赤ちゃんのプール熱に関する情報まとめ

プール熱とは?

プール熱は、アデノウイルスと呼ばれるウイルスに感染して発症する病気です。毎年6~8月頃に流行します。

高熱が出て目が赤くなる

主な症状は、高熱、のどの腫れ、目が赤くなるなどです。ウイルスが原因なので、腹痛、下痢、嘔吐などもみられます。

対症療法によって治療

ウイルスの病気なので、特効薬はなく、対処療法が基本的な治療方法になります。