子どもの心臓の病気

心臓病は大きく3つのタイプがある

心臓病は3つのタイプがあります。生まれつき心臓の形と機能に異常のある「先天性心疾患」、主に乳幼児において発熱と発疹で始まり、心臓の冠動脈に病変を残す「川崎病」、学校検診でみつかる「不整脈」などです。

子どもの生活や人生が心配

お子さんが心臓病と診断されたとき、今後どのような生活を送れるのか、治療法はあるのかが問題となってきます。そのためには、親がまず病気と治療について理解することが大切です。

子どもをケアするために病気への正しい理解を

ここでは、心臓の病気とその原因・症状・治療法をまとめています。医師からの口頭の説明だけでは頭の中が整理できない時に、ぜひ参考にしてください。