妊婦はコーヒーを飲んでもいい?一日何杯まで?控えるべき時期は?

1. 妊娠中にカフェインを摂りすぎると…

「妊娠中はカフェインを摂りすぎてはいけない」と言われます。

妊娠中にカフェインをたくさん摂ると、カフェインが胎盤を通って胎児の体内に入り込みます。

妊娠とカフェインの関係についてはまだ不明な部分もありますが、以下のような影響があるとされています。

カフェインの摂りすぎによるおもな影響

胎盤への血流が減り、胎児の発育が阻害される

カフェインは血管を収縮させる作用があり、胎盤への血流を妨げるおそれがあります。

胎盤への血流が減少すると、胎児へ送られる血液・養分が不足しやすくなります。

その結果、流産・早産や発育不全などが起こることがあります。

出生後までカフェインの覚醒作用が残り、赤ちゃんの落ち着きがなくなる場合もあります。

胎児の体内にカフェインが蓄積される

大人は、摂取したカフェインを代謝して排出する能力を持っています。

しかし、胎児の段階ではこの能力がまだ育っていません。

そのため、胎児の体内にカフェインが入ると長時間蓄積されたままになります。

そのうえ胎児は体が小さいので、わずかなカフェインでも大人より多くの影響を受けるのです。

コーヒー以外にも、カフェイン入り飲み物は多い

紅茶や緑茶をはじめ、コーヒー以外にもカフェイン入りの飲み物はたくさんあります。

また、コーラなど一部の清涼飲料水や栄養ドリンクにもカフェインが含まれています。

2. 妊娠中、1日に飲んでいいコーヒーの量は?

カフェイン摂取上限量の目安

イギリスでは、「妊娠中に摂取してよいカフェインの量は1日200mgまで」とされています。

日本の場合、イギリスのようにはっきりとした基準は設けられていません。

ただし日本人はイギリス人より小柄な人が多く、カフェイン代謝能力も若干低めと考えられます。

そのため、1日に150~200mgを目安にすると安心です。

特に妊娠初期は控えめに

妊娠初期は、胎盤や胎児の体のおもな器官が作られる大事な時期です。

胎児の発育を妨げないよう、特に意識してカフェインを減らしましょう。

コーヒーに含まれるカフェインの量

淹れ方などによってやや変わりますが、種類別に見るとおおむね以下のとおりです。

  • ドリップコーヒー(150ml)…135mg
  • インスタントコーヒー(150ml)…68mg
  • エスプレッソコーヒー(50ml)…140mg
  • 缶コーヒー(200ml前後)…100~150mg

コーヒーの種類や濃さによりますが、1日に1~2杯までなら飲んでもよいでしょう。

3. コーヒー飲料の糖分にも要注意

加糖タイプのコーヒー飲料には、多くの糖分が含まれています。

缶コーヒーの多くには角砂糖2~3個分、微糖タイプでも1~2個分ほどの糖分が含まれています。

コーヒーチェーン店などの甘いコーヒーも控えめに

コーヒーチェーン店では、コーヒーにホイップクリームやチョコソースなどを加えた飲み物が人気です。

こうした飲み物には、「飲むケーキ」と言われるほど多くの脂質・糖質が含まれています。

妊娠中に脂質・糖質を摂りすぎると、体重増加や妊娠糖尿病などのリスクが高くなります。

4. コーヒーを飲むならいつがいい?

コーヒーを飲むのに適したタイミング

コーヒーを飲むタイミングとして最適なのは、「9~11時」と「14時前後」と言われています。

この時間帯以外のタイミングで飲むと、以下のようなリスクが高まるためです。

コーヒーを避けたほうがよいタイミング

起床後すぐ~9時ごろまで

朝、すっきり目覚めるためにコーヒーを飲む人は多いですね。

しかし、9時ごろまでに飲むのはあまり良くないとされています。

起床後は、覚醒作用を持つストレスホルモンの分泌が多くなります。

ストレスホルモンが多いときにコーヒーを飲んでも、それほど覚醒作用は期待できません。

反対にカフェインへの耐性がついてしまい、コーヒーの効果を得にくくなることもあります。

空腹時

カフェインには、胃液の分泌を活発にする作用があります。

胃がからっぽの状態でコーヒーを飲むと、胃液が増えすぎて胃壁を傷めるおそれがあります。

空腹時同様、胃の調子が悪いときもコーヒーを避けましょう。

食後30分以内

「コーヒー=食後」というイメージがありますが、妊娠中は食後すぐのコーヒーは避けたほうがよいでしょう。

コーヒーに含まれるタンニンが、鉄分の吸収を妨げるためです。

鉄分の多い食事を心がけても、食後すぐにコーヒーを飲んでしまうと鉄分を吸収しにくくなります。

妊娠中は特に貧血になりやすいので、鉄分を効率よく吸収したいですね。

15時以降

15時以降にコーヒーを飲むと、夜になってもカフェインが体内に残ったままになります。

その結果寝つきが悪くなったり、睡眠の質が落ちて疲れが残ったりすることがあります。

5. その他の注意点

一度に大量に飲まない

1日の摂取上限量を守っていても、一度に大量にコーヒーを飲むのは避けましょう。

大量のカフェインを一度に摂ると代謝が追いつかなくなり、胃痛などの悪影響が出やすくなります。

1日に2杯飲みたいなら、午前・午後に1回ずつ飲みましょう。

薬と一緒に飲まない

内服薬の中には、コーヒーと一緒に飲むと効果が落ちるものがあります。

薬でコーヒーを飲むのはもちろん、服用後すぐにコーヒーを飲むのも避けましょう。

どうしても飲みたいときは、服用後1~2時間経ってから飲みましょう。

アイスコーヒーの飲みすぎに注意

暑い時期などはアイスコーヒーが欲しくなりますが、飲みすぎに注意しましょう。

アイスコーヒーの飲みすぎは、体の冷えに直結します。

どうしても飲みたいときはできるだけ氷なしで飲み、衣類などで冷えを防ぎましょう。

コーヒーを飲んだ後は、十分な水分補給を

コーヒーを飲んで、トイレに行きたくなった経験はありませんか?

カフェインには利尿作用があるので、カフェインを摂るとかえって体内の水分が失われてしまいます。

妊娠中は普段より多くの水分が必要になるので、ノンカフェインの飲み物でしっかり水分補給しましょう。

6. デカフェ飲料を活用しましょう

デカフェは、コーヒーを特殊加工してカフェインをほぼ完全に取り除いた飲み物です。

妊娠中・授乳中の人だけでなく、カフェインが苦手な人にも広く利用されています。

たいていのコーヒーチェーンで扱っているので、コーヒー好きの人はぜひ試してみましょう。

また、多くのスーパーやコンビ二でもデカフェのインスタントコーヒーを購入できます。

たんぽぽコーヒーもおすすめ

コーヒー豆ではなく、たんぽぽの根を原料にした「たんぽぽコーヒー」もおすすめです。

味や風味はコーヒーに近いものの、ノンカフェインなので安心して飲むことができます。

しかも、妊娠中の健康維持に役立つビタミン・ミネラル類を含んでいます。

たんぽぽコーヒーは、おもに通販や健康食品店などで購入できます。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る