胎児の発育不全などにつながるおそれがあります。

カフェインの作用で血行が悪化し、胎児に血液・養分が送られにくくなるためです。

また、カフェインが胎盤を通過して胎児の体に蓄積されることがあります。

胎児の体内に長期間カフェインが留まると、出生後に落ち着きがなくなるなどの影響が出ることがあります。

妊娠中、1日に摂ってよいカフェインの上限量

現在のところ、日本国内において妊娠中のカフェイン摂取量に関する明確な定めはありません。

ただし、イギリスなどでは妊娠中のカフェイン摂取量は1日200mgまでが望ましいとされています。

日本人はイギリス人より小柄な人が多く、カフェイン代謝能力も若干低めと考えられます。

そのため、1日あたり150~200mgまでと覚えておくとよいでしょう。

1日に飲んでよい紅茶の量は?

カップ1杯分(150ml)の紅茶には、約30~50mgのカフェインが含まれます。

そのため、多くても1日2~3杯以下にとどめておくと安心です。

コーヒーや緑茶など他のカフェイン飲料を飲んだ日は、紅茶の量を減らして調節しましょう。

淹れ方によって、カフェイン量が変わることも

ひとくちに紅茶といっても、淹れ方や茶葉の種類によってカフェイン濃度は変わります。

水出し紅茶に比べて、お湯で入れた紅茶はカフェイン含有量が多くなる傾向があります。

茶葉の種類によって、カフェイン量が変わる

紅茶は、緑茶などと同じチャノキの葉から作られます。

チャノキの新芽には、成熟した葉に比べて多くのカフェインが含まれています。

そのため、新芽を使った茶葉にはより多くのカフェインが含まれています。

カフェインの多い茶葉・少ない茶葉

オレンジペコー・フラワリーオレンジペコーなどは、新芽のみを使用して作られます。

そのため、これらの名前がついた紅茶はカフェイン含有量が多めと考えてよいでしょう。

一方、スーション・ペコスーションなどはより成熟した葉を使用します。

これらの茶葉が多めにブレンドされたものは、カフェイン含有量が少なめになります。

緑茶もまた、茶葉の種類でカフェイン量が変わる

普通の煎茶に比べて、玉露や抹茶はカフェインの含有量が多くなります。

煎茶150mlのカフェイン含有量は、約30mgです。

一方同じ量の玉露には約150mg、抹茶には約45mgのカフェインが含まれています。

これらのお茶には新芽が使われるため、成熟した茶葉を使う煎茶よりカフェイン含有量が多くなるのです。

2. レモンティー・ミルクティーを飲むときは…

ストレートで飲むだけでなく、レモンやミルクを加えて楽しめるのも紅茶の魅力です。

妊娠中にレモンティーやミルクティーを飲む時は、以下のポイントを押さえておくと安心です。

糖分の摂りすぎを防ぐために、いずれも無糖か甘さ控えめで飲むのが望ましいですね。

レモンの農薬が気になる!?

本格的にレモンティーを楽しむとき、レモンの輪切りを紅茶に浮かべますね。

一般的に、海外産のレモンの皮には防カビ剤などが塗布されています。

薬剤の種類によっては、大量に摂取すると奇形のリスクが上がるとされるものもあります。

どうしても気になるときは…

輪切りレモン1枚分の防カビ剤で影響が出ることはありませんが、どうしても気になる人もいるでしょう。

その場合は、レモンを切る前に流水にさらして洗いましょう。

皮の表面のぬめりが取れるまでよくこすり洗いすれば、薬剤を落とすことができます。

ミルクティーはカロリーが高い?

成分無調整牛乳なら150mlあたり約100kcal、低脂肪乳なら100mlあたり約69kcalとなります。

紅茶そのものにはカロリーがほとんどありませんが、牛乳を多く入れるほどカロリーが高くなります。

豆乳を入れるほうがローカロリー?

成分無調整豆乳なら100mlあたり約46kcal、調整豆乳なら100mlあたり約54kcalとなります。

調整豆乳には糖分などが加えられており、無調整豆乳に比べてややカロリーが高くなります。

一方、無調整豆乳は低脂肪乳とほぼ同じカロリーです。

無調整豆乳特有のクセが気になる場合は、シナモンパウダーを加えて味をまろやかにしましょう。

3. デカフェタイプの紅茶もおすすめ

紅茶が好きな人には、デカフェタイプの紅茶がおすすめです。

特殊な製法でカフェインを大幅に取り除いてありますが、風味は普通の紅茶とほとんど変わりません。

通販のほかに、紅茶専門店や健康食品店などでも購入できます。

4. 妊娠中、1日に飲んでよいジャスミンティーの量は?

一般的なジャスミンティーは、緑茶・ウーロン茶などの茶葉にジャスミンの香りをつけたものです。

そのため、緑茶(煎茶)・ウーロン茶と同じく150mlあたり約30mgのカフェインが含まれています。

妊娠中にジャスミンティーを飲む時は、多くても1日あたり4~5杯までにとどめておきましょう。

ジャスミンの香りでリラックス

ジャスミンの香りには、高いリラックス効果があります。

カフェインに注意しつつ適量を飲むことで、ストレス解消に役立ちます。

5. 紅茶・ジャスミンティーを飲むときの注意点

冷たいものは控えめに

暑い時期などは、アイスティーが欲しくなることも多いでしょう。

しかし紅茶やジャスミンティーに限らず、冷たいものの飲みすぎは冷えにつながるので要注意です。

妊娠中に体を冷やすと子宮周辺の血流が悪くなり、流産・早産や胎児の発育不全などのリスクが高まります。

夏季などホットで飲みにくいときは、できるだけ常温で飲むようにしましょう。

どうしてもアイスで飲みたいときは…

どうしてもアイスで飲みたい場合は、氷を入れずにゆっくり飲みましょう。

飲んだ後は、衣類・エアコンなどを使って体をあたためましょう。

糖分は入れすぎない

紅茶を飲むとき、砂糖やガムシロップを入れて甘くして飲む人は多いですね。

しかし角砂糖1個(3g)は約12kcal、ガムシロップ1個(10~13g)は約27~35kcalになります。

砂糖やガムシロップ入りの紅茶を頻繁に飲んでいると、糖分の摂りすぎにつながります。

ペットボトル・パック入りの甘い紅茶や、粉末状のインスタント紅茶の飲みすぎにも注意しましょう。

妊娠中に糖分を摂りすぎると…

妊娠中に糖分を摂りすぎると、体重増加や妊娠糖尿病などのリスクが高くなります。

できるだけ無糖で飲むか、甘さ控えめにして飲みましょう。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る