妊娠3ヶ月目!つわりは?お腹の大きさは?出血は流産につながる?

1. 妊娠3か月目は何週頃になるの?

妊娠3か月目は、妊娠週数でいうと8~11週にあたります。

妊娠8週目あたりからは、赤ちゃんもだいぶ大きくなり「胎芽」から「胎児」と呼ばれるようになります。

一方、母体はつわりの症状がピークに達する時期です。

さまざまな症状がでてつらいときは、周りに相談してゆっくり休むことが大切です。

今回は、妊娠3か月目の症状や気をつけることなどをまとめました。

2. 妊娠2か月目の様子は?

妊娠3か月目の、赤ちゃんや母体の様子を週数ごとにみていきましょう。

妊娠8週目

赤ちゃんは「胎児」と呼ばれるようになる

妊娠8週目から赤ちゃんは「胎芽」ではなく、「胎児」と呼ばれるようになります。

心臓や脳、肝臓、肺、腎臓など重要な臓器が形成がどんどん進んでいきます。

赤ちゃんも、徐々に人間の形に近づきます。

つわりがひどくなる人も

胎児が順調に成長する一方で。母体のつわりの症状はひどくなることがあります。

食事が思うようにとれなくなったり、眠気がずっと続く、ひどく疲れてしまうなどの症状が続きます。

妊娠9週目

手や足などが作られる

胎児は20~30mmの大きさになります。

手や足など体の細部が作られ、エコー写真をみると2頭身になっていることが分かります。

脳の形成もどんどん進み、光や音に反応してからだの筋肉を動かすなどができるようになります。

つわりやマイナートラブルが続く

この時期も、つわりのピークが続くことで母体はつらい日が多いでしょう。

ホルモンの影響で便秘や下痢などの症状がでる人もいます。

また、子宮が大きくなることで膀胱が刺激され、頻尿になることもあります。

トイレはこまめに行くようにしましょう。

妊娠10週目

流産の確率がさらに減少する

胎児の大きさは30~50mm、体重は5~12gほどに成長します。

心臓がほとんどできあがり、ドップラー聴診器をお腹にあてると、赤ちゃんの心拍がはっきりと聞こえるようになります。

「お腹に赤ちゃんがいるんだ」と実感できるようになる頃でしょう。

妊娠10週目に入ると、初期流産の確率はかなり減少します。

気持ちにも少し余裕が出てくるでしょう。

つわりが落ち着いてくる人も

つわりのピークは続きますが、なかには少し落ち着いてくる人もいます。

妊娠11週目

脳の構造は新生児とほぼ同じに

胎児の大きさは40〜60mm、体重は10~15gへ成長します。

胴体が少し伸び、徐々に3頭身に近い体つきになっていきます。

目や鼻、口ができ、脳の構造も新生児と同じ状態になります。

つわりが落ち着く人が増える

つわりが落ち着く人が増えてきます。

胎盤が完成するにつれて、母体の状態も安定してきます。

妊婦健診の回数も1〜2週間に1回だったのが4週に1回のペースになります。

3. 妊娠3か月目の症状は?

妊娠3か月目の症状についてあげていきましょう。

つわりがピークになる時期

妊娠3か月目は、つわりの症状がピークになる時期です。

つわりがひどい時は、病院を受診した方がいいの?

吐き気が強く何も食べられない、水分補給も難しい場合は、我慢せずに病院を受診したほうが安心です。

脱水症状がいちばん怖いので、水分がとれるのであればこまめにとるようにしましょう。

この時期の赤ちゃんは、母体に蓄えられている栄養素から栄養をもらっています。

食べられないことで、赤ちゃんの発達に影響がでることはありません。

空腹時に気持ち悪くなる場合は?

空腹時に気持ちが悪くなる「食べつわり」は、体重が増えてしまうのではないかと不安になることもあります。

しかし、吐き気がおさまるのであれば、ちょこちょこ食べるようにしましょう。

炭水化物などはできるだけ避け、ナッツなどを食べるようにするといいでしょう。

つわりはいつおさまるの?

つわりの症状や時期は個人差が大変大きいものです。

妊娠10週あたりから徐々に軽くなる人もいれば、妊娠中ずっと続く人もいます。

ただ、安定期に入ると症状がおさまる場合が多いでしょう。

お腹が少し膨らみはじめる

妊娠3か月頃の子宮は、握りこぶし大になります。

さわると少し膨らんでいることが分かります。

今までの下着がきつく感じるときは、早めにマタニティインナーに切り替えるようにしましょう。

4. 妊娠3か月目、気をつけることとは?

妊娠3か月目の、気をつけることをあげてみましょう。

出血がある場合

出血がある場合は、少量でも病院を受診したほうが安心です。

出血があると流産になるの?

実は、妊娠初期の出血は4割ほどの妊婦さんが経験しており、珍しいことではありません。

「出血=流産」ではないことが多いので、まずは安静にして過ごしましょう。

出血が落ち着いた時点で病院を受診すればじゅうぶんです。

びらんやポリープが出血の原因であることも

子宮頸管ポリープや、子宮頸部びらんと診断されている場合は、出血しやすい状態になっています。

子宮からの出血と見分けがつかないので、不安な場合は病院を受診しましょう。

便秘や腰痛には注意しよう

ホルモンの影響で、便秘や腰痛になる妊婦さんもいます。

便秘対策としては、水分を多くとったり繊維が多い食べ物を食べる、純正のオリゴ糖を使用するなどの対策をしましょう。

また、腰痛対策には骨盤ベルトをするのがおススメです。

これから妊娠が進むにつれて、腰痛になる可能性は高くなります。

助産師から骨盤ベルトの巻き方を聞き、早めに対策をとるようにしましょう。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る