産後に眠れなくなることってあるの?産後の不眠の原因と対処法

1. 産後に眠れなくなるのはどうして?

産後に眠れなくなる原因

産後疲れているのに、眠れなくなるママも少なくありません。

眠れない日が続くと、疲れもたまりますし、きちんと育児できるか心配になってきますよね。

悩むと余計に眠れなくなることもありますが、産後に眠れなくなるにはさまざまな理由が考えられます。

ストレス

赤ちゃんのお世話は24時間行わなければなりません。

昼も夜も関係ないので、思うように自分の時間をもつことができません。

眠たくても眠ることができず、ストレスが溜まることも少なくありません。

育児に追われると、家事も思うようにできなかったりします。

旦那さんが育児に協力的でないと負担が大きくより疲れがたまります。

さまざまなことでストレスがたまって、不眠につながることがあります。

ホルモンバランスの急激な変化

ホルモンバランスの急激な変化も、不眠の大きな理由になります。

妊娠中というのは、エストロゲンとプロゲステロンがたくさん分泌されます。

出産すると、妊娠中に分泌されているホルモンが急激に減少します。

その一方で、母乳を作るホルモンであるプロラクチンの分泌量が産後にとても増えます。

こうしたホルモンバランスの急激な変化によって、自律神経が乱れてリラックスできなくなり、不眠に繋がるのです。

2. 産後に眠れなくなったときの対処法

産後に不眠になると辛いですが、すぐに治そうと思わないで、できることから対処していくようにしましょう。

こまめに寝るようにする

育児も家事もあるので、眠いときにすぐに寝るというのは難しいと思います。

赤ちゃんが昼寝をしていても、その間に食事の用意や掃除など、家事をしなくてはなりません。

思い通りに眠れないことも多いでしょう。

ですが、少しぐらい家事をしなくても病気になったりしません。

疲れているときは、少しぐらい家事を後回しにしてもかまいません。

ママが健康であることが、赤ちゃんにとって大切です。

眠れるときは赤ちゃんと一緒にこまめに寝るようにしましょう。

授乳の負担を減らす

赤ちゃんへの授乳というのも大変ですよね。

特に赤ちゃんが小さいころは、数時間おきに授乳しなければならず、睡眠不足になりがちです。

授乳への負担を減らすことができれば、ママの負担も少なくなります。

母乳育児をしているのであれば、添い寝で母乳をあげるようにしましょう。

ミルク育児をしているのであれば、調乳や後片付けが簡単になるグッズを活用して、授乳を楽にしてみてください。

少し工夫するだけで、余裕ができるようになります。

3. 産後でも簡単にできる不眠解消法

寝る前に温かい飲み物を飲む

寝る前に温かい飲み物を飲むと、体の冷えがなくなり眠りやすくなります。

牛乳を温めてホットミルクにして飲んでもいいですし、ココアなどもおすすめです。

牛乳が苦手なら、ホットレモンやカフェインが入っていない温かいお茶などもいいでしょう。

ハーブティーはリラックスできる効果があります。

ただ、授乳中はあまりおすすめできないハーブがあるので、注意してください。

寝る前はスマホやテレビを控える

産後に限ったことではありませんが、寝る前にスマホやテレビを見るのはおすすめできません。

ブルーライトを発するスマホやテレビを寝る直前に見ていると、身体が興奮してしまい、眠りにくくなります。

気分転換に役立ちますし、つい寝る前にいじってしまいがちですが、寝る前はできるだけ控えるようにしましょう。

眠る30~1時間前は使用しないようにすることを、おすすめします。

できるだけストレスを溜めない

産後の不眠を解消するためには、ストレスをできるだけ溜めないようにすることが大切になります。

ストレスを全く溜めないようにすることは難しいですが、定期的にストレス発散することは欠かせません。

パートナーや親族など、頼れる人がいるなら頼って、自分の時間を定期的に作りましょう。

産後は心身ともに浸かれやすく、育児も家事も完璧に行えないということを家族に分かってもらうことも重要です。

4. 産後なにをしても眠れないときは

どうしても眠れないときは病院に

いろいろと対策をしても、眠ることができないという場合は、病院に行くようにしてください。

疲れているのに、眠れない状態が1週間以上続く場合、我慢せずに産婦人科医を受診するようにしましょう。

不眠に加えてストレスが溜まると、産後うつになってしまう可能性もあります。

病院で診察を受ければ、症状によっては、授乳中でも飲める睡眠剤を出してもらうことができます。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る