妊娠5ヶ月目!ようやく安定期?赤ちゃんの胎動は感じられる?

1. 妊娠5か月目は何週頃になるの?

妊娠5か月目は、妊娠週数でいうと妊娠16~19週にあたります。

妊娠5か月目からは「安定期」と呼ばれ、つわりもおさまり体調もよくなる人が多くなります。

全妊娠期間中で、もっとも過ごしやすい時期でしょう。

一方、お腹が大きくなるにつれて、腰痛などのマイナートラブルがでてくることがあります。

また、食欲が増すことでついつい食べ過ぎてしまい、体重が急に増えてしまうこともあります。

今回は、妊娠5か月目の症状や気をつけることなどをまとめました。

2. 妊娠5か月目の様子は?

妊娠5か月目になると、安定期に入ります。

活発に動ける人が多くなってくる時期です。

一方で、胎盤が完成したことで胎児も急激に大きくなる時期でもあります。

妊娠5か月目の胎児や母体の様子を、妊娠週数ごとにみていきましょう。

妊娠16週目

3頭身になる

胎児の大きさは120~140mm、体重は60~120gほどに成長します。

体は完全に3頭身になり、体毛も生えてきて皮膚も厚みをおびてきます。

ゆったりした服を着よう

子宮の大きさは赤ちゃんの頭くらいの大きさで、外から見てもお腹のふくらみが分かるようになります。

ゆったりした服やマタニティウェアを着るようにしましょう。

早い人や経産婦さんは、胎動を感じることがあります。

妊娠17週目

胎児の成長には個人差がある

胎児は大きさ140~170mm、体重100~150gほどに成長します。

ちょうど大人の手の平くらいの大きさになります。

「胎児の成長曲線」が気になる人も多いですが、少しくらい小さくても気にしないようにしましょう。

妊娠線対策を始めよう

子宮は大きいメロンくらいのサイズになっています。

お腹が大きくなることで、背中が反り気味になり腰痛になりやすくなります。

お腹が急に大きくなると、妊娠線ができやすくなります。

妊娠線予防クリームなどを使用して、妊娠線対策を始めましょう。

ケアしないとお腹がごわごわに!妊娠中のママのためのベルタ妊娠線クリームとは?

妊娠18週目

胎動を感じ始める

胎児の大きさは150~180mm、体重150~200gほどに成長します。

赤ちゃんの向きによっては、エコー検査で性別がはっきり分かることがあります。

体の表面には、胎脂や産毛ができてきます。

食べすぎには注意しよう

出産にそなえて体力を維持するため、皮下脂肪を蓄えるようになります。

体重が増加しやすくなり始めるので、食べすぎには注意しましょう。

食べすぎた日の翌日は少しセーブするのなどの工夫が必要です。

また、医師の許可が出ている場合は、マタニティスイミングやマタニティヨガなどの運動をすると効果的です。

妊娠19週目

内臓が徐々に機能し始める

胎児の大きさは160~200mm、体重200~280gほどに成長します。

胎児はお腹の中でグルグル動き回っています。

心臓が4部屋に分かれて機能し始めます。

腎臓や膀胱などの排せつ器官も完成し始める頃です。

腰痛対策を

子宮は大人の頭と同じくらい大きくなり、お腹もだいぶ前にせり出してきます。

腰痛に悩まされる人が増えるので、骨盤ベルトを巻くなどの腰痛対策をするようにしましょう。

また、体重は1ヶ月に1~2kgのペースで増えるのが目安です。

3. 妊娠5か月目のおススメの過ごし方は?胎動は感じられる?

妊娠5か月目の症状やおすすめの過ごし方などについてあげていきましょう。

胎動を感じ始める

胎児は、妊娠3か月の終わり頃から活発に動き始めます。

胎児が子宮の壁に当たる

しかし、その頃は胎児が小さいため、胎動として感じることはできませんでした。

妊娠16週頃になると、胎児がじゅうぶんな大きさになるため、動き回ることで足や手などが子宮の壁に当たり、胎動として感じられるようになるのです。

胎動を感じると、「お腹の中に赤ちゃんがいるんだな」と妊娠している実感がわくことでしょう。

キックゲームを楽しもう

キックゲームとは、胎動を感じた場所を軽くたたくと、胎児が反応して蹴り返してくるというゲームです。

必ずしも蹴り返してくるわけではありませんが、ゲームの一環として楽しめるでしょう。

外出や旅行に出かけよう

安定期に入ると、体調が落ち着き活動的になれる妊婦さんが増えます。

妊娠後期になると、お腹が大きくなって動きづらくなるため、安定期のうちに外出や旅行を楽しみましょう。

ただし、無理は禁物です。

できるだけ近場に行くようにし、疲れたらこまめに休憩をとりましょう。

「戌の日」のお祝いをしよう

戌の日のお祝いとは、妊娠5か月目の最初の戌の日に、神社やお寺で安産祈願をする行事です。

戌の日は混雑が予想されるため、予約できる場合は早めに予約しましょう。

4. 妊娠5か月目、気をつけることとは?

妊娠5か月目に気をつけることをあげていきましょう。

食べすぎに注意しよう

安定期に入ると、つわりもおさまり食欲が一気にでてきます。

しかし急激な体重増加は、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクを上げることになります。

1か月の体重増加は、1~2kgにおさえるようにしましょう。

お腹の張りや出血に注意しよう

安定期に入ると流産の確率はほとんどなくなります。

しかし、0とは言えません。

この時期の胎児は、外の世界で生きていけないため、もし子宮から出てしまった場合は流産扱いとなります。

出血がみられたら、できるだけ早く病院を受診すると安心です。

また、お腹の張りを感じたら、無理をせずにしばらく安静にして過ごしましょう。

腰痛対策をしよう

お腹が大きくなるにつれて、お腹を前にせり出すことで腰痛になる妊婦さんが増えます。

骨盤ベルトなどを活用し、腰痛対策をしましょう。

近所の産婦人科の病院の
口コミを見る・書く