血小板減少性紫斑病に関する情報まとめ

血小板減少性紫斑病とは?

血液内にある免疫細胞が、血小板を攻撃して破壊してしまう病気です。血小板は出血したときに止血する役割を持っているため、一度出血すると、なかなか止まらなくなってしまう危険な病気です。

血小板減少性紫斑病は完治するの?

血小板減少性紫斑病は、急性型と慢性型があります。5才くらいまでの子どもにかかりやすい急性型は、一時的なものなので自然に治ります。慢性型は薬の投与や手術を行います。

原因はさまざま

血小板減少性紫斑病の原因はいくつかあります。詳しい原因や治療法をこちらにまとめているので、ぜひご覧ください。