帝王切開とは?どういう時にするの?手術の流れ・時間・入院準備は?

1. 適応切開ってどんな方法?

帝王切開とは

帝王切開とは、妊娠したときや出産するときに、何らかのトラブルが起こったときに選択させる分娩方法です。

自然分娩が難しいと医師が判断した場合、帝王切開が選択されることになります。

麻酔をして、お腹と子宮壁を切り開いて、そこから赤ちゃんを直接取り出す方法が帝王切開です。

手術は、1時間ほどで終わることがほとんどです。

お母さんや赤ちゃんへの負担は、とても少ないとされています。

最近は、帝王切開で出産する人が増加傾向にあるといわれています。

2. どういう場合に帝王切開になるの?

帝王切開になる理由

今では、5人に1人の割合で帝王切開での出産になるといわれています。

帝王切開は、珍しくないということですが、どうして帝王切開になるのでしょうか?

ひとくちに帝王切開といっても、「予定帝王切開」と「緊急帝王切開」の2つにわけることができます。

予定帝王切開

予定帝王切開というのは、前もって帝王切開と決めて出産することです。

妊娠中の健診の段階で、自然分娩ではリスクが大きいとわかっているときに行う出産法です。

お母さんと赤ちゃんの健康を守るために、医師から事前に帝王切開をすすめられます。

手術日を事前に決めるので、立ち会いなど予定を調節しやすいです。

予定帝王切開になるには、以下のような理由があります。

さかご

赤ちゃんの頭ではなく、お尻や足が下にきていることを、さかごといいます。

赤ちゃんの姿勢や、お母さんの骨盤の大きさで、自然分娩が難しい場合。

臨月にさしかかっても、さかごが治らない場合、帝王切開になることがあります。

前置胎盤

前置胎盤というのは、胎盤が部分的、または子宮口を完全にふさいでいることをいいます。

前置胎盤になると、赤ちゃんが産道を通ることができなくなってしまいます。

赤ちゃんより先に胎盤がはがれると危険なため、帝王切開で出産することになります。

児頭骨盤不適合

ママの骨盤の大きさよりも、赤ちゃんの頭が大きいことがあります。

その他、骨盤の形が変形していて、赤ちゃんが骨盤を通りぬけなさそうという場合も、帝王切開になります。

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群とは、妊娠中に何らかの原因で高血圧になることです。

症状が重いと、血管障害を引き起こしたり、胎盤がはがれ落ちたりする危険があります。

そのようなことになる前に、妊娠高血圧症候群の場合も帝王切開になることがあります。

緊急帝王切開

予定帝王切開とは別に、緊急帝王切開というのは、緊急で帝王切開をすることです。

分娩中になんらかのトラブルがおこり、急きょ帝王切開が必要になった場合が緊急帝王切開です。

例えば、赤ちゃんの心音が弱まってきた、先に胎盤がはがれそうになったなどのトラブルです。

赤ちゃんだけでなく、母体にまで危険が及ぶということがあります。

出産というのは、何が起こるかわかりません。

これまで妊娠経過が順調でも、緊急帝王切開になる可能性は、誰にでもあります。

心の準備ができていないので、焦ってしまうこともあるかもしれません。

ですが、緊急帝王切開は赤ちゃんと母体のことを考えてのことなので、心配しないようにしてくださいね。

3. 帝王切開の方法や手術の流れは?

帝王切開の手術内容

予定帝王切開でも緊急帝王切開の場合でも、手術の内容に大きな違いはありません。

手術前に、静脈の確保と輸血の準備が行われます。

その後、下半身の局所麻酔をします。

赤ちゃんや母体の状態によっては、全身麻酔が行われることもあります。

麻酔をしたあとは、下腹部の皮膚と子宮壁を切開します。

切開した後、数分で赤ちゃんを取り出して、帝王切開の手術は終了です。

帝王切開したあとの処置

帝王切開の手術をしたあとは、切開した部分を溶ける糸で縫います。

麻酔が効いているため、痛みを感じることはありません。

全身麻酔でない場合は、手術中も意識があるので、赤ちゃんの声をすぐに聞くことができます。

出産したあと、すぐに対面して、抱っこをすることもできますよ。

個人差はありますが、帝王切開の手術時間の平均は、1時間ほどです。

4. 帝王切開の入院準備は必要?

事前に準備しておこう

自然分娩と帝王切開の入院準備に、とくに違いはありません。

急に帝王切開になっても、慌てることがないように、事前に必要なものを用意しておきましょう。

妊娠中は、いつどこで、どのようなトラブルがおこるかわかりません。

どのような分娩方法になっても、慌てることがないように、しておきたいものです。

入院準備は、できるだけ早くすませておくようにしてください。

帝王切開の入院時にあったら便利なもの

病院で指定されるものは、必要最低限買いそろえておく必要があります。

帝王切開だからといって、これが絶対必要!というものがあるわけではありません。

ですが、あれば便利なものがありますので、以下に紹介したいと思います。

あると便利なもの

  • ペットボトルに入れられるストロー
  • リップ
  • イヤホン
  • 小さめのカバン

出産前に、しばらく水分を禁止されることがあります。

くちびるが乾燥するので、リップがあると、乾燥を和らげることができて便利です。

手術してからしばらくは、思うように動くことができません。

とくに産後1日目などは、全くうごくことができないので、体を起こすのも大変です。

そんなときに便利なのが、ストローです。

ストローがあることによって、体を起こさずに水分をとることができます。

授乳室にむかうときに、洗浄綿を持ち歩いたりするときに小さめのカバンは便利です。

準備しておく費用について

普通分娩や無痛分娩では、保険は適用されません。

しかし、帝王切開の場合は、保険が適用されることになります。

帝王切開の手術代は、全国共通で決まっています。

保険が効くので、その金額の3割のみを負担すればいいということになります。

それに加えて、食事代やベッド代などが加算されることになります。

ある程度の費用は、事前に病院に確認しておくと安心です。

帝王切開でも出産育児一時金をもらえる

帝王切開は保険が効くため、「出産育児一時金をもらえないのでは?」と、不安になる人もいるかもしれません。

帝王切開でも、出産育児一時金はきちんともらうことができます。

場合によっては、高額療養費制度を受けることができます。

確定申告をすれば、税金が還付されることだってあります。

加入している民間の医療保険によっては、保険料がもらえることだってあるのです。

いずれのお金も、産後に申請してからしかもらえないものですが、事前に準備をしておくことは大切です。

5. 帝王切開の手術後ってどうなるの?

手術後は安静が必要

帝王切開の手術は、1時間ほどで終わる比較的簡単な手術です。

ですが、手術をしていることに変わりはないので、麻酔がきれると、傷口が痛みだします。

痛みの程度は人によりますが、術後2~3日は安静にしておく必要があるでしょう。

痛みがひどいときは、薬をもらうことができるので、我慢しないようにしてくださいね。

手術の翌日から流動食が始まり、少しずつ普通食へと変わっていきます。

帝王切開のあと、1週間ぐらい経てば抜糸をします。

平均的な入院期間は、8~10日ぐらいだと覚えておいてください。

6. 帝王切開することで赤ちゃんに影響はあるの?

赤ちゃんに悪影響はない

帝王切開で出産すると、赤ちゃんになにか影響があるのでは?と心配になる人も多いです。

もともと、帝王切開というのは、赤ちゃんや母体へのリスクを減らすために行われる処置です。

帝王切開によって、赤ちゃんに悪い影響を与えるというようなことは、ほとんどありません。

赤ちゃんの発育に、問題があるというようなこともないでしょう。

全身麻酔で帝王切開した場合、麻酔の影響で赤ちゃんも眠ったまま生まれてくることがあります。

それによって、一時的に呼吸が弱くなることがあります。

だからといって、重い症状が出ることはまずありません。

近所の産婦人科病院の
口コミを見る・書く