甲状腺機能低下症に関する情報まとめ

甲状腺機能低下症とは?

甲状腺機能低下症とは、体を動かすのに必要なホルモンを作る甲状腺の機能が低下し、様々な身体の不調、脳と体の発達への悪影響などを引き起こす病気です。

発症する確率と原因は?

確率的には7,000人に1人に発症します。男の子よりも女の子のほうが割合は多いです。甲状腺機能低下症は80%が先天性なのですが、先天性甲状腺機能低下症がおきる理由は、現時点ではまだわかっていません。

甲状腺機能低下症の治療法は?

基本的には薬物療法による治療となります。定期的に通院をしながら、成長にあわせて服用する薬の量を変えていきます。