無痛分娩のメリット・デメリットは?自然分娩を避ける人は多いの?

1. 無痛分娩って?

無痛分娩とは

無痛分娩というのは、麻酔を使用して陣痛の痛みを和らげつつ出産する方法です。

芸能人でも、無痛分娩で出産する人が増えてきて、少しずつ知られるようになってきています。

痛みを和らげることが目的の方法で、完全に痛みがなくなるというわけではありません。

無痛分娩と自然分娩との違い

無痛分娩でも、分娩時はいきむ必要があって、痛み以外自然分娩とあまり違いはありません。

大きく違うのは、無痛分娩の場合、分娩日を事前に決める「計画分娩」になるということです。

自然分娩の場合は、自然におこった陣痛によって出産をします。

無痛分娩の場合は、陣痛がおこる前に麻酔などを使用する必要があるため、計画分娩になります。

赤ちゃんや子宮の様子を見ながら、事前に分娩日を決めます。

分娩日当日になると、陣痛促進剤などを使用して、計画的に陣痛をおこして出産します。

2. 無痛分娩のメリットとは

痛みを和らげることができる

無痛分娩の1番のメリットは、陣痛の痛みを和らげることができることです。

麻酔の効き目には個人差がありますが、陣痛の痛みをあまり感じることなく出産できることがほとんどです。

完全に痛みがなくなるわけではありませんが、自然分娩と比べると痛みは強くありません。

痛みに弱く、出産が不安…というかたにおすすめの出産方法です。

体力の消耗が少ない

痛みがすくないと、呼吸が乱れにくくなります。

いきむときに体力を消耗することもないので、出産のときの疲れがあとに残りません。

体力の消耗が少ないと、産後の体力回復も早めることができます。

心臓や呼吸器にトラブルを抱えている妊婦さんは、体の負担を軽くするために、無痛分娩がすすめられることもあります。

赤ちゃんへ酸素がたくさん届く

分娩中にいきむとき、呼吸をとめて力んでしまうことがあります。

お母さんが呼吸を止めると、赤ちゃんに届く酸素量も少なくなります。

少し酸素量が減る分には問題ありませんが、あまりに酸素量が減ってしまうと、赤ちゃんに影響が出ることもあります。

無痛分娩であれば、いきむときにそれほど力を入れる必要がありません。

血流と酸素量を保って分娩できるのも大きなメリットです。

3. 無痛分娩のデメリット

麻酔が効かないことがある

麻酔のトラブルによって、麻酔が思ったように効かないことがあります。

それとは逆に、麻酔の効果が強く出てしまい、子宮収縮が弱くなって、急きょ帝王切開になる可能性もあります。

このような可能性は少ないですが、麻酔によって出産時にトラブルがおこるデメリットが考えられます。

出産費用が高くなる

無痛分娩は、自然分娩と同じで保険が適用されません。

無痛分娩にかかる費用が、自然分娩に加算されることになります。

医療機関によって大きな違いがありますが、出産費用が高くなるのはデメリットの1つです。

費用については、事前に病院で確認しておくようにしましょう。

4. 無痛分娩ができる病院は少ない

無痛分娩を希望してるなら早めに伝えよう

無痛分娩が知られるようになってきたといっても、日本で無痛分娩ができる病院は、まだ限られています。

無痛分娩を希望しても、受けいれてもらえないことも少なくありません。

無痛分娩を希望するのであれば、妊婦検診のときに、早めにそのことを伝えるようにしましょう。

できるだけ早く申しでることが大切です。

5. 無痛分娩のメリット・デメリットを知った上で考えよう

自然分娩ではないといけないという決まりはない

「お腹を痛めることなく、赤ちゃんを産むのはどうなの?」という考えをもっている人もいます。

ですが、無痛分娩であっても、まったく痛みがなくなるわけではありません。

それが子どもへの愛情に関係するわけでもありませんよね。

無痛分娩は、お母さんと赤ちゃんへの負担を少なくする、出産の1つの選択方法です。

メリットとデメリットを知った上で、希望する出産方法を考えてみてください。

近所の産婦人科病院の
口コミを見る・書く