子どもの言葉の遅れに関する情報まとめ

言語発達の遅れとは?

子どもが言葉を覚え始める時期になっても、言葉の発達やその気配が一向に見られないことです。

言葉の発達の遅れの兆候とは?

具体的には、「意味のある言葉が出ない」、「言葉の数が増えない」、「ママが何か言っても全然理解せずコミュニケーションがとれない」などの状態が1歳半を過ぎてもずっと続くことが、言語発達の遅れの兆候です。

一人で悩まずに

言葉の発達の遅れは、発達外来や小児神経科などがある病院、自治体の発達相談窓口や支援センターで、検査・相談が可能です。言葉の発達の遅れに関する詳しい情報を知りたい場合は、こちらをご覧ください。