妊婦健診って何をするの?内容・頻度・回数・費用は?補助券とは?

1. 妊婦健診とは?

妊娠すると、産婦人科で妊婦健診をする必要があります。

特に初産婦さんは、内容や頻度、回数、費用など分からないことが多くあるかと思います。

妊婦健診を受けるときは、各自治体から発行される「妊婦健診補助券」を使用することができます。

ただし、補助額は各自治体によって大きな差があります。

今回は、妊婦健診についてまとめました。

2. 妊婦健診を受ける目的は?

妊婦健診は、妊婦さんと胎児の健康を守るために必要不可欠なものです。

妊婦健診は、ただ医師の健診を受けるだけでなく、助産師や栄養士が相談に乗ることもあります。

妊婦健診を受ける目的をあげてみましょう。

主に医師がおこなう項目

  • 出産予定日を予測する
  • 胎児の発育の様子をみたり、異常がないか確認する
  • 妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などになっていないか確認する
  • 分娩方法を決める

主に助産師や栄養士がおこなう項目

  • 妊婦さんを身体的、精神的にサポートする
  • 妊婦さんの不安や悩みの相談にのる
  • 妊娠中の栄養や生活習慣などについてアドバイスする

3. 妊婦健診の内容は?

妊婦健診の内容は、妊娠週数や妊娠の経過などによって変わってきます。

具体的な内容をあげてみましょう。

毎回行う検査

尿検査

尿中の尿たんぱくや尿糖の検査をします。

妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病の有無を検査します。

尿糖がプラスになった場合、少し時間をおいて再検査することがあります。

体重測定

体重の増加が、リスクのない範囲内で増えているかをみます。

体重の増え方が多すぎると、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが高まります。

また、膣内に脂肪がつきすぎることで、難産になることもあります。

血圧測定

妊婦さんの血圧を測定して、正常な範囲内にあるかを調べます。

妊娠20週以降に最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以下の場合、妊娠高血圧症候群の可能性があります。

血圧が高い場合は、少し時間をおいて測り直すこともあります。

超音波検査・内診

妊娠初期は、膣内にプローブという器具を挿入して、胎児の様子を調べます。

同時に、子宮頸管はじゅうぶんな長さがあるか(正常は40mm以上)、羊水はじゅうぶんか、子宮筋腫や子宮頸管ポリープなどのトラブルはないかなどを調べます。

妊娠12週頃を超えると、胎児が大きくなってくるため、お腹の上から直接超音波をあてることができるようになります。

ただし、子宮頸管の長さを調べるために、必ず内診をする産院もあります。

妊婦健診の日は、スカートやワンピースなど脱ぎ着しやすい服装で行くようにしましょう。

問診

超音波検査のあと、医師から胎児の発育状況や、母体の健康状態などについて説明を受けます。

問診をスムーズに進めるため、質問がある場合はあらかじめメモしてから受けるようにしましょう。

妊娠中期以降におこなう検査

腹囲測定

妊婦さんのお腹をメジャーで測定します。

助産師がおこないます。

子宮底長測定

恥骨の上から子宮の一番上までの長さの、子宮底長を測定します。

腹囲測定と一緒におこなわれます。

超音波ドップラー検査

超音波ドップラー装置を使って、赤ちゃんの心拍数を調べます。

外診

妊婦さんのお腹を触り、張りがないか、赤ちゃんの位置は正常かなどを調べます。

必要に応じておこなう検査

血液検査

妊娠初期、中期、後期におこなわれます。

特に妊娠初期は、いろいろな項目の検査がおこなわれます。

血液検査の項目は以下の通りです。

妊娠初期
  • 血液型
  • B型肝炎、C型肝炎
  • 梅毒、HIV
  • トキソプラズマ抗体、麻疹・風疹抗体、HTLV-1抗体(白血球ウイルス)
  • 生化学検査(腎機能や肝機能、糖や脂質の代謝機能、電解質など)
  • 血算(赤血球・白血球・血小板の数や濃度)
妊娠中期、後期
  • 血算
  • 血糖値

子宮がん検診

子宮頸がん検診は、専用の綿棒で子宮頸部の粘膜を軽くこすり細胞を採取して、病理検査にかけることでがんの有無を調べます。

子宮頸がんにかかっていても、妊娠を継続できることはありますが、早めの対応が大切なので妊娠初期におこなわれることが多いです。

クラミジア感染症の有無

クラミジア感染症を引き起こす細菌の有無を調べます。

膣内に専用の綿棒を入れて、子宮頸管の表皮細胞を取り出して検査します。

クラミジアに感染すると、以下のようなリスクがあります。

  • 絨毛膜羊膜炎
  • 子宮頸管炎
  • 流産や早産
  • 出産時に胎児がクラミジアに産道感染し、結膜炎や肺炎を引き起こす

クラミジアは抗生物質を服用して治療します。

GBSチェック

GBSとは、B群溶血性レンサ球菌という細菌のことです。

出産時に赤ちゃんが産道感染することがあり、新生児GBS感染症になる可能性があります。

綿棒でおりものを取るだけの検査で、妊娠中期におこなわれます。

NST(胎児心拍数モニタリング)

NSTとは「ノンストレステスト」のことです。

分娩監視装置という機械をおなかにつけて、胎児の心拍数をチェックします。

ストレスがない状態で赤ちゃんの心拍数をチェックすることで、赤ちゃんの状態をリアルタイムに知ることができます。

同時におなかの張りをチェックすることもできるため、早産の心配がある妊婦さんにもおこなわれることがあります。

妊娠経過に問題のない妊婦さんの場合、妊娠34週〜37週頃におこなわれます。

4. 妊婦健診の頻度は?

妊婦健診の頻度は、妊娠週数によってある程度決まっています。

  • 初診(妊娠判定)~妊娠11週頃→1~2週間に1回
  • 妊娠12~23週(妊娠4~6か月)→4週間に1回
  • 妊娠24~35週(妊娠7~9か月)→2週間に1回
  • 妊娠36週以降(妊娠10か月)→1週間に1回

妊婦健診の頻度は目安

上記の妊婦健診の頻度は、あくまで目安です。

特に、妊娠初期でも4週間に1回の頻度で健診をおこなう産院もあります。

異常があれば健診を待たず病院へ

出血やお腹の張りが続く、尿漏れか破水か分からないといった症状がみられた場合は、健診を待たずに病院を受診しましょう。

産婦人科は24時間365日医師が常駐しています。

時間外で診察してもらいたい場合は、産院に連絡して様子を伝えてからにしましょう。

5. 妊婦健診の費用は?

妊婦健診は、健康保険が適用されません。

また、産院によって健診費用にばらつきがあります。

基本検査の費用は?

問診や超音波検査などの基本検査の費用は、大体3000~5000円くらいです。

NSTや内診などをした場合、さらに費用が上乗せされることもあります。

血液検査の費用は?

血液検査をすると、1回につき約10,000~15,000円の費用がかかります。

特に妊娠初期は項目が多いため、20000円を超えることもあります。

妊婦健診でかかる費用は結局いくら?

先ほども述べたように、妊婦健診の頻度は平均すると約14回です。

妊婦健診でかかる全費用は、10~15万円にのぼります。

もし時間外で受診した場合は、費用がさらに上乗せされます。

6. 妊婦健康診査受診票(補助券)とは?

妊婦健診で使用できる「妊婦健康診査受診票」(補助券)とは、保険がきかず高額になる妊婦健診の費用を助成するものです。

いつもらえるの?

補助券は、母子健康手帳を発行したとき、一緒にもらうことができます。

補助金はいくらある?

助成される金額は、各自治体によってさまざまです。

妊婦健診にかかる費用の一部を負担する自治体がほとんどですが、費用の全額を負担している自治体もあります。

妊婦健診は、妊娠の経過が順調な場合計14回です。

ほとんどの補助券は14回分に分かれており、1回の妊婦健診ごとに病院が切り取っていくとく形になっています。

どれくらい助成されるかは、自分の住所がある自治体に問い合わせてみましょう。

近所の産婦人科の病院を
探す・口コミを見る