妊娠中の子宮内膜症の治療はどうするの?問題なく出産できる?

1. 子宮内膜症と診断されたら

産婦人科の検査を受け、妊娠と同時に子宮内膜症と診断されることがあります。

子宮内膜症と聞くと、正常な妊娠ではないのでは?と心配する方も多いと思います。

しかし、子宮内膜症と診断された場合でも、問題なく出産できる場合がほとんどです。

2. 子宮内膜症とは?

子宮内膜症とは、子宮内膜が本来できるはずのない、子宮の壁や卵巣に発生してしまう疾患です。

現代の女性の中で、子宮内膜症は増加傾向にあります。

子宮内膜とは?

子宮内膜とは、子宮の中を覆っている粘膜のことです。

生理周期の中で、徐々に増殖し、やがては剥がれ落ち、血液とともに排出されるというサイクルを繰り返しています。

子宮内膜は受精卵をキャッチして、発育をサポートする役割を担っています。

子宮内膜症はどんな状態?

本来であれば、子宮内にできる子宮内膜が、卵巣や卵管などの子宮外に発生する疾患です。

なぜ、子宮外に発生するのか、はっきりとした原因は現在のところ不明です。

子宮内膜症の症状

初期の子宮内膜症は、痛みを感じることもなく、ごく少量の出血がみられる場合があります。

しかし症状が進行すると、強い生理痛のを感じたり出血の量が増えたり、レバー状のものが出ることがあります。

不妊症を引き起こす子宮内膜症

子宮内膜症は、放置しておくと卵管などで癒着を起こし、排卵や受精を妨げます。

結果として、不妊を引き起こす可能性があります。

子宮内膜症でも妊娠する?

不妊の原因にもなる子宮内膜症ですが、子宮内膜症になると、必ず不妊症になるわけではありません。

例え子宮内膜症を発症した場合でも、子宮内環境が正常に機能していれば、十分に妊娠の可能性はあります。

妊娠すると子宮内膜症が治るの?

妊娠すると、子宮内膜症の症状が軽減されます。

これは、子宮内膜症が完全に治ったのではなく、妊娠すると子宮内膜症の症状が一時的に止まるためです。

子宮内膜に影響を及ぼすエストロゲン

これは女性ホルモンである、エストロゲンという卵胞ホルモンが大きく関係しています。

子宮内膜はエストロゲンの働きにより、増殖したり剥がれ落ちたりします。

しかし妊娠中には、エストロゲンの分泌と同時に、プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌量も増えます。

そのため、エストロゲンの作用が抑えられ、子宮内膜のサイクルが停止します。

出産後に再発する子宮内膜症

妊娠中は、いつもとホルモン分泌量が変わるため、子宮内膜症の進行が一時的に止まります。

しかし、出産後には、女性ホルモンのサイクルが再び元にもどります。

このため、かなり高い確率で子宮内膜症も再発します。

3. 妊娠中の子宮内膜症の治療

子宮内膜症が見つかった場合でも、妊娠中であれば進行が止まっています。

よって、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えることもほとんどありません。

そのため、深刻な状況でない限りは、妊娠中に子宮内膜症の治療は行いません。

症状によっては手術が必要な場合も

しかし、子宮内膜症の症状が進行している場合、妊娠中でも治療の必要があります。

妊娠中でも治療が必要となる可能性がある症状には、以下のものがあげられます。

  • 下腹部や骨盤などに癒着がある場合
  • 卵巣の子宮内膜症であるチョコレート嚢胞の場合

このような場合には難産になったり、卵巣破裂の危険性があるため、治療が行われます。

手術による子宮内膜症治療

治療の方法は、手術により病巣を切除する方法が用いられます。

腹腔鏡手術という、お腹の外から1cm程度の穴をあけて、腹腔鏡や医療器具を挿入し行う手術です。

手術による妊娠への影響は?

腹腔鏡手術は、基本的に全身麻酔で行われますので、麻酔の影響というリスクがあります。

手術部位が子宮ではないため、手術自体の影響はほとんどないといわれています。

不安な方は医師に相談を

妊娠発覚のタイミングで、子宮内膜症が見つかった場合には、医師にしっかり相談することをおすすめします。

そこで治療の必要性や、赤ちゃんへの影響やリスクなどについて、しっかりと事前に確認しておきましょう。

自分の希望をしっかりと伝えながら医師と相談し、納得した上で治療方針を決めることが大切です。

4. 妊娠中の子宮内膜症との関わり方

子宮内膜症でも、無事に出産することは、決して珍しいことではありません。

しかし、妊娠中の過ごし方が出産に大きな影響を与える場合もあります。

妊娠中はあまり考えすぎないこと

妊娠中に子宮内膜症と診断されると、出産まで不安な方も多いと思います。

しかし、医師が治療不要と診断した場合には、そこまで不安になる必要はありません。

むしろ、過度な不安はストレスとなり、赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性がでてきます。

そのため、妊娠中は深く考えすぎずに、リラックスして生活を送るようにしましょう。

出産後に治療はするべき?

妊娠すると一度は進行がストップする子宮内膜症ですが、出産後には再発する可能性が非常に高いです。

そのため、妊娠中には治療が不要でも、産後に治療が必要になる場合があります。

出産後は、投薬や手術など治療の選択肢も妊娠時よりも増え、より治療がしやすくなります。

治療は余裕がある時に考えよう

重度の子宮内膜症でない限り、子宮内膜症の産後の治療は、出産してから考えても遅くはありません。

まずは、しっかり出産を迎えることに意識を集中しましょう。

そして、余裕が出てきたタイミングで医師やパートナーと相談の上、治療について考えましょう。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る