子どもの糖尿病に関する情報まとめ

糖尿病とは?

糖尿病とは、血中のブドウ糖をエネルギーに変えるインスリンの働きが低下し、血中のブドウ糖が消費されにくくなる病気です。血液がドロドロになり、血行が悪くなって様々な合併症を引き起こします。

子どもでも糖尿病になるの?

糖尿病には1型と2型があります。日本人の糖尿病の9割以上は肥満を伴う2型であり、子どもや若年層の患者が多いのが1型です。

どうやって治療するの?

糖尿病の治療は、インスリンの投与、そのほかの薬、食事療法の3つが柱になります。また、水分補給など日常生活で注意しなければいけないことも多く、食事も含めた普段の生活が改善のポイントになります。