乳腺のしこりが痛い!授乳で乳腺が詰まる原因と対処法は?

1. 授乳中にしこりが痛い!原因って?

乳腺炎は大きく2つに分けられる

赤ちゃんに授乳している時に、何だか胸が痛い…しこりのようなものがある…という経験をするママも多いです。

そのような場合、乳腺が詰まって起こる乳腺炎になっているかもしれません。

母乳の詰まりによって起こる乳腺炎には大きく2つのタイプに分けることができます。

急性うっ滞乳腺炎

急性うっ滞乳腺炎は、母乳が乳腺に詰まって炎症を起こすことでおこります。

乳管の狭い初産の人や、断乳をするときなどに起こりやすいと言われています。

急性うっ滞乳腺炎になると、乳病にしこりができて痛くなる、赤くなって熱を持つ、微熱が出るというような症状が出るようになります。

化膿性乳腺炎

化膿性乳腺炎は、乳腺が細菌感染することによっておこります。

乳頭に傷が出来ているところに、赤ちゃんがおっぱいを吸うことで、口の中の細菌が感染して起こったり、急性うっ滞性乳腺炎が進行して起こる場合とがあります。

激しい痛みや、高熱、寒気、しこりなど、化膿性乳腺炎のほうがひどい症状がでます。

授乳中のママ必見!母乳が出なくて悩むママをサポートするサプリとは?

2. 乳腺炎のしこりを解消するにはどうすればいい?

赤ちゃんに吸ってもらうのが1番

乳腺炎になって、しこりができてしまった場合は、赤ちゃんに母乳を吸ってもらうのが1番効果的です。

しこりがあるほうの乳房から授乳するようにして、姿勢を変えてバランスよく吸ってもらうようにしてください。

赤ちゃんに母乳を吸ってもらうとき、しこりがある部分を軽く押してマッサージすると、しこり解消により効果的です。

飲み残しがある場合は、それ以上母乳が詰まらないように、搾乳をして母乳を出し切るようにしてください。

自分だけでできない場合は、母乳外来などでマッサージしてもらうといいですよ。

授乳をするときに、口から細菌が感染してしまうこともあります。

授乳前に乳首を清潔にすることも忘れないようにしてください。

体を温めるのも効果的

しこりができて、胸が痛くなったら入浴して湯船にゆっくり浸かり、体を温めるのも効果的です。

ぬるめのお湯でゆっくりと体を温めて、乳房を優しくマッサージするようにしましょう。

強くマッサージすると、乳腺を傷つけてしまう可能性があるので、優しくすることが大切です。

入浴後の体が温まっているときに、授乳をすると、母乳が出やすくより効果的です。

3. 乳腺炎のしこりの痛みが悪化したときの対処法

しこりの痛みが軽い場合

しこりがあるだけでなく、しこりが熱や痛みを持っている場合は、温めるのではなく冷やすようにしてください。

冷却ジェル、タオルで包んだ保冷剤、濡れタオルを使用して、冷やすようにしましょう。

熱を持っている部分を、冷やすことで症状を軽くすることができます。

ゆったりした服を着る

サイズが合わないきつい下着、妊娠前につけていたワイヤー入りのブラジャーなどは胸を圧迫してしまいます。

サイズが合わない服も、乳腺を圧迫して、詰まらせる原因になるので、ゆったりした服を着るようにしましょう。

自宅にいるときは下着を外して、乳腺炎になっているときは大きめの服を着るようにしてください。

授乳用のブラジャーがあるので、そういったものを使用するだけでも、だいぶ体が楽になることがあります。

うまく活用するようにしてくださいね。

熱があるなら病院に

乳腺炎になって、しこりが痛いというだけでなく熱がある場合は、病院へ行くようにしてください。

高熱がある状態ではお風呂もゆっくり入ることができず、母乳が溜まってしまう一方です。

そうなると、症状がどんどん悪くなっていってしまいますので、もっとひどくなる前に病院に行くようにしてください。

乳腺炎が慢性化してしまうと、しこりが腫瘍になりやすくなるといわれています。

気になることがあるのであれば、母乳外来などで早めに相談するようにしてください。

病院で薬を処方された場合は、念のため授乳をいったん中止して、乳腺炎を治すことに専念するようにしましょう。

4. 授乳中にしこりが痛くなる前にできるだけ予防を

水分を取り過ぎないようにする

適度に水分を補給することは、授乳中でなくてももちろん必要です。

しかし、水分を取りすぎると母乳がたくさん作られるようになります。

そうなると、胸が余計にはるようになり、乳腺炎の症状を悪化させてしまいます。

乳腺炎の症状を軽くするためにも、適度な量を摂取するようにしてください。

カフェインが多く含まれているコーヒーや紅茶、糖分が多い炭酸飲料はあまりおすすめできません。

対処法を知っていれば慌てずに済む

大変な育児中に、乳腺炎になってしまうととても大変ですよね。

しかし、対処法を知っていれば、症状を悪化させずにすみます。

育児が大変で、自分のことはつい後回しにしてしまいがちですが、胸にしこりがある、痛いというような異常を感じたら早めに対処しましょう。

授乳中のママ必見!母乳が出なくて悩むママをサポートするサプリとは?

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る