妊娠して焼肉が恋しいけど食べちゃダメ?特に避けるべき肉や部位は?

1. 妊娠中でも、焼肉を食べること自体はOK

妊娠中はいろいろ食べ物が制限されるので、イライラがたまりがちですね。

気分転換したいときに食べるものとして、焼肉を挙げる方も多いのではないでしょうか?

妊娠中だからといって、焼肉がダメというわけではありません。

ただし、安全に焼肉を楽しむためのポイントをしっかり押さえておきましょう。

2. 焼肉を食べるときの注意点

肉を十分加熱してから食べる

生の肉には、食中毒の原因となる細菌・ウイルスが生息していることがあります。

妊娠中はこれらの病原体に対する抵抗力が弱まり、普通の人より食中毒を起こしやすくなります。

また、妊娠中の食中毒は流産・早産や胎児の先天的異常などにつながることがあります。

殺菌のために内側までしっかり加熱し、ユッケなど生肉を使ったメニューは避けましょう。

トング・箸の使い方に注意

焼いた後の肉を、生肉をつかんだトングや箸でつかむのは避けましょう。

生肉からトングに付いた病原体が、焼いた肉にうつるおそれがあります。

豚肉のトキソプラズマが怖い!?

生の豚肉には、寄生虫の一種・トキソプラズマがいることがあります。

妊娠中に初めてトキソプラズマに感染すると、胎児が先天性トキソプラズマ症になることがあります。

しかし、日本では食品の安全管理についてかなり厳しい基準が設けられています。

そのため、豚肉が原因でトキソプラズマ症を発症した例はかなり少ないようです。

トキソプラズマが心配なら、豚肉よりも土いじりやペット・動物とのふれあいに注意しましょう。

食べ過ぎに注意

焼肉はおいしいので、つい食べ過ぎてしまうことも多いでしょう。

しかし、妊娠中は焼肉の食べすぎは禁物です。

肉の種類・部位によっては脂質が多く、タレにも糖質・塩分が多く含まれています。

体重増加や妊娠高血圧症候群などのリスクを下げるため、腹八分目にとどめましょう。

食べすぎによる胃腸への負担

適度に油脂を摂ることは大切ですが、油脂が多い食事はかえって胃腸に負担をかけてしまいます。

妊娠中は消化能力が落ちるので、普段より消化器に負担がかかりやすくなります。

胃もたれや下痢などを防ぐ意味でも、焼肉の食べすぎに注意しましょう。

もちろんアルコールはNG

焼肉を食べるとき、ついアルコールが欲しくなる人も多いでしょう。

しかし、言うまでもなく妊娠中のアルコール摂取は危険です。

少量なら問題ないとも言われますが、体質や体調によってアルコール分解能力は異なります。

飲み物はお茶にするか、ノンアルコールのビール・カクテルなどで雰囲気を楽しみましょう。

ノンアルコールのビール・カクテルにも糖質が含まれているので、飲みすぎに注意しましょう。

3. メニューの選び方・食べ方のポイント

健康に配慮しつつ満足感を得るため、メニューの選び方や食べ方に注意しましょう。

脂身の多い部位より、赤身やホルモン系がおすすめ

脂身の多い肉をたくさん食べると、あっという間に脂質を摂りすぎてしまいます。

低脂質・高たんぱくの赤身肉や、ホルモン系をメインに食べましょう。

レバー・ハツは控えめに

貧血などによいとされるレバーやハツには、鉄分とともにビタミンAもたくさん含まれています。

しかし、妊娠中に動物性ビタミンAを摂りすぎると胎児の先天性奇形のリスクが上がることが知られています。

どうしてもレバーを食べたいときは、少量にとどめておきましょう。

魚介類・野菜類にも注目

焼肉店では肉ばかりに気をとられがちですが、魚介類や野菜類も上手に活用しましょう。

魚介類は肉より低脂質・高たんぱくなものが多く、あっさりしていて食べやすいです。

焼き野菜やサラダを食べれば満腹感を得られますし、ビタミン・食物繊維なども摂ることができます。

サンチュやエゴマの葉で肉を巻いて食べると、少ない肉でも満足感を得やすいでしょう。

どうしてもご飯がほしくなったら…

焼肉のシメのご飯は、とても美味しいですね。

しかし、たくさんの焼肉+ご飯の組み合わせは食べすぎに直結します。

肉を減らして、サイドメニューのビビンバを

どうしてもご飯を食べたい人は、肉よりもサイドメニューのビビンバをメインに食べましょう。

ビビンバを食べることで、たっぷりの野菜を手軽に摂ることができます。

また、キムチに含まれる乳酸菌は腸内環境の改善に役立ちます。

ただし、辛いコチュジャンやキムチの食べすぎで胃腸に負担をかけないよう注意しましょう。

タレより塩コショウ・レモン

糖質・脂質を抑えたいなら、味付けにはタレより塩コショウやレモン汁を使いましょう。

ただし、塩コショウの食べすぎは塩分のとりすぎにつながるので要注意です。

タレ・塩は端のほうに少しだけつける

肉をタレで食べるとき、肉全体をドボンとタレにつけていませんか?

肉全体にタレをつけると、少しの肉を食べるだけで糖質・塩分を摂りすぎてしまいます。

肉の端に少しタレをつけるだけでも、十分にタレの味を感じることができます。

もちろん、タレだけでなく塩でも同じことが言えます。

4. たくさん焼肉を食べた後は…

カロリーや糖質が気になる焼肉ですが、時々の気分転換程度ならそれほど不安がる必要はありません。

焼肉を食べた次の日以降は、和食中心のヘルシーなメニューを心がけましょう。

栄養面はもちろん、胃腸をいたわるためにも重要なことです。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る