赤ちゃんの溶連菌感染症に関する情報まとめ

全身に発疹が出る病気

溶連菌感染症は、突然の高熱、のどの痛み、全身に真っ赤な発疹が出る病気です。

合併症がこわい

溶連菌感染症は、きちんと治療を行えば、重症化せず徐々に回復します。しかし、溶連菌感染症の治療を行わないと、重症化や合併症発症のリスクがあります。

溶連菌感染症は抗菌薬で治療

溶連菌感染症は、ウイルス性ではなく細菌性の病気です。細菌性の病気は抗菌薬で悪化を防ぐことができます。