卵管障害でも妊娠する人がいるのはなぜ?どのくらいの確率?

1. 卵管障害と診断されたら

女性の不妊原因の1つに、卵管障害があります。

卵管障害と診断されると、「妊娠できないのでは?」と、不安になる方も多いと思います。

しかし、実際は卵管障害と診断された方でも、妊娠する可能性は0ではありません。

2. 卵管障害とは?

卵管障害とは、卵管が正常に機能しなくなる障害のことです。

卵管とは?

卵管とは、子宮の左右の両脇にある細い管のことをいいます。

長さはおよそ7〜10cmで、直径は細いところが1mm以下という非常に細い管です。

卵管は、卵巣から排出された卵子を捕獲し、精子と卵子が出会い、受精する場所です。

妊娠の成立において、卵管は非常に重要な役割を果たしています。

卵管障害とはどのような状態?

卵管障害とは、なにかしらの原因によって、卵管が癒着を起こしたり、詰まったりする障害です。

その結果、卵管が正常に機能しなくなり、自然妊娠の可能性が下がってしまいます。

3. 卵管障害の原因

卵管障害のおもな原因として、以下のことが考えられます。

  • クラミジアなどの感染症による炎症
  • 子宮内膜症による癒着
  • 過去の開腹手術による癒着
  • 腹腔内の炎症の影響

それでは、1つずつ詳しく説明していきます。

クラミジアなどの感染症による炎症

クラミジアなどの感染症にかかることにより、卵管が炎症を起こします。

この結果、卵管を詰まらせたり、癒着を引き起こす可能性があります。

子宮内膜症による癒着

子宮内膜症とは、本来であれば子宮の中にできる子宮内膜が、子宮の壁や卵巣などにできてしまう疾患です。

子宮内膜は、生理周期ごとに剥がれ、血液として体外に排出されます。

しかし、子宮の中以外にできた子宮内膜は、剥がれ落ちても体外に排出されずに癒着を引き起こします。

その結果、卵管障害になってしまうのです。

過去の開腹手術による癒着

過去に、帝王切開や、子宮外妊娠、腹膜炎などによって、開腹手術を受けた経験のある方は、排卵障害の可能性が高いです。

手術の際に、卵管に細菌が侵入しており、癒着を引き起こしている可能性があるためです。

開腹手術の経験がある方は、実に70〜80%の確率で、癒着を起こしているといわれています。

腹腔内の炎症の影響

卵管に近い部分で、炎症が起こると、卵管が影響を受けてしまう場合もあります。

腹腔内が虫垂炎などで炎症にを起こすと、炎症が卵管まで移行してきます。

その結果、卵管障害を引き起こします。

4. 卵管障害の検査と治療

卵管障害の検査と治療は同時に受けられる

卵管障害の検査で原因が見つかった場合、基本的に同じタイミングで治療することが可能です。

卵管障害の検査と治療の種類

卵管障害の検査と治療には、以下のようなものがあります。

  • 子宮卵管造影検査
  • 卵管通気検査・卵管通水検査
  • 腹腔鏡検査

それでは、1つずつ詳しく説明していきます。

子宮卵管造影検査

子宮と卵管内に造影剤を流し込み、その広がり方をレントゲンで確認する検査です。

造影剤が卵管内に流しこまれることにより、軽度の癒着を解消することができます。

卵管通気検査・卵管通水検査

卵管通気検査は、子宮口から炭酸ガスを注入して、卵管の詰まり具合を調べる検査です。

そして、卵管通水検査は、生理食塩水を子宮の入り口から注入し、卵管の通りを具合を調べる検査です。

炭酸ガスや、生理食塩水を注入することにより、軽度の癒着を解消することができます。

腹腔鏡検査

腹腔鏡は、腹部の外側から1cm程度の穴をあけ、腹腔内を観察する内視鏡検査です。

他の検査では見つけられない、卵管の異常などを直接観察することができます。

検査で異常が見つかった場合、そのまま医療器具を用いて、癒着を解消することができます。

治療まで行う場合には、更に数カ所穴をあける可能性があります。

全身麻酔で行われ、入院も数日程度必要です。

5. 卵管障害でも妊娠するのはなぜ?

さまざまな原因によって引き起こされる卵管障害は、決して妊娠の確率が0ではありません。

その理由として以下の3つが考えられます。

  • 卵管が両側にあるため
  • 治療によって改善が期待できるため
  • 体外受精での妊娠の可能性もあるため

それでは、1つずつ詳しくみていきましょう。

卵管が両側にあるため

先ほども説明した通り、卵管は子宮の両側に左右対になって存在します。

例え、左右どちらかの卵管が排卵を起こしていても、もう1つの卵管が正常に機能している場合、排卵が起こります。

そのため、妊娠する可能性があります。

しかし、両方の卵管が卵管障害の場合は、基本的に治療を行わないと自然妊娠は見込めません。

治療によって改善が期待できるため

卵管障害は、治療によって改善できる障害です。

手術や治療を受けることにより、卵管の詰まりや癒着は改善されます。

排卵障害の治療は、先ほど説明した通り、さまざまな方法があります。

体外受精での妊娠の可能性もあるため

体外受精とは、卵子と精子を一旦、体外で受精させて、再び子宮に戻すという不妊治療法です。

卵子と精子が受精するために、卵管が必要ありません。

そのため、卵管障害と診断された場合、体外受精へステップアップをすすめられる場合もあります。

自分の希望で選べる治療法

排卵障害自体を改善するためには、さまざまな治療法があります。

しかし、排卵障害を改善せずに、体外受精にトライするのも1つの方法です。

しっかりと治療することにより、卵管障害が改善されると、妊娠の確率も高まります。

あなたとパートナーがどのような妊娠を望むのか、しっかりビジョンを持って治療方法を選ぶことが大切です。

マカ・葉酸サプリを超えた、ピニトール配合の妊活サプリ・ベジママとは?

不妊治療専門の病院を
探す・口コミを見る