子どもの目の病気に関する情報まとめ

目は子どもにとってとても大切

赤ちゃんの視力は3歳頃まで発達し続け、 6~7歳くらいで安定するといわれています。心と脳の発達において、目から得られる情報は大きな影響を持つため、目は子どもにとって最も大切な部位の1つです。

目の病気は意外と多い

いわゆる近視等の視力低下、先天的な病気、感染症など、目には色々な疾患があります。そのため、子どもの目の発達や病気は、親にとって大きな心配事です。

異変や不安を感じたら迷わず眼科へ

ここでは、様々な目の疾患を紹介しています。各疾患の症状例と同じような様子が見られる場合は、眼科を受診するようにしてください。