子どもの運動発達の遅れに関する情報まとめ

子どもの運動発達の遅れとは?

他の子どもと比べて、首のすわりが遅い、おすわりが遅いといった症状が出ることです。未熟児や早産などが原因で発達が遅い場合もありますが、病気や発達障害が原因のこともあります。

どうやってチェックすればいいの?

下記の記事の中に、各年齢における運動発達の遅れの特徴を紹介しています。チェックしてみてください。

どう対応すればいいの?

病気が原因の場合は、その病気に対して治療を行うことになります。それ以外の場合は、リハビリや理学療法による対応が中心になります。詳しくまとめていますので、ぜひ御覧ください。