妊娠6ヶ月目!体重の増加するペースは?お腹の張りはどの程度?

1. 妊娠6か月目は何週頃になるの?

妊娠6か月目は、妊娠週数でいうと妊娠20~23週にあたります。

胎児は日に日に大きくなり、胎動もよく感じるようになります。

また、胎児が大きくなるにつれてお腹も大きくなるため、徐々に「ママになる自覚」が芽生えてくる時期でもあります。

妊娠6か月は安定期と呼ばれる時期で、活動的に過ごせる妊婦さんが多いです。

しかし、お腹が大きくなることでマイナートラブルも増えます。

今回は、妊娠6か月目の症状や気をつけることなどをまとめました。

2. 妊娠6か月目の様子は?

妊娠6か月目は、胎児の成長が加速する時期です。

妊娠6か月の胎児や母体の様子を、妊娠週数ごとにみていきましょう。

妊娠20週目

からだのより細かな部分が作られる

胎児の大きさは170~230mm、体重は220~350gほどに成長します。

頭と胴、四肢の大きさの割合は、新生児とほぼ同じになります。

からだのより細部が作られはじめる時期です。

羊水の量が増える

妊娠20週以降は、胎児を衝撃などから守っている羊水の量が急激に増えはじめる時期です。

この時点で350mlほどですが、どんどん増えていくためお腹も急に大きくなります。

妊娠21週目

この時期の逆子は心配しないで

胎児の大きさは190~250mm、体重は300~450gほどに成長します。

体脂肪がついてきてふっくらとした体型になってきます。

エコーでみると、ずいぶん赤ちゃんらしいからだつきになっていることが分かるでしょう。

羊水の中をぐるぐると動き回っているため、逆子になっていることもあります。

しかし、自然に元に戻る場合がほとんどなので、心配しないようにしましょう。

体調のよい日に出産準備を

出産は少し先になりますが、体調のよい安定期のうちに揃えられるものをリストアップしておきましょう。

実際にお店に行き、商品をチェックしておくことも大切です。

妊娠22週目

聴覚が発達する

胎児の大きさは230~280mm、体重400~500gほどに成長します。

聴覚が発達し、外の音に反応するようになります。

時間があるときに、赤ちゃんに話しかけてあげると喜ぶかも知れません。

子宮は大人の頭よりも大きくなる

子宮は大人の頭より一回りも大きくなるので、お腹が前にせり出してきます。

このため、腰痛が起こりやすくなります。

妊娠23週目

そろそろ胎児のからだ全体が見えなくなる

胎児の大きさは250~300mm、体重は450~700gほどに成長します。

赤ちゃんの体が大きくなってくると、エコー検査では全身を見ることができなくなります。

むくみに注意

子宮が大きくなることで、むくみやすくなります。

また、足がつるこむら返りの症状も徐々にみられます。

3. 体重増加のペースはどのくらい?お腹の張りはある?

妊娠6か月目の体重増加の目安はどのくらいなのでしょうか?

また、お腹の張りはあるのでしょうか?

妊娠6か月目の体重増加について

妊娠中は脂肪がつきやすくなる

非妊娠時のエネルギー源は「ブドウ糖」です。

しかし、妊娠中はホルモンの影響からエネルギー源は「脂肪」に変化します。

このため、脂肪を蓄える働きを持つ「ヒト胎盤性ラクトゲン」というホルモンが胎盤から分泌され、脂肪がつきやすくなります。

妊娠6か月の体重増加の目安は?

妊娠6ヶ月の体重増加の目安は、1週間に0.3〜0.5kgです。

妊娠7ヶ月をむかえる頃に、妊娠前の体重と比べて6kg前後の増加が理想です。

体重が増えすぎるとさまざまなリスクがある

妊娠後期は赤ちゃんがさらに大きくなり、出産にそなえて脂肪や血液量がさらに増えるため、さらに体重が増加します。

まだ妊娠6か月目の時期に体重が増えすぎると、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などを引き起こすことがあります。

難産の原因になるため、気をつけるようにしましょう。

妊娠6か月目でもお腹が張る?

妊娠6か月目は、生理的なお腹の張りはあまり多く起こりません。

お腹の張りを感じるときは、動きすぎやストレスなどが原因であることがほとんどです。

お腹の張りを感じたら、できるだけ横になって安静に過ごしましょう。

30分ほど安静にしても張りがおさまらない場合は、病院を受診しましょう。

4. 妊娠6か月目、気をつけることとは?

妊娠6か月目に気をつけることをあげていきましょう。

出血したら病院を受診する

妊娠6か月目は、比較的安定している時期です。

もし出血した場合、切迫早産の可能性があります。

できるだけ早く病院を受診すると安心です。

妊娠線対策を始めよう

妊娠線とは、お腹が急激に大きくなることで皮膚の表面がそれについていけず、みみずばれのような亀裂があらわれる症状です。

妊娠線を予防するには、しっかりとケアをすることが大切です。

妊娠線予防クリームを活用し、妊娠線が残らないようにしましょう。

ケアしないとお腹がごわごわに!妊娠中のママのためのベルタ妊娠線クリームとは?

マイナートラブルに気をつけよう

妊娠6か月になると、お腹が大きくなることでさまざまなマイナートラブルが増えるようになります。

  • 腰痛
  • 便秘
  • 静脈瘤ができる
  • こむら返り
  • 乳首の黒ずみ
  • シミ・ソバカスなどの肌トラブル

これらのマイナートラブルがみられたら、早めに対策をしましょう。

近所の産婦人科の病院の
口コミを見る・書く