妊娠7ヶ月目!お腹が大きくなる?母子の体重は?胎動は活発?

1. 妊娠7か月目は何週頃になるの?

妊娠7か月目は、妊娠週数でいうと妊娠24~27週にあたります。

妊娠7か月はまだ安定期ですが、どんどん大きくなる胎児とともにお腹も大きくなり、母体がつらくなり始める頃です。

さまざまなマイナートラブルが増える時期でもあります。

一方、胎児の成長はめざましく、できることがどんどん増えます。

今回は、妊娠7か月目の症状や気をつけることなどをまとめました。

2. 妊娠7か月目の様子は?

妊娠7か月目になると、お腹が大きくなるため動きづらくなります。

また、大きくなった子宮が臓器を圧迫するため、頻尿や便秘などのトラブルも徐々に増えはじめます。

妊娠7か月目の胎児や母体の様子を、妊娠週数ごとにみていきましょう。

妊娠24週目

脳がどんどん発達する

胎児の大きさは300~350mm、体重は約700g前後に成長します。

脳が発達して体のコントロールができるようになり、子宮の中をぐるぐると自由自在に動いています。

胃が圧迫される感じがあることも

この頃になると、子宮のてっぺんがおへその上あたりまで大きくなります。

このため、胃のあたりからお腹がふくらんできます。

仰向けに寝ると、少し苦しさを感じることがあるかも知れません。

妊娠25週目

呼吸の練習を始める

胎児の大きさは310~360mm、体重は800g前後になります。

目や鼻、口が正しく機能し始めます。

肺が発達し始めるため、できたばかりの鼻の穴を通じて呼吸の練習を始めます。

羊水が増加する

羊水量がさらに増加するので、お腹はどんどん大きくなります。

子宮と大腸はとなりにある臓器なので、大腸が圧迫されることで便秘になりやすくなります。

妊娠26週目

五感が発達する

胎児の大きさは350~380mm、体重は1,000gほどになります。

じゅうぶんな機能ができるまではまだ時間がかかりますが、からだはほぼすべてできあがっています。

手を握ったり、足を盛んに動かしたりと、複雑な動作ができるようになります。

また、五感が発達し始める時期でもあります。

動悸や息切れが起こりやすくなることも

大きくなった子宮が心臓を圧迫するため、ちょっとした動作で動悸や息切れを起こしやすくなります。

妊娠27週目

脂肪がついてくる

胎児の大きさは380~400mm、体重は1,000gを超えます。

顔や体がふっくらとしてきて、赤ちゃんらしいからだつきになってきます。

味覚も発達し、甘みや苦味などを感じられるようになっています。

できるだけ動くようにしよう

動くのが億劫になり始めますが、医師から特に禁止されていない場合は、できるだけからだを動かすようにしましょう。

出産に向けてしっかりと体力をつけておきましょう。

3. 体重増加の目安は?おススメの過ごし方は?

妊娠7か月目の体重増加の目安や、おススメの過ごし方をあげてみましょう。

妊娠7か月目の体重増加について

炭水化物や甘いものがほしくなる

妊娠7か月目に入ると、胎児にブドウ糖が優先的に送られるようになります。

このため、母体は炭水化物や甘いものがとてもほしくなります。

しかし、炭水化物の摂取量の目安は、1食につきご飯茶碗軽く1杯程度です。

この時期に食べすぎてしまうと、急激な体重増加につながります。

妊娠7か月目の体重増加の目安は?

妊娠7か月目の体重増加の目安は、妊娠6か月目と同じく週に0.3kg~0.5kg程度です。

月に1~2kgほどの増加におさえるようにしましょう。

妊娠7か月、おススメの過ごし方は?

無理をしない

妊娠7か月になると、お腹もだいぶ大きくなります。

このため、心臓が圧迫され動悸や息切れを感じるようになります。

疲れたら無理をせず、少し休むようにしましょう。

寝る時の体勢を工夫しよう

妊娠7か月になると、胃が圧迫されるため仰向けでは寝苦しくなります。

寝る時は、「シムスの体位」がおススメです。

シムスの体位のやり方は、少しうつぶせぎみの横向きに寝て、下側の腕は自然に背中側に、上になった腕は軽く曲げて胸側に沿わせるようにします。

お腹の下にはクッションをしきましょう。

ただし、人によってはシムスの体位が苦しい場合もあります。

自分が楽な体位で寝るようにしましょう。

産後の準備を進めよう

産後の準備物は意外と多くあります。

今のうちに必要な物をリストアップしておいて、購入していくようにしましょう。

美容院に行く

妊娠後期に入るとお腹がさらに大きくなり、ずっと座るのが苦しくなります。

また、産後しばらくは美容院に行けないかも知れません。

今のうちに行っておきましょう。

4. 妊娠7か月目、気をつけることとは?

妊娠7か月目に気をつけることをあげてみましょう。

出血があれば病院へ

妊娠7か月目は、まだまだ安定期です。

妊娠初期と比べると出血があることはあまりないでしょう。

出血があれば、できるだけ早く病院を受診しましょう。

お腹が頻繁に張るときは相談を

お腹が頻繁に張ると、子宮頸管が短くなる可能性があります。

子宮頸管とは、子宮と膣の入り口をつないでいる器官のことで、通常は40mmほどあります。

これが25mm以下になると「切迫早産」と診断されることがあります。

子宮頸管はお腹が張る回数が多いと徐々に短くなることがあります。

お腹の張りが多い場合は、医師に相談しましょう。

マイナートラブルは早めに対応する

お腹が大きくなるにつれて、腰痛やこむら返り、妊娠線や静脈瘤などのマイナートラブルが増えることがあります。

これらのマイナートラブルがみられたら、早めに対応するようにしましょう。

ケアしないとお腹がごわごわに!妊娠中のママのためのベルタ妊娠線クリームとは?

近所の産婦人科の病院の
口コミを見る・書く