無痛分娩に対して医療保険は適用される?手術給付金の対象?

1. 無痛分娩に保険は適用されるの?

無痛分娩は保険適用外

無痛分娩するとなると、費用面が気になるというかたも多いと思います。

無痛分娩は、自然分娩同様、保険が適用されません。

出産は病気ではないので、適用の対象外になるのです。

無痛分娩は、出産の痛みを和らげるために、任意で行う処置なので、通常の分娩費用と別になります。

また、無痛分娩は通常の分娩費用とは別になります。

通常の分娩と比べると費用がどうしても高くなってしまいます。

無痛分娩の費用は病院によって大きく違う

無痛分娩でかかる費用は、医療機関でも大きく違います。

安いとこだと数万ですが、高いところだと20万円ほどかかることもあり、さまざまです。

個人病院だと比較的休めで、大きな総合病院だと高めになる傾向があります。

いつ入院するのか、どのような器具を使用するのかによっても、費用はかわってきます。

決まった基準がないので、医療機関に事前に確認するようにしましょう。

2. 無痛分娩に民間の医療保険は適用される?

無痛分娩は適用されないことがほとんど

自分が加入している、民間の医療保険は無痛分娩に適用されるの?と考える人もいると思います。

民間の医療保険も、基本は病気やケガなどの治療に適用されるものです。

任意で行う無痛分娩には、適用されないことがほとんどです。

3. 無痛分娩で健康保険や医療保険が適用されることも稀にある

処置が行われれば保険が適用されることも

無痛分娩の場合、医療保険が適用されないことがほとんどといいました。

だからといって、絶対に適用されないのかというと、そういうわけではありません。

無痛分娩でも、難産になってしまって、帝王切開や吸引分娩などの処置が行われることがあります。

そういった処置が行われた場合は、健康保険や医療保険が適用されることになります。

民間の医療保険の場合だと、女性疾病特約に加入しているかが、適用に関わってきます。

事前に保険会社に確認しておくと、いいかもしれません。

4. 無痛分娩の費用は手術給付金の対象になる?

無痛分娩は療費助成や医療費控除の対象になる

無痛分娩であっても、吸引分娩や帝王切開などの処置が行われた場合。

分娩したあとに、麻酔の副作用で薬が処方された場合、その費用は療費助成や医療費控除の対象となります。

これらの助成金は、自治体によって違ってくるので、前もって確認しておくことをおすすめします。

出産でかかった費用は、高額療養費制度の対象になるので、それも忘れず申請しましょう。

治療にどれぐらいかかったか覚えておこう

通常の分娩の費用に加えて、無痛分娩にかかる費用も足すと、それなりの金額になります。

出産でかかる費用を申請すれば、高額療養費としてある程度返金されます。

きちんと申請するためにも、治療にどれぐらいかかったのか、きちんと把握しておくようにしましょう。

産後に麻酔の副作用が続いたりして治療が長引いた場合などは、特にきちんと覚えておくようにしてくださいね。

近所の産婦人科病院の
口コミを見る・書く