帝王切開をした時の入院期間はどれくらい?すぐに赤ちゃんを抱ける?

1. 帝王切開でおこなうこと

帝王切開は外科的手術

帝王切開は、母体に麻酔をしてお腹や子宮を切る、外科的手術になります。

局所麻酔だけで行う場合もあれば、全身麻酔で行うこともあります。

麻酔をしたあと、腹部を切開して、赤ちゃんを直接取り出すことになります。

最近は、妊婦さんの5人に1人は帝王切開で出産をしているといわれています。

自らすすんで、帝王切開を希望することも可能です。

前もって頭に入れておこう

今はママ本人や家族の意思によって、出産方法を選ぶことができるようになっています。

出産は、命がけで行うものです。

どのような方法でも、どんなことがおこるか分かりません。

まずは、ママと赤ちゃんの安全を1番に考えて、担当医と相談しながら出産方法を決めるようにしてください。

急に帝王切開になった場合でも、慌てることがないようにしたいものです。

前もって、帝王切開の方法や入院期間など知っておくことが大切です。

2. 帝王切開の手術をすると、どれぐらい入院するの?

入院期間の平均とは

帝王切開で出産すると、どれぐらい入院しなければならないのでしょうか?

回復の具合にもよりますが、平均すると8~10日が目安であるといわれています。

母体に問題がなければ、8日ほどで退院できるので、自然分娩とほとんど変わりません。

ただし、ママの体調がよくない場合は、2週間ほど入院しなければならないこともあります。

帝王切開のほうが入院期間が長い理由

体調がよければ、帝王切開であっても8~10日ほどで退院することができます。

ですが、基本的には、帝王切開のほうが自然分娩より、長い期間入院することになります。

これは、自然分娩の傷よりも、帝王切開の傷のほうが、治るのに時間がかかるためです。

帝王切開の場合、お腹と子宮を切っているので、痛みのケアに数日かかります。

食事も、術後数日は流動食しか食べられません。

流動食から普通食に移行するまでにも時間がかかるので、どうしても自然分娩より入院期間が高くなってしまうのです。

3. 帝王切開でも赤ちゃんをすぐに抱ける?

帝王切開でも抱くことができる

帝王切開だと、一体いつ赤ちゃんと会うことができるのか、気になりますよね。

局所麻酔であれば、意識がはっきりしているので、帝王切開後であっても、すぐに赤ちゃんを抱くことができます。

産まれたときの、赤ちゃんの声も聞くことができますよ。

全身麻酔の場合は、すぐに抱っこすることは難しいですが、麻酔から目覚めれば会うことができます。

母体と赤ちゃんの状態がいいのであれば、すぐに抱っこできるでしょう。

4. 帝王切開したあとの注意点

術後1ヶ月は無理をしないように

帝王切開をしても、順調に回復すれば8~10日ほどで退院することができます。

しかし、自然分娩よりも、体の回復に時間がかかるといわれています。

自然分娩でも無理をしてはいけませんが、帝王切開の場合はさらに無理は禁物です。

退院してから1ヶ月は、しゃがんだり、お腹に力を入れることは控えるようにしてください。

赤ちゃんのお世話も、無理のない程度にしてくださいね。

産後1ヶ月ほどすれば、軽い運動も行うことができるようになります。

1ヶ月健診のときに、医師から注意がなければ、出産前と同じように動くことができますので、確認してみましょう。

近所の産婦人科病院の
口コミを見る・書く